先日新聞に載っていた面白い記事を紹介します。

「世界で一番高価なソーセージ」と、オリジナルブラートヴルストソーセージを自慢するのは
ヘッセン州でお肉やを経営する食肉マイスターデユーク・ルードヴィッヒさん。

日本では神戸牛を用いたソーセージやハンバークは改めて紹介するまでもない一品だが、
海外で神戸牛と聞くと超一流品で高価なことからその話題性も大きいです。

部位により異なりますが、1キロ300から500ユーロするといわれる神戸牛は、
一般庶民の口に入ることがめったにないエキゾチックな食材です。
神戸牛という名前を知らないドイツ人もたくさんいるのでしょう。

さて、ルードヴィッヒさんの話しに戻りましょう。

通常ブラートヴルストは仔牛肉、豚肉、牛肉が主材料ですが、
ルードヴィッヒさんのオリジナルソーセージは神戸牛を100%使って作ったもの。
価格は1本(40グラムほど)で30ユーロから35ユーロといい、
いまドイツで大きな話題を集めてます。

40グラムというと、小ぶりのニュルンベルクソーセージ1本を想像していただければいいでしょうか。

神戸牛を使ってソーセージを作って欲しいというミッションは、ある高級レストランからの依頼だったそうです。

「何度も断りました。業界仲間や家族にそんなの作れるはずがない、まずいに決まっている」などといわれて、尻ごみしていたそうだ。

それでも熱心な依頼に根負けして依頼を受けることにした。

6キロの神戸牛とチーフチェフのレシピーがルードヴィッヒさんの元に届いた。
そのうち3キロをチーフシェフのレシピーを用いて、
残りの3キロを自身のレシピーでソーセージを作ってみたそうです。

「完成品をロンドンのレストランシェフに送る前に、私と妻が試食したところ、とってもまずかった!
結局、ルードヴィッヒさんのオリジナルレシピーで作ったソーセージに軍配が上がりました」と、
ルードヴィッヒさんは笑いながら語りました。

その後、レストランからのゴーサインがでて、世界一高いソーセージの出来上がりです。
通常ブラートヴルストは仔牛肉、豚肉、牛肉が主材料だが、ルードヴィッヒさんのオリジナルソーセージは神戸牛を100%使って作ったもの。
こうして、私のレシピーを用いた神戸牛ソーセージが出来上がったのです。

ソーセージに使う香料は秘密ですが、塩、コショウ、そして依頼主から届いた甘藷糖
(サトウキビの茎部部を搾った汁から作った砂糖)が主だそう。

ただし普通のソーセージと違う点は、極力香料を少なくしたこと。
それにより、神戸牛の旨みを充分引き出し、その味を堪能してもらいたいからという事です。

そして、一般ソーセージはケチャップや洋からしと共に食しますが、
この神戸牛ソーセージは、キッチンシェフの考案したソースと共に食するそうです。

依頼主の高級レストランはチェーン店を持ち、現在神戸牛ソーセージはロンドン、ニューヨーク、
そしてラスベガスで食することができるようです。

完成した神戸牛ソーセージは冷凍にして搬送しているとのこと。

「普通は新鮮なうちにグリルやフライパンで焼いて食するのがベスト。
だが、神戸牛ソーセージは、距離的な問題もあり冷凍にしているのです。
冷凍であっても、味には全く影響なく、美味しいです」と、ルードヴィッヒさん。

「ドイツデソーセージといえば、ファーストフード的なイメージ。

カレーヴルスト(焼きソーセージにケチャップとカレー粉をまぶしたシンプルなソーセージ)、
地方色豊かなテューリンガーソーセージ、フランクフルター、ニュルンベルガー、
午前中に食するミュンヘンの白ソーセージなど立ち食い屋台やレストラン、ビアホールと
大衆が口に出来る一品です。

神戸牛ソーセージは、神戸牛を使ったメニューの前菜として提供されているとのことです。

例えばロンドンのレストランでは、神戸牛メニューは1000ポンドと聞いています。(10月13日現在1ポンド184円、18万4千円)


