タグ:ワイン ( 10 ) タグの人気記事


玄関側にすくすくと育っていた竹林の一部をやっと庭のすみに引越しすることが出来ました!


e0166187_17192342.jpg


今度はテラスからも家族の食卓からも眺めることができるようになり、
大変気に入っています。この竹は、バーデンバーデンの竹専門店で買ったもの。

e0166187_1726286.jpg

この竹を買った当時は、ドイツでも幹の太い竹が出回っておらず、リサーチして
やっと見つけた竹です。

車庫から玄関まで歩いてくると、ちょうど入り口に
竹が見えるように植えたのですが、それが根が張りめぐらし
幹も太くなりました。

一応、大きなバケツのようなもので根を囲い、植えたのですが、
やはり生命力がある竹はすくすく育ちすぎ、なんと根っこが
となりの家まで伸びてしまったのです。

ちなみに、ドイツでは敷地内に隣家の草や木が進入してきた場合は、
断らずとも、処理できる、つまり切ったりできるのです。

そして一戸建て家屋も敷地境界線から3メートル間隔を置いた場所に
建てることなど細かい規則がたくさんあります。つまり、敷地の境界線ぎりぎりに
家を建てることは出来ないのです。

景観を保つためというか、プライバシー尊重というか、
でもタウンハウスとかは例外です。

今回も裏の隣家のおじさんが竹が我が家にもやってきたと
言うので、一部竹の引越しとなりました。

そのおじさんは決しておこっていたわけではなく、ただ教えてくれただけ。
言ってもらわねば気がつきませんでした!

ちょうど、我が家の裏にはラズベリーがたくさん実っているので
育ちすぎた竹の一部は、邪魔になっていたのも事実。

地面から根っこを掘り起こす作業が大変でお手伝いの庭師と
夫、ちょうど帰宅してきた息子の大男3人で2時間以上もかけ、
やっと竹の引越しが済みました。

今夜のご褒美、先ず
前菜はモッツアレアチーズとトマト、そしてリースリングでした。

e0166187_1730092.jpg



地下にあるワインセラーから、引っ張り出してきたワインですが、
一体誰が買ってきた?あるいはプレゼントでいただいたもの?か不明で
味をどのように表現したらいいのかわかりません・・・・が美味しかったです。
e0166187_1745169.jpg


最後に、しばらくブログ更新しませんでした。
その間、訪問して下さった方にお礼を申し上げます。
春から夏にかけ、新しい挑戦や片付けねばならない事、
諸々がありました。

それでもライターとしての仕事はボツボツ進めていますので
よろしくお願いします。
[PR]
by foodwatcher | 2013-08-31 17:49 | 生活情報袋

先日お知らせした世界最大のワイン祭りが無事終了しました。

今年は訪問客がなんと68万5千人にも上り、過去最高だったとか。
参考までに、例年は60万人ほどです。

e0166187_16285122.jpg

ちょっと触ってみたくなるような髭を生やしたおじさんグループもいました

やっぱり晴天に恵まれたことがこの数字に繋がったようです。
そういえば、この22日よりミュンヘンのオクトーバーフェストが開催されます。

ビールにちなんだ情報をまたお伝えします。
[PR]
by foodwatcher | 2012-09-20 16:31 | 生活情報袋

今ドイツは秋晴れの日が続いています。
仕事から離れて、外出したい気分の毎日です。
さて、今週末はどこにいこうかな・・・・
やはりワイン祭りです!

ドイツの9月といえば、ぶどうの収穫期。初夏から秋にかけて、
200以上開催されるワイン祭りもこの頃に最盛期となります。

中でも世界最大のワイン祭りといわれる「ヴルストマルクト」(Wurstmarkt・ソーセージ市)は、
毎年世界各国から60万人以上の客が訪れる大イベント。

e0166187_18394364.jpg


会場は、ラインランド・プファルツ州都マインツより南に車で
約1時間のワイン街道上にある小さな街バード・デュルクハイム(Bad Durkheim)。

ここは、湯治や療養のために全国から保養者が集まる、
豊かな自然に囲まれた静かな温泉の街でもあります。

ワイン祭りなのに、「ソーセージ市」とよばれる理由は、
600年ほど前に州立浴場で巡礼者のために開催されたソーセージと
ワインのマルクト「聖ミヒャエル市」を立てたのが始まりだそうです。

このマルクトでは、膨大な量のソーセージが消費された事から「ソーセージ市」と改名され、
今もその名が残されているとのことです。

e0166187_1843262.jpg


このワイン祭りは、200以上の試飲が出来る祭典というだけではなく、
醸造元のワイン樽を空にすることも重要な目的なのをご存知でしたか?

