人気ブログランキング |

タグ:経済・経営 ( 43 ) タグの人気記事

小学館プレシャス3月号にて、ドイツのキャリアウーマンを取材しました。

e0166187_19034652.jpg

今回は、ドイツのプロハンドボールのCEOを紹介しました。
何がすごいかといいますと、女性で初めてのCEOだからです。
なんと34歳の時に抜擢された方です。
ちなみに取材時は36歳。

インタビューをしたのは、昨年末でした。
子供2人の母親として、ライフワークバランスについても聞きました。
離婚も経験しているこの女性、現在は仕事に理解のあるパートナーに恵まれ、
彼と、母親の協力を得ながら頑張っているとのことでした。

細かいプライベートなことは今回のテーマから外れてしまうので
あまり深入りせず、1時間ほどインタビュー。

彼女の言葉で印象に残っているのは、

「仕事をするということは、女性だから、男性だからというのは関係ない」

という一言でした。

言われてみれば、そうですね。
というか、仕事をするその環境が男女で違うため、
女性には壁が多いのかもしれないなと思いました。

まだ間に合うようでしたら、3月号是非一読ください。

そういえば、1月にハンドボールの世界選手権WMがありました。
ドイツハンドボールチームは4位となりました。
順調な滑り出しで、皆決勝戦へ向けて頑張っていたのに残念でした。
市民の盛り上がりも大変なものでした。

ちょうど女性CEOを取材した後だったので
普段はあまり関心のないWMにわくわくしながら
私も夢中になっていました。

折しも、取材したハンドボールクラブのコーチがデンマーク人で
その方は、もちろんデンマークチームのコーチとして活躍していました。
デンマークチーム、優勝しましたよね。やっぱり強いデンマーク!

その後、ドイツWMチームのキャプテンが、今回取材したハンドボールチームへ
移籍したのも何かの偶然でしょうか。

このプレシャスのLife is so presiou コーナーで
これまでインタビューをしたドイツ女性は、
キャリアを積んだ方ばかり。

日本ではとかく大企業におけるキャリアウーマンが
注目されているようですが、ドイツでは各業界で
女性が活躍しています。

一方で、ドイツの女性クオーター制(女性管理職)の占める割合は
かなり少ないです。

絵に描いた餅ではありませんが、家庭を持ちながらキャリアを積んでいくことは
難しそうで、理想と現実は違う…という論調もあた多々あります。

要するに、女性の社会進出は日本と状況はあまり変わらないようです。

このテーマについては、長年集めてきた資料があるので、
こちらも、いつか記事にしたいと思います。




by foodwatcher | 2019-02-24 19:26 | 仕事
しばらくほったらかしにしていたブログです。
2019年が明けて、もう1か月ほど立ちました。

はやいものですね。

毎年、1月から2月にかけて、集中的にコーディネートや同行通訳のお仕事を
色々とご依頼いただきます。

でもですね。
日本からの要望はいつも時間ギリギリで困ります。
礼儀としてメールに返答したところ、すでにこちらが受けると
勘違いされたり。。。。

今回、ご依頼のあった仕事のひとつ、あるコーディネートと通訳も
やはり時間がタイトでした。

2月に来独して取材、インタビューをしたいとのことですが、
根回しは当然1月になります。

1月初めは体調を崩したこともあり、
私もアップアップでした。
受けている仕事をこなしていくだけで精いっぱい。

そんな中での依頼でしたが、時間の余裕がないということは
私が受け持っている1月の仕事の合間を縫って協力するということになります。

報酬は明記されていましたが、少なくてすみませんと。
最初に少ないのですが…といわれると、こちらの要望もいいにくい。

勿論、めげずに、はい少ないです、私はコーディネート1時間。。。。ユーロ、
同行通訳は1日…ユーロと明記する場合もあります。

また、日本からのお仕事依頼では、報酬には税金が加算されることは、まず配慮されていません。

今回はタイミングが悪くてご協力できませんと断りました。
肝心の根回しの時期1月に時間がとれないからです。

昔は頑張りました。
土曜日も日曜日も夜も、そしてクリスマス聖夜にも日本から
要望メールや電話をかけてくる方々に付き合っていました。

一度受けた仕事でしたし、やはり最後まで責任をもって進めたいという思いから。
でも、その途中でドイツは週末、祝日ですので仕事はしませんと
説明しても、わかってもらえないこともあります。
そんないやな予感がした場合は、断ることにしています。

ほぼ、先方の都合で仕事が進んでいるからです。
当然、報酬を頂くのですから先方の要望を受けるのは当然ですが、
それにも限度があります。

かつては自分の勉強も含めて、声をかけていただいた仕事はほぼ100%
受けてました。毎回違う相手や場所のコーディネートや通訳なので
本当に楽しいのですが、最近は無理せずマイペースで進めています。