ルードヴィッヒさんの経営する店頭での販売はしていない。

「受託商品だからです。神戸牛はロンドンから搬送されてきたものを加工してソーセージを作ります。
そのため、店頭販売やオンラインで顧客に提供出来ないのです」

「他のソーセージと異なり、大量生産品でもありません。仮に店で提供したとしても、
高価なため売れ残りも出てしまうに違いありませんし、そうなったらせっかくの神戸牛が勿体ない。
高級レストランから発注があると、神戸牛が送られてきます。その後、ソーセージをつくり始めます」
という、ルードヴィッヒさんです。
[PR]
by foodwatcher | 2015-10-14 19:52 | 食の話

もう2週間ほど前になるだろうか。

アウトバーンで車が故障してしまい、大惨事に至る直前という
アクシデントに遭遇しました。

結果として、怪我もなく、他の車にも迷惑かけることなく
収まったので、本当に不幸中の幸いだった。

ことの始まりは、フライブルクにいる息子を訪問した後、
自宅に戻るときだった。

息子はこの4月、引越しのために少し大きな車が必要という事で
我が家の大型車を利用、彼の車は我が家で引き取っていました。

その大型車をピックアップしに、そして彼の車を戻すために
フライブルクへ日帰りするところに起きたハプニングでした。

帰路、フライブルクからアウトバーンで40キロ走った頃、
突然、パーンという大きな音がして、びっくり。

周囲を見回したのだけど、事故らしきものは見当たらない。

どうも様子がおかしいと思い、車を左車線にゆっくり移動し、
その後、近くにあったサービスエリアにのろのろ運転で
入りました。

車を降りてみると、右側の前輪がパンクしているではありませんか!

車道にあった釘とか何か尖がっている物の上を誤って
走ってしまったためか・・・・と色々想像しましたが、
とにかく、何事もなくて、命拾い。

パンクしたのを目にして、ゾッとしてしまいました。
他の車を巻き込んで衝突したり、けが人が出たり・・・・など
悪い想像ばかりしてしまい、この時の幸運には感謝しました。

夫は冷静を装っていたように見えたものの、
内心かなり動揺していた模様。そりゃ、当然といえば当然です。

私は、何事もなかった!お金ですべて解決することができる!ということだけが
頭をよぎり、自分でも不思議なくらい冷静でした。
冷静を装うことができたといったほうが正しいかと思います。

思わず本当によかったねと、夫とハグしてしまいましたが。

そして、そこからどう対応するかがこれまた大変。
停車したサービスエリアは、ガソリンスタンドがあるだけの
簡易施設だったため、従業員も1人だけで、助けてもらうことはできなかった。

運悪く、日曜日で、最寄の自動車工場もすべてしまっていた。
(日本のJAFに当たる)ADACは、つい最近、脱会してしまった。
長年、会費をせっせと支払うだけで、一度もお世話にならなかったから。

いや、お世話になりたいときに会員でなくなっていたというのは
何とも不運でした。

ガソリンスタンドの男性は、

「パンクだったら、トラックの運転手がたくさんいるから
彼らに手伝ってもらって交換したら」と、アドバイスしてくれた。

この日は日曜日だったので、大型車のアウトバーン走行は不可。
そのため、駐車場にはトラックの運転手がたくさんいたのです。

夫が助けを求めに大型車専用の駐車場へ出向いたけれど、
助けてくれそうな人に出会えなかった。寝ていてドアを
開けてくれないか、少し離れたアウトホーフで食事をしていた
ようです。

長距離を走る運転手の休憩時間を邪魔するのは申し分けないという夫。

その間、私は近くに駐車していたトラックの運転手さんに
目をつけていました。思い切って話しかけてみました。

とても気さくなそのイタリア人男性はすぐタイヤ交換の準備を始めてくれました。

そこで、どうやら原因はパンクだけでなく、テクニカルな面でも
故障があることが判明し、結局彼の手には負えないことになったのです。

最終的に、車の本社ミュンヘンのサービスセンターへ電話を入れて
レッカー車を手配してもらい、夜中の11時過ぎにまたフライブルクへ
舞い戻りました。

息子も気が気でなかったようです。
レッカー車に車を乗せて、そして私たちもフライブルクの街中にあるアウトハウスへ。
我が家の車が簡単に修理できることを祈って!