今秋収穫されたぶどうで作る新種ワインの収納スペースを確保すると言う実益も兼ねているのです。

e0166187_1843465.jpg


これは、170万リットルのワインが入っていたワイン樽です。
現在はレストランとして使われていて、内部はこんな感じです。

e0166187_18444275.jpg


9日間に及ぶこの祭りの会場には、36の歴史的なワインスタンドを始め、多数の飲食店がお目見えする。
移動遊園地やアトラクションも設置され、大人も子供も楽しめる秋の祭典のひとつです。

画像は、以前撮ったものですが、毎年同じ位置に同じスタンドやイベントテントが設置されます。
今年は、新アトラクションが3つも追加されたとか。

あまりにも多くの人が来るのでそれだけでも疲れてしまうのを懸念している私ですが、
久しぶりに出向いてみたい気もしてます。
[PR]
by foodwatcher | 2012-09-07 18:51 | 生活情報袋
10月も中盤に入り、朝晩すっかり寒くなりました。
それと同時に、朝は7時半過ぎても暗いし、夕方は7時になると真っ暗です。

もうすぐ冬時間に突入するのですが、この時期は、従来にも増して頻繁にキャンドルを利用します。テーブルのほのかな明かりは、心をほのぼのとともしてくれるようです。

e0166187_19294942.jpg


さて、このキャンドルの保存方法ですが、ドイツではよく冷蔵庫で冷やしてから使います。
こうすることで、キャンドルが長持ちするのです。急ぎの時は、冷凍庫に2時間ほど入れてから使います。

では、なぜドイツ人はキャンドルを好んで使い、生活習慣として愛用されているのか。

ドイツ人の祖先ゲルマン民族は、暗い森で生活していました。
当時は、常に敵や獣に襲われる危険から逃れるためにも、
生活の中の明かりは小さな炎(焚き火やオイルランプ等)でした。
小さな炎を見つめながら暖をとり、暗くて長い夜を過ごしていた。

これらの生活習慣が今にも残り、暖炉を設置したりテーブルにキャンドルを
ともし快適な時間を過ごすという傾向があるようです。

ゲルマン民族は、一概にドイツ人だけとはいえませんが、
以上が欧州人にキャンドルや暖炉に癒しを求める?という
背景になっているのではと考えてます。

また、夏時間・冬時間があることにも関係するのではと思います。

もちろん夏にもキャンドルは使いますが、これからますますキャンドルを
使う頻度が増えます。

10月末から冬時間にはいると、
朝は8時過ぎまで、夜は4時頃から暗くなり天候不順で寒い日々が
続きます。そんな陰気な雰囲気の中でもキャンドルの暖かい炎は
気持ちをホットさせてくれます。

キャンドルを用いることには、もちろん環境にも効果をもたらしますよね。

ドイツ人は、室内照明を日本のように明るくしません。
スポットライトやろうそくなどで雰囲気を楽しみます。

これからは、赤ワインをのむ機会が増えますが、
室内にいる時間が長くなるとキャンドルの炎はそのお供に欠かせませんね。

ちなみに私は、朝食時からキャンドルをともします。
ランプももちろんつけますが、ほのかな明かりの炎を見ていると、
気持ちよく目が覚めてくるような気がするからです。
[PR]
by foodwatcher | 2011-10-19 19:37 | 生活情報袋

今年の2月末に開催されたラインガウでのグルメフェスティバルについて報告します。
話はかなりさかのぼってしまいますが、色々あって更新できなかったイベントで、今回どうしても紹介したかったのです。

ラインガウは、ドイツのワインの中でも最も華やかで偉大なワインが醸造されている場所です。
栽培されているブドウの8割近くはリースリングで、12世紀ごろにはこの周辺には12もの修道院があったそうです。現在はエーバーバッハ修道院とヨハニスベルク修道院の2つが残っています。

