タグ:経済・経営 ( 40 ) タグの人気記事

この10月3日、東西ドイツが統一されて21年がすぎた。

旧東側は以前として失業率が西側に比べて2倍ほど高い。例えば8月の失業率は旧西側が5,7%で旧東側は 10, 4%という。

賃金水準の東西格差も解消していないようで、旧東側は旧西側に比べて約8割程度と大きな差があるようだ。

とは言うものの、東側は家賃をはじめ、生活費が比較的安いため、生活に困っているわけではないとのこと。

そういえば、仕事で知り合いになったベルリン在住の方によれば、彼女のアパートの家賃は、2DKでひと月500ユーロくらいと言っていた。

それに比べフライブルク大学で勉学中のわが息子がルームシェアしているアパートは2DKでひと月1000ユーロ弱。

70年代の建物だが、室内は改装されて窓も大きくとても明るく清潔とはいえ、学生が住むアパートがこれだけだから、親も大変です!


e0166187_23241932.jpg


画像は、息子の同居人の大学生がイケアのシステムキッチンを一人で組み立てたところ。
入居時の5月にはまだ完成していなかったが、今はテーブルも収まり居心地のよい場所になったようだ。
[PR]
by foodwatcher | 2011-10-05 23:28 | 生活情報袋

3.11東日本大震災から半年がすぎました。

その後、福島原発事故を受けて、
ドイツでも脱原発など色々と大きなエネルギー革命がありました。

お時間ありましたら、以下の記事に目を通してみてください。

独・冬の電力消費ピーク、原発スタンバイせず

同じ内容ですが、ヤフーでも公開されています。
ドイツ冬の電力消費ピーク時対応の原発「スタンバイ」永久凍結へ

e0166187_17332537.jpg

撮影・norikospitznagel
[PR]
by foodwatcher | 2011-09-10 17:34 | 仕事
Excite Bit 投稿コネタ 最新お題投稿!

ついになでしこジャパンが優勝した。

ドイツのメディアでも大きくとりあげられ、日本チームのプレイの質の高さには絶賛の声が上がっている。
スペイン・バルセロナチームに匹敵するほどのパス回しの速さにも注目が集まった。

選手の体格やどこの国出身などは関係なく、とにかくチーム一丸となって諦めず、しかも冷静に
試合を進めていったなでしこの力には感服です。

日本チームのドイツでの評判では、17日のNHK地球アゴラでも紹介しました。
こちらをどうぞ

フランクフルトで開催された決勝戦には、アンゲラ・メルケル首相をはじめ政界からも幾人か観戦していた。ドイツチームのナショナルトレーナー・シルビア・ナイド女史やドイツ女子選手も観客席に見られた。

特にほほえましかったのは、日本が得点を得るたびに、ナイド女史やドイツ人選手が立ち上がって拍手をして喜んでいる光景を目にしたときだった。ドイツに住んでいる日本人の一人としてこの光景はやはりうれしかった。

とはいうものの、準準決勝で、ドイツが日本に負けたときは、それこそショックでドイツチームは打ちのめされていた。ナイド女史は、この時トレーナーを辞退したいとまで考えていたようだ。

日本チームがドイツに勝ったのは偶然だとか、運がよかっただけとドイツ人は自分たちを慰めていたようだが、スウェーデンにも勝ったときには、日本チームの本当の姿が浮き彫りにされ、偶然でも運がよかったのでもなく、勝っても思いやりのあるなでしこの絶大なる評価がドイツメディアで取り上げられた。

e0166187_18581341.jpg


我が家が購読している全国紙フランクフルターアルゲマイネ新聞でも毎日なでしこをフォーカスして報道していた。上の画像は本日19日のスポーツ欄です。

さて、前置きが長くなってしまったが、なでしこ優勝の興奮も少し収まった今、とても気になった記事に目が釘付けになりました。

なでしこ、バイト生活から卒業か W杯快進撃でボーナス増額検討

この記事の真相は不明だが、もしこのような状態だとしたら、絶対ドイツの状況をお伝えすべきと思った。
各国の事情はそれぞれに違うものの、考えさせられる点だと思う。

ちなみに、今回ワールド杯に参加したドイツ女子サッカー選手は、勝敗に関係なく一人30,000ユーロを得ている。1ユーロ115円で換算すると345万円ほどだ。

この額にプラスして準準決勝に出場したことで15,000(約518万円)ユーロのボーナス。つまり今回ドイツ女子選手は、全報酬として45,000ユーロ(約518万円)を手にしていることになる。

