小学館プレシャス3月号にて、ドイツのキャリアウーマンを取材しました。

e0166187_19034652.jpg

今回は、ドイツのプロハンドボールのCEOを紹介しました。
何がすごいかといいますと、女性で初めてのCEOだからです。
なんと34歳の時に抜擢された方です。
ちなみに取材時は36歳。

インタビューをしたのは、昨年末でした。
子供2人の母親として、ライフワークバランスについても聞きました。
離婚も経験しているこの女性、現在は仕事に理解のあるパートナーに恵まれ、
彼と、母親の協力を得ながら頑張っているとのことでした。

細かいプライベートなことは今回のテーマから外れてしまうので
あまり深入りせず、1時間ほどインタビュー。

彼女の言葉で印象に残っているのは、

「仕事をするということは、女性だから、男性だからというのは関係ない」

という一言でした。

言われてみれば、そうですね。
というか、仕事をするその環境が男女で違うため、
女性には壁が多いのかもしれないなと思いました。

まだ間に合うようでしたら、3月号是非一読ください。

そういえば、1月にハンドボールの世界選手権WMがありました。
ドイツハンドボールチームは4位となりました。
順調な滑り出しで、皆決勝戦へ向けて頑張っていたのに残念でした。
市民の盛り上がりも大変なものでした。

ちょうど女性CEOを取材した後だったので
普段はあまり関心のないWMにわくわくしながら
私も夢中になっていました。

折しも、取材したハンドボールクラブのコーチがデンマーク人で
その方は、もちろんデンマークチームのコーチとして活躍していました。
デンマークチーム、優勝しましたよね。やっぱり強いデンマーク!

その後、ドイツWMチームのキャプテンが、今回取材したハンドボールチームへ
移籍したのも何かの偶然でしょうか。

このプレシャスのLife is so presiou コーナーで
これまでインタビューをしたドイツ女性は、
キャリアを積んだ方ばかり。

日本ではとかく大企業におけるキャリアウーマンが
注目されているようですが、ドイツでは各業界で
女性が活躍しています。

一方で、ドイツの女性クオーター制(女性管理職)の占める割合は
かなり少ないです。

絵に描いた餅ではありませんが、家庭を持ちながらキャリアを積んでいくことは
難しそうで、理想と現実は違う…という論調もあた多々あります。

要するに、女性の社会進出は日本と状況はあまり変わらないようです。

このテーマについては、長年集めてきた資料があるので、
こちらも、いつか記事にしたいと思います。




# by foodwatcher | 2019-02-24 19:26 | 仕事
しばらくほったらかしにしていたブログです。
2019年が明けて、もう1か月ほど立ちました。

はやいものですね。

毎年、1月から2月にかけて、集中的にコーディネートや同行通訳のお仕事を
色々とご依頼いただきます。

でもですね。
日本からの要望はいつも時間ギリギリで困ります。
礼儀としてメールに返答したところ、すでにこちらが受けると
勘違いされたり。。。。

今回、ご依頼のあった仕事のひとつ、あるコーディネートと通訳も
やはり時間がタイトでした。

2月に来独して取材、インタビューをしたいとのことですが、
根回しは当然1月になります。

1月初めは体調を崩したこともあり、
私もアップアップでした。
受けている仕事をこなしていくだけで精いっぱい。

そんな中での依頼でしたが、時間の余裕がないということは
私が受け持っている1月の仕事の合間を縫って協力するということになります。

報酬は明記されていましたが、少なくてすみませんと。
最初に少ないのですが…といわれると、こちらの要望もいいにくい。

勿論、めげずに、はい少ないです、私はコーディネート1時間。。。。ユーロ、
同行通訳は1日…ユーロと明記する場合もあります。

また、日本からのお仕事依頼では、報酬には税金が加算されることは、まず配慮されていません。

今回はタイミングが悪くてご協力できませんと断りました。
肝心の根回しの時期1月に時間がとれないからです。

昔は頑張りました。
土曜日も日曜日も夜も、そしてクリスマス聖夜にも日本から
要望メールや電話をかけてくる方々に付き合っていました。

一度受けた仕事でしたし、やはり最後まで責任をもって進めたいという思いから。
でも、その途中でドイツは週末、祝日ですので仕事はしませんと
説明しても、わかってもらえないこともあります。
そんないやな予感がした場合は、断ることにしています。

ほぼ、先方の都合で仕事が進んでいるからです。
当然、報酬を頂くのですから先方の要望を受けるのは当然ですが、
それにも限度があります。

かつては自分の勉強も含めて、声をかけていただいた仕事はほぼ100%
受けてました。毎回違う相手や場所のコーディネートや通訳なので
本当に楽しいのですが、最近は無理せずマイペースで進めています。