さて、ワインの話はこのくらいにして、このグルメフェスティバルについてです。
今年で15回目のイベントは、2月24日から3月9日まで開催されました。

1月に参加申し込みをしたのですが、ほとんどのチケットが完売で、私の都合がつくのはオープニングイベントだけだったため、早速2人分申し込んで、私も家人と一緒に出向きました。

すでにこのブログで何回もお知らせしていますが、今年は日独交流150周年ということもあり、
今回のイベントには特別な料理人ゲストを迎えました。

あの青柳の小山裕久さんです。

e0166187_177579.jpg

こちらの画像は、ちょうどオーストリア国営放送のインタビューに対応されている小山氏です。

2月24日オープニングには、なんと400人も集まり、会場となったワイナリーは超満員。
運よく、席を得ることができて、家人と交替で料理やワインを取りにいくことに・・・・

当日は、小山氏を含めて10人のスターコックが集合、それぞれのスタンドで彼らの料理を提供。
近郊でできたワインも飲み放題でしたが、とにかく人、人、人でワイングラスや料理皿を手にして会場内
を歩くのは難儀でした。

でも、10人の作品を試食できたことは最高の思い出となりました。

e0166187_17153061.jpg

ウィースバーデンのホテル「ナサウホフ」内レストラン・エンテ(ミシェラン1つ星)のシェフ・ミヒャエル・カマーマイヤー氏

e0166187_17234735.jpg

マインツのレストラン「ブッフホルツ」(ミシェラン1つ星)オーナーのフランク・ブッフホルツ氏

ブッフホルツ氏は、テレビでもおなじみのスターシェフですが、話をしてみるととても気さくな方で
すぐにファーストネームで呼び合うことに。わが息子と同じファーストネーム・フランクということもあり意気投合しました。彼の作品はアラスカサーモンを使った絶品でした。

どのスタントも並ぶ客で一杯、料理をサービスする皿も間に合わないほどで、フランクの料理も後半には
小さなお皿で提供していました。そのため写真は撮らないでくれ・・・といわれたので紹介できない
のが残念です。

彼の両手が後ろに回っているのもそのためです。両手に料理を持っていたのですが、料理とお皿が
マッチしていませんでした。料理を作ることも食べることも大好きな私は、彼と料理の話に花が咲きました。

実は、このイベントのあと、私はTV 番組のコーディネートでシュトゥットガルトで旅立ったのですが、
3月上旬帰宅してみると、なんとフランクから彼の料理本が2冊届いていたのです!
気を利かしてくださって、秘書の方が郵送してくださったようです。彼の料理本を手にしたら、1週間の出張の疲れも吹き飛ぶほどうれしくなりました。

e0166187_17343911.jpg

客はワインも程よくまわってきたのか、あちこちでライブバンドにあわせてダンス・ダンスで盛り上がっていました。

夜10時半頃から、ミュンヘンで有名な白ソーセージとお供に定番のプレッセルが提供されましたが、
私たちはおなか一杯で、ギブアップしました。

e0166187_17423462.jpg


ころあいを見て小山氏にインタビューをお願いしました。
本夕の料理は、揚げ絹こし豆腐入りの酒かすスープでした。ドイツでは見かけることのないシンプルで懐かしい味でした。

ちなみに小山氏によると、スープといえども400食を準備するのは並大抵なことではないそうです。
オープニングから2日後に始まる彼のディナーショーは数日に渡り開催されましたが、この準備もあり、大忙しだったようです。詳細は、小山氏のホームページに掲載されています。

ドイツに到着

小山氏には、記事にして公開しますということで飛び入り取材をさせていただきましたが、シュトットガルトから戻って、あの東日本大震災が発生しました。

この大惨事にはショックで1ヶ月ほど仕事に集中できず、執筆活動はしばらく休止していました。

時期を逃してしまい、小山氏の紹介やグルメフェステのことを記事にすることをできなかったことをここにお詫び申し上げます。

小山氏のインタビューの中で、とても含蓄のある言葉が心に響きました。
記事にするなら、是非入れてほしいという小山氏の要望でもありました。

「海外に出ている日本人は、とかくお互いの足を引っ張り合いしている。同じ日本人なのに、どうしていがみ合ったり競争しあったりするのだろうか・・・・日本人同士だからこそ、互いに手をとって仲良くしてもらいたい」
[PR]
by foodwatcher | 2011-06-13 18:29 | 食の話
4月3日(日)ラインランド・プファルツ州による岩手復興支援金は10万ユーロとなりました。
前回お知らせの3月25日には5万ユーロだったので、その倍の1200万円ほどです。