ところで、最近ドイツ人の残業時間についての記事を目にしました。
ドイツ人は仕事とプライベートをはっきり分けて、5時には帰宅する。。。。。
というような題名の本もあったような気がします。

実は、残業時間統計を見てびっくりしました。
細かい背景については、また記事にしたいと思います。

PCの前に座っている時間が長くならないよう気を付けているつもりですが、
最近は、なかなか頚椎症と肩の痛みの、そして偏頭痛によく悩まされています。

2週間に1度のマッサージ、そして週2回の水泳、週3回のスポーツジム通いも
まめにしているものの、痛みが襲ってくる間隔が短くなってきたような気がしています。

まだまだ寒い日が続きます。





小学館の女性月刊誌プレシャスにて、30代中頃から50代中頃を対象とした、キャリアウーマンインタビューの記事でドイツより素敵な女性を紹介しています。

紹介する人物はすべて社会進出をしてそれなりの地位を得た、そして各業界で活躍中のドイツ人女性です。

e0166187_18150128.jpg

この雑誌で最初に掲載されているこの記事は毎月世界の4か国から輝く女性が下記のタイトルで紹介されています。

Life is so presious! 仕事も人生ももっと楽しく! もっと美しく!


最近は他の女性雑誌でも盛んにキャリアウーマンがでオンラインなどで紹介されているようですが、この連載はすでに10年以上続く、ロングラン記事。

これまでの記事でお目にかかった女性は次の方たちです。

  • ドイツ自然保護連盟(NABU)バーデン・ヴュルテンベルク州事務局アドバイザーのサンドラさん(鉱物学博士)
  • シュトゥットガルト現代アート美術館の館長ウルリケさん(歴史美術博士)
  • ビジネスエンジェルとしてスタートアップ企業アドバイザー、そしてマンハイムで自身の起業したビジネスにと奔走するアンドレアさん
  • CDU(キリスト教民主同盟)ランランド・プファルツ州の州議員マリオンさん。担当は移民難民、学校教育と青少年問題など。2015年に難民が大量流入してからドイツは大きく変わりました。そんな状況の中でマリオンさんのお仕事の様子を伺いました。
  • ホステル経営のカルメンさん。ハイデルベルクで家庭的なサービスを提供するホステル「ロッテ」は、映画のオスカー賞ならぬ、ホステル賞で何度も賞ドイツで一位の栄誉を得ています。
  • 弁護士として活躍中のバーバラさんはハイデルベルクのターフェルで20年以上も経理担当のボランティア活動をされている方。4人の子供を持つ母親としても多忙な毎日を過ごしています。
  • バーデン・ヴュルテンベルク州のハイデルベルク城とマンハイム城管理最高責任者のウタさん。同州経済省文化保全機関に属し、管理や保存、イベント推奨を担当されています。
  • ハイデルベルク本通りの書店長カトリンさん。祖父が書店を創立した、175年の歴史を誇る老舗書店。全国に90も支店のある書店ですが、近年の通販による影響や生き残りについてもお話を伺いました。

などなど、素敵な女性とのインタビューは毎回アッという間に終わってしまいます。
いつもカメラマンと同行し、撮影30分、インタビュー30分で取材依頼をしますが、もっともっとお話しを聞きたい女性がたくさんいます。