フライブルクへ戻ってきてからは、息子が迎えに来てくれるのを
待ち、息子の自宅へは夜中の12時頃戻るという長い長い一日でした。

翌日、修理にかなり費用がかかると判明。
しかも5月にフライブルクを襲った悪天候でゴルフボール並みの
大きなヒョウがふり、我が家の大型車もかなりでこぼこ。

パンクは仕方がないにしても、今年1月に車検を済ませ、問題なかったのに
なぜ、今回テクニカルで問題が発生したのか、1月にはわからなかったのか・・・
と、色々聞いても無駄。

保険会社にも多額の保険料を支払っているのに非協力的。

この車を修理するのは諦めて、車を買い替えることにしました。

このハプニングがあって以来、普段の些細なことに改めて感謝し、
無事に過ごせることの幸せを噛み締めています。

アウトバーンで事故を目にするたびに、自分達が巻き込まれなくて
良かったね、渋滞は我慢できるもの・・・といっていたのですが、
突然の出来事に遭遇し、事故は予期せずやってくると思い知らされ、
毎日を楽しく過ごそうと思うこの頃です。

いつもはアウトバーンで渋滞が続くとイライラしがちですが
この時ばかりは幸運の神が守ってくれました。

1.当日は、渋滞で車がなかなか前に進まなかった幸運、
(夫は200キロでも平気な人。運転はかなり安全で上手)

2.大型車だったので、故障したとはいえ、大事に至らなかった幸運、

3.パンク、そしてテクニカルダメージが後輪でなかった幸運
(後輪に支障が生じていたら、本当大変なことになっていたようです)

4.息子が近くにいたため、夜中に近くのホテルを探さずに済んだ幸運

5.そして何より、皆無事だったことの幸運

ありがとう!
[PR]
オバマ大統領の晩餐会で供されたワインを聞きつけ、
早速取材しました。

Yahoo 個人ニュース・記事公開です。

オバマ米大統領訪独の晩餐会で注目されたプファルツ産ワイン「KAITUI」


今回は残念ながらマルクスさんに会うことはできませんでしたが、
2週間後にもう一度取材に出向く予定です。

ワイン試飲後、あれもこれもと欲張ってシュナイダーワインを買ってしまった!
美味しさにつられて、車のトランクも一杯になりました。

次回訪問した時に、果たしてこのワインKaitui2012の入手が出来るかどうかは
不明のため、1ダース買いました。

その他にも、リースリング、ロゼなどなどを購入。家で飲むのが楽しみです!

シュナイダーワイン・・・・爆発的な人気の予感がします。
[PR]
by foodwatcher | 2013-06-25 20:05 | 食の話

記事公開になりました。

世界のトップミュージシャンを魅了する
「ドイツのストラディヴァリウス」


e0166187_1530137.jpg


我が家においでいただいた時のイェンス・リッター氏です。
まずはシャンペンでお出迎え!

時間がないというリッター氏に、それなら食事を一緒にしませんかと誘い、
夕食を共にしました。

食事の用意をしながら取材をしたため、私は一体何を食べたのか
あんまり覚えていません・・・・日本食だったことは間違いありませんけど。

後記

この記事を入稿する前に、リッター氏へ最終確認のため電話を入れました。
私自身が充分把握していなかった点をいくつか訪ねたかったからです。

1時間後に商談で出かけるという、あわただしい中で色々お話を伺った。
最後にリッター氏曰く、

「これからスイスへ行ってきます。米歌手ビヨンセに会ってきます」

ビヨンセってあの歌姫ですよね・・・・

リッター氏にはじめてお目にかかったのは、5年前のこと。
ANA機内放送用の番組制作のお手伝いをした時に
スタッフにリッター氏を紹介した時のことです。

あれ以来、リッター氏は、着実にビジネスを拡大されているようで
頼もしい限りです。
[PR]
by foodwatcher | 2013-05-30 15:34 | 仕事
「日本語を少し教えてください・・・・」