私がライターとしてお世話になっている環境とCSRと「志」のビジネス情報誌オルタナでは、4月1日から4日間、被災地取材に出向きました。

岩手では、県立大学教授ウヴェ・リヒター氏(Uwe Richter)にできれば取材をしたいということで、同教授にコンタクトをとりました。インタビュー申し込みに快諾を下さった同氏は、ドイツメディアによると、大学のオフィスで生活しているようです。

そもそも今回同教授が岩手県とラインランド・プファルツ州とのパイプ役をするきっかけとなったのは、大学の先輩からの依頼だったとのことです。

この先輩とは、現在同州の経済交通省事務次官を努めるシーグフリード・エングレルト氏(Siegfried Englert)。両氏はハイデルベルク大学で中国語を勉学したそうだ。

エングレルト氏は、15年前に同州に東アジア経済大学を創設し、この経済大学の留学生やインターシップの受け入れ先を岩手で開拓してほしいとリヒター氏に依頼。それ以来、リヒター氏は、同州とは深い縁があるそうだ。

大震災があってまもなく、リヒター氏は、エングレルト氏から電話を受け、岩手の災害の情報提供を同州にすることになった。
[PR]
by foodwatcher | 2011-04-05 19:24 | 生活情報袋
新年が明けてもう1週間以上過ぎてしまいました。
遅ればせながらあけましておめでとうございます!

クリスマスには大学生の子供2人が我が家に戻ってきました。
久しぶりに食卓がにぎやかになり、素敵なクリスマスホリデーを過ごしました。

今回のクリスマス(といっても昨年の話になりますね)は、嗜好をかえていろいろ挑戦しました。

まずは、クリスマスリース。ぎりぎりまで仕事に追われていたので、またもや自分でリースを作る事ができなかった。

そこで思いついたのが、長方形のケーキフォームを利用したクリスマスリースです。

e0166187_20411197.jpg


画像では見えにくいかもしれませんが、フォームの外側には、まず緑の包装紙を貼り付け、その上からクリスマス用の透明フォリエをはってみました。さらに、クリスマスらしくするために、赤と緑のテープをつけて、フォームの中には、デコ用の緑のサンドを敷き詰め、そこに4本のキャンドルを立てました。キャンドルの周りには、庭から取ってきた緑をさしこんで、キャンドルが倒れないようにしました。

そして聖夜24日には、鴨の丸焼きを作りました。

りんごやオレンジの輪切り、たまねぎにクランベリーの詰め物をいれ、オーブンで焼く事2時間半。

出来上がりはこちらです。

e0166187_2047293.jpg


油がたっぷりのった鴨だったので、出来上がりはしつこいかな~と思っていたのですが、焼いている間に、油は取れたようでとても美味でした。

e0166187_20501457.jpg



食前酒には、近郊のワイナリーで取材の際にプレゼントしていただいたシャンペンを飲みました。

だいぶ前に紹介したかもしれませんが、ちなみにこのシャンペンは、ドイツ・ルフトハンザ航空のファーストクラスで提供されているものです。

ドイツではおせち料理なるものがないので、やはりクリスマスには一年の締めくくりとしておいしいものをたっぷり食べて、飲んでと優雅に過ごします。

クリスマス休暇の間は、新年になって大変な事になるとは夢にも思っておもいませんでした。 続く・・・・
[PR]
by foodwatcher | 2011-01-09 21:04 | 思い出袋

e0166187_17461547.jpg

(c)aromicon

年末年始を迎え、家族や客とともに楽しい食卓を囲む機会が増える。
ビール、ワイン、ノンアルコールドリンク、食事のお供はどれにしようか・・・

ドイツでよく愛飲されるワインは、種類が多いだけに選択に迷うことが多い。
ちょっとワイナリーに出かけて、試飲をというのもなかなか機会があるようでない。

そんなとき便利なのが、ワイン成分をアニメーション化した検索エンジンaromiconだ。
興味のある方は、こちらをどうぞ!

