タグ:廃棄物 ( 4 ) タグの人気記事

e0166187_0281625.jpg


朝日WEBRONZA久しぶりの公開記事です。2ヶ月ほど手元にあった企画ですが、膨大な資料を読みきる時間がなくて、なかなかまとめることができませんでした。
ドイツ原発、廃炉への険しい道のり

実は、この記事を編集部へ入稿したあとで、独のアーティストがこの原発跡地KMKの購入へ意欲を見せているというニュースが入りました。

ドイツを代表する画家の1人在仏のアンゼルム・キーファー氏です。
同市は、原発を所有する独電力大手RWEにCEOグロースマン氏と原発を見学したとのことです。キーファー氏によれば、「原発は永久機関で神話的な要素を秘めている」とのこと。

そういえば、日経エコマムへ寄稿したドイツ北部にあるカルカー原発跡地は、オランダ人が購入し、今では遊園地として地元の活性化に一役買っている。
ドイツ原発跡地が遊園地に!

原発は、建設するのにも、廃炉にするにも莫大な費用と時間がかかる。
福島原発事故がなかったら、原子炉について世界中がこんなにも注目することはなかったであろう。
[PR]
by foodwatcher | 2011-11-04 00:35 | 仕事
先日、ドイツ人は一人当たり年間310ユーロにも相当する食料品を廃棄しているとお知らせしました。

それとは全く関係ないのですが、ハイデルベルク本通りでこんなユニークなゴミ箱見つけました。

本通りは、何時も観光客でにぎわってますが、このゴミ箱の前ではドイツ人も思わず微笑みパチリと写真を撮ってました。

私も早速撮りました。


e0166187_1872064.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2011-10-06 18:08 | 生活情報袋

e0166187_1822137.jpg


連邦統計局の報告によると、2008年度における家庭より出る一人当たりのごみの量は453kgとのことだ。

この内訳は、一般廃棄物と粗大ごみが202kg、資源ごみ143kg、生ごみなどの有機系廃棄物が107kgほどという。

08年に回収した廃棄物量は3720万トンに上り、07年は3740万トンというから、少し減少した。

紙、プラスチック、ガラスなどは、色分けしたプラスチックの袋に種わけしてごみを出すのが原則。 ところが、08年、キチンと種わけをして出されたごみは55%(2050万トン)と半分程度の量というからおどろきである。

種わけされて出されたごみの量は、07度比で30万トンほど減少している一方、種わけされていないごみは、1650万トンと近年にない上昇率だとか。

確かに、ごみを種わけするのは大変だ。場所も取るし、一枚の袋に紙とプラスチックの両方が使われているといったいどちらに捨てたらいいのか迷うことも多々あるし・・・

種わけしないのもいけないと思うが、一番ひどいと思うのは、スーパーなど公共の場のゴミ箱にびっくりするほど様々なごみが捨てられていることだ。また、ドライブをしていると道添えに粗大ごみがすてられてあったりすることも。 

スーパーでは、購入した商品の不要な箱やプラスチックをこれまた種わけして捨てるゴミ箱が備え付けられており、こちらは整然としているようだ。

環境大国のドイツといわれているが、まだまだ個人の意識改善をする必要がありそうだ。
[PR]
by foodwatcher | 2010-02-05 18:31 | 生活情報袋
ドイツで不要な広告で困っているあなたにうれしいお知らせです。

e0166187_17351195.jpg


ピザ宅配、家庭教師します、家の修理、スーパーや融資宣伝など、郵便箱に放り込まれる広告は、受け取る側の意向にかかわらず、山のように配達される。それら広告は、ほとんど目を通さないままゴミ箱行きとなる。時には、ファックスで広告が入る事もあるので驚きだ。こんな不要で迷惑な広告を防止するには、「ロビンソンリスト」 の利用がお勧め。

2007年の市場調査によると、一般家庭が不要とする紙の広告費は、3.4億ユーロ(およそ55億円)にも上る。また、一世帯から出てくる不要広告紙のごみは、100kgにもなるそうだ。広告が各家庭に配達されるまでには、1000リットルの水、120キロの木材、化学品やインクなどが必要とされる。

設立35年の歴史を持つロビンソンリストは、ドイツダイレクトマーケッティング協会(DDV)、情報経済・通信・新メディア連盟(Bitkom)、ドイツインターネット利益団体(idi)が中心となって、不要な宣伝広告の防止を手がける連盟である。郵便物ロビンソン、ファックスロビンソンと目的別に管轄され、さらに近年ではIT分野の急速な発展から迷惑メールロビンソンも立ち上げられた。

申し込みは簡単。届け出用紙に全広告をストップしたい、あるいは金融関係、健康、ファッションなどストップしたい部門を指定して申し出るだけ。登録は、ファックスか郵送で手続きをとり、料金は無料。届け出用紙によると、広告防止は、1回の登録で5年間有効である。現在、ロビンソンには、約65万人が登録されている。これにより、9割の広告発送人は、登録者に広告を投函しないという成果を得ている。

名前の由来は、長い間無人島で立った1人で過ごし、外部との接触が全くなかった「ロビンソン・クルーソー漂流記」からとのことだ。無料で利用できるこのロビンソンを通して、誰でも簡単に出来る「無駄を見直す」活動がさらに浸透していくことを願いたい。
[PR]
by foodwatcher | 2009-06-14 17:36 | 知恵袋