ところで、最近ドイツ人の残業時間についての記事を目にしました。
ドイツ人は仕事とプライベートをはっきり分けて、5時には帰宅する。。。。。
というような題名の本もあったような気がします。

実は、残業時間統計を見てびっくりしました。
細かい背景については、また記事にしたいと思います。

PCの前に座っている時間が長くならないよう気を付けているつもりですが、
最近は、なかなか頚椎症と肩の痛みの、そして偏頭痛によく悩まされています。

2週間に1度のマッサージ、そして週2回の水泳、週3回のスポーツジム通いも
まめにしているものの、痛みが襲ってくる間隔が短くなってきたような気がしています。

まだまだ寒い日が続きます。





ただいま、ホームページを新規に作りたいと思っています。
現在のHPは専門家に作成してもらったのですが、手順が複雑。更新もついついおっくうで遠ざかっていました。

しかし、過去にどんな仕事をしてきたのか、私自身の記録にもなります。一念発起、自力でぼちぼち作成中です。このサイトが少し使いこなせるようになったら、有料にして情報もさらに公開していきたいと思っています。

これまでなかなか更新できなかったブログですが、新HPが完成するまでの間は過去の執筆やコーディネートで紹介できなかった出来事,オンラインや記事の掲載が終了となったものなどをつづっていきたいと思います。



# by foodwatcher | 2019-01-29 18:25 | お知らせ/news

ご縁がありまして、これから以下のサイトで執筆していきます。
テーマは旅と食。でも単なるガイドブックに載っている街の紹介ではなく
少し踏み込んだ記事です。

初回はドイツのブレッツェルについて書きました。 
画像も頑張って他では見られないものを撮影しました。

古都シュパイヤー夏の風物詩パン王国ドイツの「プレッツェル」を祝うフェスト




# by foodwatcher | 2018-09-03 15:52 | 仕事
Yahoo Japan News 個人に寄稿しました記事が7月のMVAに選出されました。

あの悲劇を忘れないために 写真で伝える史実 ホロコースト生存者を撮り続けるカメラマンが話題に

突然の連絡に驚きました。うれしい限りです。



# by foodwatcher | 2018-08-21 03:55 | お知らせ/news
過去記事

2016年7月26日に共同通信47ニュースで公開された記事です。
このコーナーの記事は、公開から1年ほど過ぎると掲載が終了されるようです。

最近、ドイツを代表する週刊誌フォーカスが「ドイツで女性が一番住みやすい街はドレスデン」だと伝えた(528日号)。この調査は、2010年から15 年まで不定期的に実施し、全国77の街を対象に「キャリアチャンス、所得、女性が被害者となった犯罪率、余暇充実度」などの実態をまとめたもの。なかでも「職場における男女平等」に重点を置いたという。東西ドイツの経済や生活の格差がいまだ比較され、西側が常に優位と思いきや、ドイツ生活が20年以上に及 ぶ筆者も意外に感じる調査結果だった。

 ▽ふたつの顔

 ドレスデンはドイツの東の端に位置し、チェコ共和国との国境がすぐ近くだ。人口50万人以上を抱えるザクセン州の州都で、芸術とバロック建築の宝庫として知られる。

 近頃は、欧州のイスラム化に反対する愛国主義者(ペギーダ)による反難民デモが大々的に報道されて、ネガティブな印象を持つ人も多いかもしれない。

 それとは対照的に、女性が最も住みやすいと評価されたこの街のポジティブな側面はどんな点だろう。

 ▽懐の深さ

 「確かに、デモの影響で観光客数が一時的に減少したのは事実。しかし、ドレスデンの懐の深さや素晴らしさを日々感じている」と語るのは、この街を代表するキャリアウーマンの1人、同市観光局の局長ベティナ・ブンガさんだ。

 「今までずっと旧西独の大企業で働いていた。6年前からこの街に住むようになって気が付いた点は、管理職の女性をすんなり受け入れてくれる土壌が 整っていること。女性の高い就業率は、旧東独時代に男女とも仕事に就くのが当たり前だったから。東西統一から26年たった今も、この慣習は根付いていると 思う」と同局長(フォーカス誌)。

 ▽女性が多方面で活躍

 管理職のキャリアウーマンは、ドレスデンでは珍しくない。警察報道官や、今年女性初の館長が就任した国際アートコレクション美術館など、有能な女性が多方面で活躍している。