毎回キャリアウーマンにお目にかかり、その人となりの人生や仕事感をうかがうのが楽しみで待ちきれません。





by foodwatcher | 2018-07-29 18:24 | 仕事

ドイツで電子書籍の価格拘束法が昨年9月より導入されました。
その背景と、ドイツ書籍業界に関する記事を
日本新聞協会報に寄稿しました。

今年のフランクフルト書籍見本市、ゲスト国はフランス。
開催期間は10月11日から15日。

オープニングのプレス会議でどんな報告がされるのか
今から楽しみです。
by foodwatcher | 2017-03-04 15:56 | 仕事

ドイツの自動車業界が大変なことになっています。
一昨日の爆弾ニュースにドイツ人もびっくりしている。

それは9月20日に、米国の排ガス規制検査で不正を行っていたことを
フォルクスワーゲン社が認めたからだ。

同社の2009年から2015年に生産されたディーゼル車の
検査で、不正を働いたと米環境保護庁が指摘した。

このニュースを聞いて、きっとドイツ自動車業界に
多大な影響を及ぼすと思った。

案の定、昨日のVW優先株は20%のマイナス。
それだけでなく、BMWやベンツ株もとばっちりを受け、株価は下降している。

なぜ、VWのような大手企業がこんな不正を堂々と行っていたのか不思議。

VWのCEOマルティン・ウィンターコルンCEOは辞任をしないと言い張っている。
後任者はポルシェのあの方らしいという噂も立っているようだ。

ドイツ人の多くは米国責任者と共にヴィンターコルン氏も辞任すべきという声が多い。

VWのニュースがあった日、早速スイス・バーゼル在の義姉から電話があり、
話題はこのニュースで持ちきり。

こんな時、ふと思う。ニュースを見て親族ですぐ電話しあい、議論するとは
いかにもドイツ人らしいと。 そうだ、彼女はすでにスイス人なのですが・・・・

昔はそんな議論をすることさえもできない語学力でおろおろしたものだ。
今も、ドイツ語は決してバーフェクトではないが、それでも話し合うということは
やはり自分の意見を持っていないと続かない。

義姉も我が家もVWの株を有しているわけではないのに、
久しぶりに電話で熱くなってしまった。
by foodwatcher | 2015-09-23 18:32 | 生活情報袋
先日書きました記事について。

ドイツ最低賃金法導入で得をした人、損をした人

2015年1月より最低賃金1時間8.50ユーロ(約1200円)がドイツ国内全労働者と全産業で導入された。貧富の差を改善すべく開始された最低賃金法だが、ここに来て数々の問題が浮上している。
得をした人・370万人
損をした人・約24万人
損をした人その2・雇用者の抱える問題、そしてしわ寄せは消費者にも

こちらでコメントをいただいたように、損をした人の多くは飲食業そして
個人農家が大きな直撃を受けているようです。

そもそも最低賃金の導入は、1時間3ユーロとか4ユーロなどという
信じられない賃金で仕事をしている方たちにもっと良い待遇をという大きな目的があった。

しかし、そんな人たちの多い東部ドイツで、失職者が増えているという皮肉な結果となった。

最低賃金導入においては、ガブリエル経済・エネルギー相が「個人消費を後押しする」と
予想していたのに対し、Ifo経済研究所や金融業界専門家は「パートタイムの職が失われる」と
懸念し、冷ややかな態度だった。

相変わらず、最低賃金導入により職を失った人たちの現状がメディアで話題となっている。

Yahoo記事には入れなかったが、巡回サーカス一団も深刻な状況のようだ。
農家と同じく、サーカスも家族や兄弟、親戚一同が時間の許す限り助け合い、
経営が成り立っていることが多い。

それが親族一同にも1時間8.5ユーロを支払わねばならない事から経営難に陥り、
サーカス巡業ができなくなったり、動物のえさを入手することさえ困難になったりしているそうだ。 

今後、さらなる問題が続出するような気がする。貧困解消の効果はいかに?というところだろうか。
by foodwatcher | 2015-06-19 19:30 | 仕事

記事公開になりました。

世界のトップミュージシャンを魅了する
「ドイツのストラディヴァリウス」


e0166187_1530137.jpg


我が家においでいただいた時のイェンス・リッター氏です。
まずはシャンペンでお出迎え!

時間がないというリッター氏に、それなら食事を一緒にしませんかと誘い、
夕食を共にしました。

食事の用意をしながら取材をしたため、私は一体何を食べたのか
あんまり覚えていません・・・・日本食だったことは間違いありませんけど。

後記

この記事を入稿する前に、リッター氏へ最終確認のため電話を入れました。
私自身が充分把握していなかった点をいくつか訪ねたかったからです。

1時間後に商談で出かけるという、あわただしい中で色々お話を伺った。
最後にリッター氏曰く、

「これからスイスへ行ってきます。米歌手ビヨンセに会ってきます」

ビヨンセってあの歌姫ですよね・・・・

リッター氏にはじめてお目にかかったのは、5年前のこと。
ANA機内放送用の番組制作のお手伝いをした時に
スタッフにリッター氏を紹介した時のことです。

あれ以来、リッター氏は、着実にビジネスを拡大されているようで
頼もしい限りです。
by foodwatcher | 2013-05-30 15:34 | 仕事
昨日は、またまた株主総会に行ってきました。
今度は企業ソフトで世界に飛躍したSAP。

e0166187_16382043.jpg



今年、創立40周年というまだ歴史の浅い同社ですが、
とにかくマンハイムのSAPアレナへ出向きました。
このアレナは、コンサートやイベントでよく使われている場所です。

そういえば、以前、コールドプレイのコンサートがこのアレナで開催されたとき、
娘に一緒に行こうよ!と言ったのですが、やっぱり断られました。。。。

大学生の娘が母親と一緒にコンサートというのは無理みたいです。
まあ、一緒に行こうと聞く私も私なんですが・・・

クラシック音楽のコンサートだったら、彼女も一緒にいったかもですね。
彼女は、友人と一緒にコールドプレイコンサートへ行き、感激したようです。
その後、娘は、私の誕生日にコールドプレイのCDをプレゼントしてくれた(笑)。