参考までに、さらにドイツチームが勝ち進んだ場合の報酬概算は、ボーナスを足して以下の通りです。

準決勝進出・一人当たり55,000ユーロ (633万円)
3位の場合・一人当たり60,000ユーロ (690万円)
決勝進出・一人当たり70,000ユーロ (805万円)
優勝の場合・一人当たり90,000ユーロ (1,035万円)

お金がすべてではないことはもちろんだが、
なでしこの偉業に対する報酬はどうなんだろうか。
もし、上記の記事に書いてあるのが本当だとしたら、あまりにも貧弱なのでは・・・・
日本サッカー協会では報酬額を再考するなど、なんとかできないのでしょうか。

ちなみに、以前日本の報道番組で得た知識なので本当か
どうか不明だが、日本ではオリンピック出場選手への報酬にも
問題ありとか。

確かNHKの番組だったと思うが、パラオリンピック出場者への支援が
あまりにも貧弱で、なんと出場者は自前で参加することもあるようだ。
この時、ドイツの場合を例に挙げていたと記憶する。

ドイツの場合は、障害を抱える選手でも一般選手でもオリンピックに出場する選手の
報酬は同一です。これはその時までわたしも知らなかったこと。

日本は被災地の問題や原発事故について問題が山積していて、スポーツ選手の待遇を
今すぐ改善する余裕などないかもしれない。

でも、あえて言いたい。
これだけの偉業を成し遂げたなでしこチームはもっと待遇をよくするべきです!

ちなみに、ドイツサッカー女子選手の報酬は男子選手に比べると3分の1ほどと
まだまだ格差があるようです。

こちらも改善すべき点かもしれませんね。


参考文献 7月18日WM-Rekordprämie für deutsches Team
[PR]
by foodwatcher | 2011-07-19 20:05 | トレンド袋
Excite Bit 投稿コネタ 最新お題投稿!

1886年世界初の4サイクルガソリンエンジン車をカール・ベンツが発明して今年で125周年を迎えたことは以前お知らせしました。

カールの妻ベルタは、夫を信じ、夫の発明した車に乗り、当時では考えなれなかった険しい道のりを勇敢にも走行することで、世の中に夫の偉大さを証明したかったようだ。

夫を信じ切ってしかもそれを行動に移すということが二人の夢を実現したというストーリーは、今の時代にも十分ありえることではないだろうか。

そして、ベルタの内助の功で、発明したものの全く売れなかった車のことで落胆していたカールを勇気づけた。まさにベルタの思い入れなしでは、今のベンツの大成功はありえなかったのだと思う。

これを記念したイベント、カールの妻ベルタが夫に内緒でドライブした「ベルタ・メモリアルルート」をオールドタイマーが走る祭典を訪れてみた。

6月24日マンハイムを出発しベルタの出身地プフォルツハイムまでの道のり約104kmほど。
6月25日プフォルツハイムからゴールのマンハイム城の正面中庭に戻るという2日に及ぶイベントだ。
なぜマンハイムかというと、当時二人が住んでいた場所がマンハイム近郊のラーデンブルクという町だから。

e0166187_15254767.jpg

今、ラーデンブルクには、ベンツ博物館がある。



このベンツメモリアルルートを86台のオールドタイマーが走行。参加した車はどれも築100年ほどのアンティークばかり。

午後2時半にまず、最初の車が到着。ゴール前には人だかりが・・・

e0166187_15261346.jpg


ドライバーの方に聞いてみると、この車は1912年製とのこと。来年100歳を迎えるんですよと自慢してました。 走行時間は、3時間ほどで、道路沿線の興味津々の住民に迎えられ、ゆっくり走ったこともあり、途中休暇を含んでマンハイムまで計5時間の道中を楽しんだという。

e0166187_1527272.jpg


当日は、カールベンツのひ孫ユタ・ベンツさんも参加する予定だったが、病気のため欠場。
どんな車に乗ってくるのか楽しみにしていたので、少しがっかり。

ほんの少し見学するつもりだったが、次から次へと入場してくる車に見とれてしまい、結局2時間ほどお昼を食べるのも忘れて圧巻な雰囲気を楽しみました。

e0166187_15275799.jpg



ちなみに、ベンツ社によると、高級車部門ベンツカーの今年6月の世界販売台数が13万台ほどとなり、アジアや米国での需要が好調な模様。単月としては過去最高の売上台数という。
[PR]
by foodwatcher | 2011-07-07 16:35 | 生活情報袋
先日お知らせしましたドイツの州議会選挙について追加です。