という電話が先日、突然入りました。

誰かと思ったら、以前取材で訪問したベース職人の
リター氏からでした。

彼は、今音楽界でとても注目されているドイツのベース職人なのです。

彼に取材してからしばらくたつが、その後益々注文が多くて、
なんと米国でオフィスを開き、担当スタッフを雇うことになったとか。
忙しくて、休みも取れない状態だそうです。


お会いしてじっくりお話をしたい人の一人だ。
[PR]
by foodwatcher | 2012-07-24 17:27 | 生活情報袋
レーゲンスブルクは、ドナウ川沿いにある古都。日本で言えば京都に当たるだろうか。

ここの歴史は古くてローマ時代から重要な役割を果たしてきた街だ。
世界遺産に登録された旧市街、大聖堂、ドイツ最古のソーセージ屋さん、
ドイツ最古のコーヒー店、ドイツ最古の帽子屋さんなどなど、とにかく歴史が長い街だ。

ここでのハイライトは、13世紀から14世紀に建てられたゴシック建築の大聖堂内でのレーゲンスブルク少年合唱団コーラスの様子を撮影できたことだ。日本のTV撮影クルー訪問は合唱団マネージャーによれば、今までなかったとか。

e0166187_6563218.jpg


日曜日10時から始まるミサで歌う合唱団の歌声を聴きながら、特等席で撮影をした。あわただしい取材の合間に少し座ることが出来たこと、そして歌声に酔いながら心を休めることが出来た貴重な時間だった。

参考までに、レーゲンスブルク少年合唱団の歴史は、ウィーン少年合唱団よりも古いということでした。

e0166187_73885.jpg


コーディネーターとしては、最難関だった大聖堂内で、しかもミサの間に、そして合唱団を撮影という多岐にわたる撮影許可すべてを手にした瞬間は、苦労が報われたようでとてもうれしかった。

ちょうどクリスマスシーズンで、個人経営のお店は、超多忙。
そんな中でも、皆さんとても協力してくださいました。

ドイツ最古の帽子屋さん。HutKönig
右側のアンドレア・ヌスラン氏は、ドイツでただ一人と言う男性用と女性用の両方のマイスターである。

左側は、弟さん。すべて手作業でひとつの帽子を制作するのに、80工程もあるそうだ。

ちなみに日本TVチームの取材は、私たちがはじめてとのこと。とても歓迎して下さいました。

e0166187_7195843.jpg


お二人がかぶっている帽子は、通称プレイボーイハット・95年にドイツプレイボーイ雑誌の取材をうけ、それ以来、大ブレイクした帽子のため、こう呼んでいるそうだ。

ちなみに、レーゲンスブルク出身のローマ法王ベネディクト16世の帽子もアンドレアさんが考案し、制作したものという。その帽子と同じモデルは、1500ユーロで手に入れることが出来るそうだ。

ディズニーの、「アリスインワンダーランド」映画DVD用にジョニー・デップがかぶっている帽子もこのお店の製作品とのことです。

日曜日にもかかわらず、私たちのためにお店を開けてくださりとても感激しました。いつか個人的に是非訪問します!と別れを告げました。

また、ドイツ最古のコーヒー店Cafe Prinzess でも撮影させていただきました。
撮影許可は得ていたものの、店内の様子を見ながらにしてくださいと言うオーナーの言葉の意味が訪問してみてよくわかりました。

とにかくびっくりするほど客が多く、店内は身動きが出来なほどで、まるで東京のラッシュアワーの電車内にいるようだった。それだけ人気があるということで、それでも客に迷惑がかからない様にバッチリ撮影させていただきました。そしてオーナーも長時間のインタビューに対応して下さいました。

ドイツといえば、ソーセージ。ここレーゲンスブルクにあるHistorische Wurstkücheでも、ソーセージを焼いているシーンや店長へのインタビューなど無事撮影できました。

このソーセージ屋さんはドナウ川沿線にあり、旧市街と新市街を結ぶのがドイツ最古の石橋。この石橋は、なんとチェコ・プラハにあるカレル橋の見本となったそうです。

そういえば、我が家が4年間すんでいたプラハに似ている雰囲気を持つレーゲンスブルクでした。

その他の撮影は、帝国議会博物館やレーゲンスブルクから車で40分ほどの場所にあるドナウ川沿いのヴェルテンブルク修道院付属のビール醸造所にも足を運びました。ここでの撮影模様は、またの機会にお知らせしたいと思います。
[PR]
by foodwatcher | 2011-12-30 07:50 | 仕事
先日、お知らせしましたドイツ・マイスター職業訓練校で紹介した直子さんがマイスター試験に合格したそうです!