さて、そんな訳でこの会場には一度も足を踏み入れたことがない私は、
興味深々で、会場内へ。

いつも私が楽しみにしているのは、ドイツ人がどのような議論を展開するか・・・です。
いい意味でも悪い意味でも?ドイツ人は若い頃から自分の立場を主張する議論訓練を
日常生活で積んでいるのです。

私のように、奥ゆかしい日本人??にとって、
ちょっとやそっとではこの議論手法を身につけることは至難の技です。

経営陣は、日々のビジネスで会話や議論に慣れていて、アシスタントが
資料を用意することもあるのでしょうが、こちらも参考になることが一杯です。

特に、株主からの質疑には、ドイツ人特有の話の進め方があるので、
聞くのが楽しみ・・・・もう病み付きになりそうです。

私もあんなふうに冷静に話しを進めていくことが出来れば・・・
そして痛いところをついた質問にも決して憤ったりせず、
ジョークで受け答えする様を見るたびに、まだまだ勉強が
必要と思うばかりです。


総会とは全く関係ありませんが、
昼食は、BASFよりSAPのほうが内容豊富で美味しかった!
by foodwatcher | 2012-05-24 17:10 | 生活情報袋
2週間にわたり開催されていた印刷メディア見本市Drupaが先週閉幕しました。
私は、通訳のお仕事をいただき、またデュッセルドルフへ出向きました。

なんだか最近デュッセルドルフに縁があって、
今年に入って、仕事で3度目の訪問です。

フランクフルト書籍見本市でも同様ですが、Drupaは会場内で新ビジネス契約が
成立する場所として、世界中の印刷メディア関係者の集まる大イベントです。

見本市事務所によると、入場者は31万5千人ほど、
そのうち海外130カ国からの入場者は、およそ19万人とのこと。

さて、4年に一回開催されるこの印刷メディア見本市Drupa会場内で、
圧巻だったのは、やはりheidelberg Print!

e0166187_16372682.jpg


同社は、一ホールを貸切り、いつも人だかりで大変混雑していた。
最終統計によると、ハイデルベルク社は、この見本市で2000件の契約
が成立したそうだ。

同社CEO Bernhard Schreier氏によれば、
「この見本市での契約件数は、年間契約件数のおよそ50%を占める」と
報告しています。

ハイデルベルク社もユーロ圏債務危機の影響を受け、かなり打撃をうけたそうだが、
今年に入って、徐々に右肩上がりの成果を得ているとのことでした。

場内にあるインビス(たち食いスタンド)で、前回 シュピールベルク氏
インタビューへ出向いた時に立ち寄ったあのシューマッハービールを
口にすることが出来、とてもうれしい仕事収めとなりました。
by foodwatcher | 2012-05-22 17:21 | 仕事
このところ、仕事で外出しっぱなしでした。

4月に話はさかのぼりますが、ある株主総会に足を運んでみました。
これまで、毎年通知はあったものの、個人的に時間が取れなかったことや、
参加者があまりにも多いと聞いていたので、しり込みしてました。

でも、やはり一度は参加して雰囲気を掴んでおくべきと、
今年は早めに申しこみをして、イザ出発。

e0166187_16425051.jpg


会場マンハイム・ローゼンガーテンの入り口で、やはり人だかりが。
やっぱり、ジャーナリスト登録しておけばよかった・・・
プレス関係者入り口は対応も違うし、会場内の席も別に用意されているため、
快適なのです!と思っても後の祭り、おとなしく並んで入場。

会場内は、写真撮影が禁止されていたので、場内の様子を紹介できませんが、
何しろ6000人以上の株主が集合していたので、総会が始まっても騒然としていました。

参加者は、やはり退職者や年配の株主の方々がほとんど。
開催時間が平日でしたので、当然といえば当然ですね。

私が一番興味を持ったのは、株主と経営陣間の質疑応答でした。
テーマは、環境問題が多かったように思います。

何分、日本の株主総会に参加したことはないので、比較はできませんが、
延々と続く、株主からの質疑応答は、長時間にわたり、ひな壇に座っている
経営陣の辛抱強さとその集中力には感服です!

また、昼食には隣接ホテルからのケータリングで、パスタやソーセージ、
パンにポテト類が提供されました。

ケーキとコーヒーも食べ放題、のみ放題で、
総会そっちのけで食事に夢中になっていた人も・・・・・

私は他の予定が入っていたので、5時間ほど参加した後、会場をでましたが、
やはり自分の目で見て、経験することの大切さを改めて感じた一日でした。
by foodwatcher | 2012-05-20 17:06