4月6日発表の世論調査機関フォルサの調査によると、福島原発事故を受けて、緑の党支持率が前週より7ポイント上がり28%と過去最高を記録したそうです。

ちなみに社会民主党SPDは2ポイント減少の23%。両党の合計支持率は51%となり、2009年総選挙以来始めての過半数を超えました。

与党キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は3ポイント減少の30%でした。この両党と連立を組んでいる自由民主党FDPは、2ポイント減少で3%にまで落ち込み議席が獲得できない状況です。党首のウェスターウェレ氏が党首交代を発表したものの、外相として政権に残りたい模様。

FDP党首候補は、現保健相のフィリップ・レスラー氏のようです。
[PR]
by foodwatcher | 2011-04-07 19:23 | 生活情報袋
前回の「岩手復興支援」の件でお知らせです。

義捐金口座が姉妹州・ラインランド・プファルツ州立銀行に開設されたのが17日でした。
25日の地元誌によると、義捐金がすでに5万ユーロ(約550万円)ほど集まったそうです!
口座開設して10日もたっていないのにこの額です。

ドイツ人は、ふだん財布の紐は硬く節約家が多いのですが、寄付となるとグッと様子が変わリ、寛大になることにいつも感心しています。


e0166187_72721.jpg

この画像は、ドイツ週刊誌Sternの表紙です。ショックを受けました。

さて、27日に2つの州で州議会選挙が行われました。

バーデン・ヴュルテンベルク州での州議会選挙では、ドイツ政治史上初の緑の党の州首相が誕生しました。今回の選挙では、日本の福島原発大災害が大きな影響を与えたものになり、こちらのメディアでは、「選挙における大地震」という声も上がっています。

ラインランド・プファルツ州では、革新党SPDが得票率10%も失ってしまいました。
現州首相のベック氏(SPD)は辛うじて第一党に留まりましたが、この州でも大躍進した緑の党との連立となり、ベック氏も今後は一人で州政権を仕切ることができなくなってしまった。

いっこうに収束のつかない福島原発による放射能拡散の危険に、ドイツ人も敏感に反応、揺れています。
[PR]
by foodwatcher | 2011-03-31 07:31 | 生活情報袋
少し話しは戻りますが、昨年12月日本社団法人ショッピングセンター協会からの依頼で、ドイツのショッピングセンター最新事情を寄稿しました。

特集・欧州流通事情2011

これまで何気なく必要なものがあれば買い物に行っていたのですが、ドイツのショッピングセンターの事情を勉強するよい機会となりました。

アウトレットも子供たちと一緒に年に何回か行ってましたが、日本でも続々登場しているようですね。

そういえば、息子が米国にいたときに気に入り、私も始めてその名を知った若者向け服飾店Hollisterが今ドイツでも大ブレイクしています。

e0166187_21375879.jpg

この画像は、開店前に撮ったものです。

昨年9月に我が家の近郊にできたショッピングセンターでも、クリスマス直前に開店しました。クリスマスホリデーで戻ってきた子供たちと一緒にそのテナントに出向きびっくり!

なんと、客の列ができていたのです。それも人、人、人・・・・
店のいり口には何の宣伝もないのに、どうして・・・、本当にこのお店?と思った私は、息子に聞くと米国でも同じスタイルで全く外観からはわからないとのこと。インサイダーだけが知っているお店です。

ちなみに、入店できるまでの待ち時間は30分ほどでした。平均45分は待つというから、早いほうだったとのこと。私は長い列に加わることはせず、その辺でショッピングして後で子供たちと合流しました。セーターやジーンズを買って、このお店のロゴマーク入りのバックを片手に、子供たちはニコニコ顔ででてきたのです。