彼女と連絡が取れなかったので、番組撮影時にご一緒したディレクターI さんにメールを入れてみたところ、今日、彼から連絡がありました。

直子さん、受かりました!東京に戻ったそうです!

本当におめでとうございます。よかった、よかった。

撮影当時は、彼女がゲゼレとして仕事をしていたデュッセルドルフのお店マウスハーゲンコンディトライにも足を運びました。利用したタクシーの運転手さんが、私たちを見てすぐ「テレビ取材班でしょう」とひとこと。ここはとても有名なお店なので、すぐわかりましたと言うことです。

彼女の恩師だったマウスハーゲン氏は、デュッセルドルフで最も有名な製菓マイスターです。結婚式やイベント用の大きなケーキもたくさん手がけているとのことでした。

マウスハーゲン氏は、あのドナルド・トランプの元夫人イヴァナ・トランプさんが再再婚した時、結婚式のケーキも手がけたとか。 またファッションデザイナー・オットーカーンの誕生日ケーキなど、数多くの有名人との繋がりもあるようです。

デュッセルドルフでは、直子さんがマイスター試験当日に着るために仕事着が必要ということで専門店へも立ち寄りました。彼女は、ここで真っ白な仕事着を何枚か購入しました。

その時、すかさず一声「何枚も買うんだから、少しおまけしてくれますよね!」と笑顔で質問した私。どうなったと思いますか・・・もちろん値引きしてくれました。

直子さんも「さりげなく値引きを聞くとはさすが!」とびっくりしていたようです。
「あと、10年くらいドイツに住んでいたら、きっと直子さんにもサラリと言えますよ!笑顔も忘れないでね」と私。こんなことも、懐かしい思い出です。

彼女とボーイフレンドが住んでいた街は、シュトットガルト郊外のへレンベルクという街。こじんまりしたながらも、典型的なドイツの街で、メルヘンチックでした。この画像は、へレンベルクのマルクト広場です。

e0166187_20465289.jpg


撮影最終日には、直子さんが休日を利用してあちこちの製菓店へ足を運んだなかでもお気に入りのベルナー製菓店に出向きました。

e0166187_20444626.jpg



ゆくゆくは、東京でお店を開きたいと言っていた直子さん。ちなみに彼女のボーイフレンドは、パンのマイスター。今頃、着々と開店準備を進めていらっしゃるのかしら。

来年、私が帰国する時、是非お店訪問するのを楽しみにしています。
[PR]
by foodwatcher | 2011-11-13 21:04 | 仕事

かなり話はさかのぼってしまいますが、今年3月にTV番組でシュトットガルトの職業訓練校を訪問したときのことです。

この学校には、製菓マイスターや歯科技工士、美容師マイスターなどを目指して3000人にも及ぶ学生たちが日々自分の目標に向かって学んでいます。

こちらは歯科技工士のコース
e0166187_2354790.jpg


撮影直後に東日本大震災が発生したこともあり、この番組は、予定より遅れて6月に放映されましたが、番組の主人公となった日本人女性とは、その後連絡が取れないままです。

製菓部門で勉学していた彼女は、7月のマイスター国家試験に合格したのかどうか気になっているこの頃です。ドイツの街はもうクリスマスムード一杯で、クリスマス定番のクッキーや自分で焼くクッキーのための食材が所狭しとスーパーなどに出回っています。それで、彼女のことを思い出したのです。