日経bp 世界のユニークビジネス
視覚でワインの試飲?! 風味アニメでワイン選びを簡単に
[PR]
by foodwatcher | 2009-12-23 17:40 | 仕事

e0166187_4212515.jpg


ドイツ秋の人気者・新ワインとタマネギケーキ
またまたこの季節の到来です。世界最大のワイン祭りが訪れた後の楽しみはこれに限ります。

今ドイツは、秋の真っ最中。人々は、各地で催されるワイン祭りに足繁く通います。ワイン醸造元では、夏の太陽を一杯に受け、身もたわわになった秋ぶどうの収穫の時期となります。そしてワインの仕込みにかかるこの季節にだけに登場する、ワイン名産地の新ワイン(Neuer Wein)とタマネギケーキ(Zwiebelkuchen)をご紹介いたします。

ワイン祭りが盛んなドイツの秋

ドイツでは初夏から秋に向けて、ワイン街道沿いのあちこちの街で、200以上のワイン祭りが開催されます。今度の週末は、どこの街でワイン祭りがあるのかな?と人々はいつも心待ちにしています。9月第1週末に、世界最大のワイン祭りがラインランド・プファルツ州バード・デュルクハイム(Bad Dürkheim)で開催されると、ワインの祭典も最盛期です。 
 
ライン・モーゼル・プファルツそしてフランケン地方などドイツワインの名産地では、ワイン祭りに集まってきた人々が大量のワインを飲み干します。特に天候が良い日に評判がある飲み物は、のどの渇きを潤すために炭酸入りの水で割ってアルコール分を減らしたワインショーレ(Weinschorle)です。こうして今年も大量のワインが消費され、醸造元ではワイン樽を空にすることができます。ワイン祭りは「人々にワインを楽しんでもらうことで、取りたてのぶどうで作る新種ワインの収納スペースを確保する」と言う実益も兼ねているのです。

取れたてぶどうでつくるジュースと新ワイン

ドイツでは9月になるとすっかり冷え込み、秋の到来が間近です。夏時間(3月最終日曜日より10月最終の日曜日まで)で明るく長かった日も、日に日に短くなり、夜の時間が長くなります。寒くて暗い冬が訪れる前のこのシーズンに、人々は屋外での活動を存分に楽しもうと、ワイン祭りに繰り出します。太陽のさんさんと差し込む昼間は、半そででも過ごせ外出も気軽に出来ますが、朝夕は気温が10度くらいに下がり、暖房が必要となります。そして樹木の色が黄色や赤色と変わるこの季節、ワイン醸造所では秋ぶどうの収穫で忙しくなります。

この頃から10月の下旬までが、毎年ドイツ人が待ち望む人気者、スーザー(Süßer・甘い)と呼ばれるぶどうジュースと、ビッツラー(Bitzler・ちくちくする、発酵中のワインを口にした時の舌触り加減)の名でおなじみの新ワインが満喫できる季節です。フェーダーヴァイサー(Federweißer)と呼ばれる新ワインは、白ワインを醸造するプロセスの初期の段階のワインです。もちろん赤ワインへの初期プロセス過程の新ワイン・フェーダーローター(Federroter)もありますが、一番愛飲される代表格は、なんといってもフェーダーヴァイサーです。

e0166187_4222479.jpg


人気第一のフェーダーヴァイサー

フェーダーヴァイサーはドイツ語で「白い羽」のこと。これは新ワインが酵母細胞を含み、白い羽のような色をしていることから名づけられました。一方フェーダーローターは、「赤い羽」のことです。どちらの新ワインも、豊富なビタミンB1とB2 そして乳酸菌を含みます。口当たりがさわやかでどんどん飲めますが、整腸作用があるので飲みすぎには要注意です。また発酵はじめの新ワインはアルコール分が4%ほど、そして発酵が終わる頃には10%にも達するため、おいしさに誘われて大量に飲むと酔ってしまいます。日に日にワインの発酵過程が目に見えてわかり、ワインは生きていると実感できるのも楽しみの一つです。

新ワインは、ワイン製造元を始め、街のマルクトや各地のスーパーでも買えます。またワイン街道をドライブしてみると、いたるところにある「Neuer Wein」の看板が目に飛び込んできます。大きな容器に入ったぶどうジュースや新ワインは、1リットル単位で売られており、リットルあたり2ユーロほどです。購入後の保存で注意する事は、新ワインの入っている容器の栓をしないことです。発酵過程に出るガスのため、密封が出来ません。室温保存は3日ほど可能ですが、発酵が進みどんどん味が変わります。ちなみに冷蔵庫での保管は、最高10日ほどまで可能です。