そして追い討ちをかけるように1月13日のStern誌で、このお店が報道されていました。

お店のイメージとしてはカルフォルニア生まれの印象がありますが、2000年に立ち上げられ、オハイオ州が本拠地・親会社はAbercrombie & Fitchとのこと。確かにショッピングバックにはカルフォルニア名が入っています。全世界ですでに530店舗があり、そのうちドイツでは4店あるそうです。
[PR]
by foodwatcher | 2011-02-04 21:41 | トレンド袋

昨年話題を集めたドイツ生まれのWeTab。
アイパッドキラー?といわれ、注目されていました。

先日のFAZ(フランクフルター・アルゲマイネ紙)の記事によると、
WeTabビジネスモデルは市場から消えてしまったとか。
要するに、不成功のまま終了したようです。
NECのタブレットも不成功という報告がありました。

昨年夏、WeTabを開発企業の取材をしましたが、当時は、CEOが世界中を飛び回ってWeTab の紹介に躍起になっているところでした。

ちょっと古い記事ですが、こちらもどうぞ。
朝日新聞社ウェブロンザです
[PR]
by foodwatcher | 2011-01-29 20:09 | トレンド袋
10月5日フランクフルト国際書籍見本市が開幕した。
昨日の話ですが、プレス会議に参加してきました。

私にとって最大のハイライトは児童文学作家Cornelia Funke(コルネリア・フンケ〉女史にお目にかかれたことだ。

プレス会議が始まる11時近く、ドイツ図書流通連盟CEOホーネフェルダー教授、フンケ女史、フランクフルト書籍見本市CEOボス氏、書籍見本市プレス担当者の皆さんが壇上にあがるとカメラマンやTV映像機を抱えたメディアのかたがたが壇上前に一斉に集まった!20人以上はいたと思うが、フラッシュ・フラッシュで光の嵐がしばらく続いた。

その嵐が収まったところで、私もいそいそと壇上前に向かいカメラでパチリ。

現在米国カルフォルニアに在住の同女史は英語で話を始めた。ドイツ人なのになぜ英語で?とあるジャーナリストの質問に、ボス氏はすかさず「私がお願いしました。世界中から集まっているプレス関係者にドイツ語ばかりでなく英語でもお話を聞いていただきたかった」とのこと。

1時間弱の会議が終わり、フンケ女史はTVインタビューに向かう。
私はすかさず壇上近くへ向かい、彼女に話しかけた。同女史の最新作「Reckless」へのサインをお願いした。

この本は、会場に来る前フランクフルト駅にある書店であわてて買ったもので、私もまだ目を通していない。フンケ女史にあこがれている娘にプレゼントしたかった。 フンケ女史の作品はもちろんのこと、同じ職業を目指す娘は興味深々のため。

プレス会議終了後は、アルゼンチン大使による同国特設コーナーの案内が1時間ほどあった。

フランクフルト書籍見本市は10日(日))まで開催される。
8日まではプレス・出版関係者のみへの公開、一般公開は9日と10日の二日間。
時間のある方は、ぜひ足を運んでみてください!

よろしければ下記参考までに。

2018年に電子出版物売上げが紙書籍を上回る?フランクフルト書籍見本市2009

書籍大国ドイツの出版業界、その流通・経営・制度・人材育成の特徴
[PR]
by foodwatcher | 2010-10-06 18:01 | 仕事
出版業界を揺るがす電子書籍!
紙媒体と共存できるのか?
iPadキラーとも言われているドイツ発のWeTabとは・・・

ドイツで今年9月発売予定のWeTabについて、週刊東洋経済7月3日号に寄稿しました。
WeTab開発者のヘルムット・ホーファー・フォン・アンカースホフェンCEOの経歴がとても興味深いです。

私も実際にiPadを手にしてあれこれ操作してみましたが、本音を言うとやはりこれで本を読む気があまりしない。確かに移動中や休暇にはとても便利なのであろうが・・・・

はたして WeTabは、どうなのだろうか、興味深々だ。
WeTabサイズはiPadよりやや大きめで操作方法も一味違う。

「電子書籍の価格は出版社が決定することである」という構想で進めているドイツ独自のプラットフォームWeTabの発売を楽しみにしているところです。

e0166187_1982887.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2010-07-15 19:20 | 仕事