学生さんたちの試作品です
e0166187_2351747.jpg


この国家試験は、筆記と実技があり、なんと実技は3日間に渡り決められた課題作品をクリアせねばなりません。

さてこの製菓部門では、普段足を踏み入れることの出来ない授業を参観させていただきました。

ドイツのクリスマスシーズンには欠かせないバームクーヘンの作り方もここではじめて見ることができました。

e0166187_2382172.jpg


このマイスターコースでは、国家試験に合格するために、お菓子を作るだけでなく、経済学や教育学、法律などの一般教養も学びます。マイスター試験に受かると、ドイツでは自分のお店を構えることが出来ます。その時に、ケーキを作るだけではなく、ゲゼレ(職人)さんの雇用やお店の色々な経費などの管理もせねばなりません。。そんな時に、この一般教養が必要となってくるからです。

ちなみに、お店を持ちたいが自分がマイスター資格を持っていないという場合、マイスターを雇って店を開くという方法もあります。でも、マイスター資格を持っている人たちの多くは、自分のお店を持ちたいというのが目標です。

お菓子の試作品は、授業終了後にみんなで持ち寄り、先生と共に一つ一つの出来具合の意見交換をします。そして、どのような工夫をしたらいいのか先生のアドバイスもありました。

e0166187_2385297.jpg


そのあと、試食をする機会がありました。
素敵な形や色とりどリのプチケーキは、見ているだけでもうっとりで食べるのがもったいないくらいでした。

e0166187_2391930.jpg


学生といっても、皆さんゲゼレ〈職人〉としてケーキ屋さんなどで実際に仕事の経験を重ねていらっしゃる方ばかりなので、ケーキつくりの腕もかなりのものでした。

マイスターの卵たちの作る作品は圧巻でした。
[PR]
by foodwatcher | 2011-11-08 23:29 | 仕事

今年の4月から開催されていた連邦ガーデンショーが10月16日大成功を収め幕を閉じた。今回の開催場は、ライン川ほとりのコブレンツでした。

入場者は2百万人を予測していたが、それを大幅に上回る3百50万人という、うれしい誤算だったそうだ。次回は2013年、ハンブルクで開催されるそうです。

こちらにこのガーデンショーの詳細を執筆しました。
[PR]
by foodwatcher | 2011-10-18 18:51 | 仕事
先週末、バーデン・ヴュルテンベルク州北東部の街・シュヴェービッシュ・ハルへ仕事で行ってきました。

ハルの名前でわかるように、この街のかっての産業は塩であり、ここの住民は街の名前をハルと呼ぶそうだ。そのため、シュヴェービッシュ・ハルと名乗るとすぐ地元民ではないとわかるとのこと。

街を流れるコッハー川の周辺は、まるでチェコのチェスキー・クルムロフのようなメルヘン的な雰囲気を持つ。

e0166187_2013352.jpg

画像の屋根付き小さな橋は、製塩所の小橋

街のシンボルでもあるマルクト広場にある聖ミヒャエル教会の前には大階段があり壮観だった。ここでは、野外劇場が開催されるようだ。

e0166187_19571375.jpg


野外劇場といえば、コッハー川沿いにある建物ハーラー・グローベ劇場が目に止まった。

7月に地球アゴラ番組で取材したエーティクハイムの野外劇場(4000人収容)ほど規模は大きくないが、夏の間に様々な劇が開催されているようだ。

私が訪問した土曜日の夜は、この会場でディスコパーティが開かれており、たいそうな賑わいであった。

周辺を見学していると、若者ポップグループが自分たちのバンドによるCDを作成したといい、無料でCDを配布していた。

街のガイドは、夜番(Nachtwächter)ガイドで街をひとまわり。このガイド、実はある学校の先生ということで歴史に詳しく、ハルについて2時間以上面白おかしく説明をしてくれた。

この夜番は、中世のおまわりさんのような役目をし、彼についてこじんまりとしたハルの街中を徘徊、木組みの家が立ち並ぶ旧市街の夜を満喫した。

e0166187_19575954.jpg


22時からなんと2時間にも及ぶ夜番ガイドで、終わる頃には足がすっかり冷たくなった。でも、そんなことを忘れさせるような充実した話で歴史にあまり興味のない私ですらついつい夢中になった。
[PR]
by foodwatcher | 2011-09-27 20:05 |