 仕事に就きやすく、キャリアチャンスが大きいことは、勤労者総数の半分を女性が占め、男女の賃金格差が少ない(男性100に対し女性は92。全国 平均は女性88)というデータが証明している。ドレスデンがトップになったのは、保育所の充実、女性専用駐車場の完備など、ライフワークバランスが最もと れた街だったからだ。

 ちなみにランキングには、観光局長ブンガさんの言葉を裏付けるように「イエナ、ライプツィヒ、ケムニック、ベルリン」と、ほかの東側の街がトップ10に選出された。

 ▽男女同権を推進

 ドレスデン男女平等委員会代表スタニスラフ・ケメナー女史は「職場環境が充実していると満足する女性の声を聞くのはうれしい限り。しかし、この街の女性管理職はまだまだ少ない」と、さらなる活動意欲をアピールする。

 男女平等委員会は、ドイツの憲法に当たる基本法に定められた「男女同権」に基づいて全国に設置されており、州別または自治体独自のさまざまな取り組みを行っている。

 ドイツ人は、仕事とプライベートのオン・オフを区別し、生活を満喫するのがうまい。これには、男女とも企業に合わせる働き方をするのではなく、個人に合わせる働き方のできる職場環境がポイントとなる。さて、日本はどうだろう。(ドイツ在住ジャーナリスト、シュピッツナーゲル典子=共同通信特約)

文中のドレスデン観光局長べティナさんは、現在キール観光局長です。今年5月に会う機会があり、お話したのですが、相変わらず笑顔の絶えない素敵な女性でした。



# by foodwatcher | 2018-08-20 03:49 | 過去記事
小学館の女性月刊誌プレシャスにて、30代中頃から50代中頃を対象とした、キャリアウーマンインタビューの記事でドイツより素敵な女性を紹介しています。

紹介する人物はすべて社会進出をしてそれなりの地位を得た、そして各業界で活躍中のドイツ人女性です。

e0166187_18150128.jpg

この雑誌で最初に掲載されているこの記事は毎月世界の4か国から輝く女性が下記のタイトルで紹介されています。

Life is so presious! 仕事も人生ももっと楽しく! もっと美しく!


最近は他の女性雑誌でも盛んにキャリアウーマンがでオンラインなどで紹介されているようですが、この連載はすでに10年以上続く、ロングラン記事。

これまでの記事でお目にかかった女性は次の方たちです。

  • ドイツ自然保護連盟(NABU)バーデン・ヴュルテンベルク州事務局アドバイザーのサンドラさん(鉱物学博士)
  • シュトゥットガルト現代アート美術館の館長ウルリケさん(歴史美術博士)
  • ビジネスエンジェルとしてスタートアップ企業アドバイザー、そしてマンハイムで自身の起業したビジネスにと奔走するアンドレアさん
  • CDU(キリスト教民主同盟)ランランド・プファルツ州の州議員マリオンさん。担当は移民難民、学校教育と青少年問題など。2015年に難民が大量流入してからドイツは大きく変わりました。そんな状況の中でマリオンさんのお仕事の様子を伺いました。
  • ホステル経営のカルメンさん。ハイデルベルクで家庭的なサービスを提供するホステル「ロッテ」は、映画のオスカー賞ならぬ、ホステル賞で何度も賞ドイツで一位の栄誉を得ています。
  • 弁護士として活躍中のバーバラさんはハイデルベルクのターフェルで20年以上も経理担当のボランティア活動をされている方。4人の子供を持つ母親としても多忙な毎日を過ごしています。
  • バーデン・ヴュルテンベルク州のハイデルベルク城とマンハイム城管理最高責任者のウタさん。同州経済省文化保全機関に属し、管理や保存、イベント推奨を担当されています。
  • ハイデルベルク本通りの書店長カトリンさん。祖父が書店を創立した、175年の歴史を誇る老舗書店。全国に90も支店のある書店ですが、近年の通販による影響や生き残りについてもお話を伺いました。

などなど、素敵な女性とのインタビューは毎回アッという間に終わってしまいます。
いつもカメラマンと同行し、撮影30分、インタビュー30分で取材依頼をしますが、もっともっとお話しを聞きたい女性がたくさんいます。

毎回キャリアウーマンにお目にかかり、その人となりの人生や仕事感をうかがうのが楽しみで待ちきれません。





# by foodwatcher | 2018-07-29 18:24 | 仕事

ドイツで電子書籍の価格拘束法が昨年9月より導入されました。
その背景と、ドイツ書籍業界に関する記事を
日本新聞協会報に寄稿しました。

今年のフランクフルト書籍見本市、ゲスト国はフランス。
開催期間は10月11日から15日。

オープニングのプレス会議でどんな報告がされるのか
今から楽しみです。
# by foodwatcher | 2017-03-04 15:56 | 仕事