新ワインの相棒タマネギケーキ

そしてこの新ワインになくてはならない食べ物が、タマネギケーキです。ドイツ語ではツヴィーブルクーヘンですが、このクーヘンとは本来ケーキのこと。ただし甘いケーキと違って、ドイツ版キッシュといったところです。タマネキ、ベーコンに香辛料を加えていため、冷やしたあとパイ生地につめます。そして生クリームあるいはサワークリームと卵を混ぜたものを、パイ生地に流し込んで焼いたものです。

e0166187_4231767.jpg


タマネギケーキの作り方は、地方により様々なレシピーがあります。大人は新ワインのお供に、子供はおやつのかわりにと、世代を超えて満足のできる秋の味覚です。

(日経エコマム寄稿)
              
[PR]
by foodwatcher | 2009-09-28 04:25 | 仕事
また、今年もバード・デュルクハイムのワイン祭りがオープンした。
593回目の今年は、9月の11日から15日、18日から21日まで。

e0166187_17193234.jpg
ワイン樽は一度も使用されなかった。現在はレストランとして使用され、多くの人が樽の内外でワインと食事に舌鼓をうっている。

2年前に書いたものなので、日にちが今年と異なるが、このワイン祭りについてお知らせします。

世界最大のワイン祭り「ヴルストマルクト」   

ドイツワイン街道の歴史ある小さな街バード・デュルクハイム(Bad Durkheim)は、ラインランド・プファルツ州の州都マインツより南に車で約一時間のところにある。2003年には街の誕生1225年を祝い、中世の景観が色濃く残るこの街で、毎年9月に世界最大のワイン祭り「ヴルストマルクト」(Wurstmarkt・ソーセージ市)が開催される。今年は9月7日から11日、14日から17日で,その期間に街を訪れる客はおよそ60万人と推定されている。

毎年初夏から200を超えるワイン祭りがあちこちの街で開催されているが、最大のイベントはなんといってもこの「ヴルストマルクト」である。今年で591回目を迎えるこのワイン祭り、ワインが主役なのになぜ「ソーセージ市」とよばれるのか。それは600年ほど前に始まった巡礼教会による、巡礼者のためのソーセージとワインの市を立てたのが始まりである。州立浴場で開催されるこのマルクト(市)は、昔「聖ミヒャエル市」という名称であったが、莫大な量のソーセージが消費されることから「ソーセージ市」と改名され、今もその名が残されている。

またこの街のシンボルでもある世界最大のワイン樽(リーゼン・ファス)は、170万リットルのワインが入るものの、今までワイン醸造用に使用されたことは全くないという。1934年に作られたこの樽は、樽作り職人の技術を示すことが目的で作られ、現在はレストランとして使用されている。

e0166187_1721810.jpg
樽の中はユニークなつくりで気分も盛り上がる

この辺一帯は年間日照時間が1800時間にも及び、ドイツのトスカーナ地方と言われている。寒いドイツというイメージからは想像ができないかもしれないが、温暖な気候に恵まれて、イチジク・キウイ・レモン・アーモンド・栗・チェリーなどの栽培が盛んに行われている。2000年前ローマ人が入植して以来ぶどう作りを始め、ワイン醸造が盛んとなった。

それが歳月を重ね、世界最大のワイン祭りへと発展した。とはいってもこのワイン祭りは200種類以上のワインが試飲できる祭典というだけではない。現在ドイツワインの約30%がこの地域で生産されているが、このワイン祭りで醸造元のワイン樽をからにすることも、重要な目的だ。今秋栽培されるぶどうで作る、新種ワインの収納スペースを確保するためという実益も兼ねている。

州代表のワイン女王や地区代表ワインプリンセスたちが初日の開会式に出席し、いよいよ9日間におよぶ「ヴルストマルクト」の始まりとなる。ワイン祭りの会場では36の歴史的なワインスタンド、志向を凝らしたワイン村、ビアホールをはじめとして多数の飲食店スタンドがある。またワインホールではライブバンド音楽が雰囲気を盛り上げる。その上大きな移動遊園地やアトラクションが設置されて、まさに大人も子供も楽しめるイベントといえる。
[PR]
by foodwatcher | 2009-09-11 17:29 | 生活情報袋