タグ:ドイツの街 ( 130 ) タグの人気記事


フランクフルトで「美」の祭典

1月末、フランクフルトで「Hair and Beauty(国際ヘアメイク専門見本市)」が開催され、世界中から集まった美容師やスタイリストらがヘアスタイル、メイクアップ、ヤングファッションな ど部門別に「美」の創造技術を披露した。

期間中はアーティストたちによるワークショップやセミナーなど多彩なプログラムが催されたほか、1日4回もショー タイムがあり、美容師の世界チャンピョンに輝いた経歴を持つマルコ・キューベラー(Marco Küveler)ら一流美容師がデモンストレーションやクイズショーなどで観客を沸かせた。

「Germany's Next Topmodel」で活躍するメイクアップアーティスト、ボリス・エントルプも登場したそう。

ちなみに今年のトレンドは、カールしたボブやロングのポニー テール、カラーは白に近いほどのプラチナブロンドだとか。

ドイツニュースダイジェストパノラマ寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2010-03-01 03:10 | 仕事

2月4日の独紙によると、まもなく、ドイツが誇るミシェラン三つ星レストランコック長ハラルド・ヴォルファルト氏(Harald Wohlfahrt)の料理が国際宇宙ステーション(ISS)でお目見えするそうだ!

ことの始まりは2008年の2月。同コック長は、欧州宇宙機関(ESA)からの依頼を受け、宇宙飛行士達の食事を作ることになった。

同氏は、ドイツ・バイエルン州黒い森地方のホテルTraube TonbachにあるグルメレストランSchwalzwaldstubeのシェフで、ドイツ連邦共和国功労賞をはじめ、国内外数々の賞を受賞したドイツ一の料理の達人だ。

同氏が考案した宇宙食は、マヨランとドイツソーセージ入りジャガイモスープ、子牛肉のミニハンバーガーのバサミコソースあえとマッシュドビーンズ、デザートはプラムのコンポート。ちなみに、今までの宇宙食は、アメリカとロシアの宇宙局の開発品や、ESAのフランス料理が採用されていたそうだ。

無重量状態の中で食する宇宙食の準備には、様々な制限があり、試行錯誤も並ではないようだ。無菌室で料理をする、味付けは辛めにする、温度変化や衝撃に耐えられる、タマネギなどの強い臭気を持つ食品は極力控えるなど。

また、長期保存ができて、重量ももちろん軽いこと、そして保存に場所をとらないこと・・・・レストランのキッチンで料理するときとは勝手がちがう。また国籍の違う飛行士達のために、各国からの特別食が用意されているそうだ。

ちなみに、これらの料理はステーション内に1年間保管されるようだ。気になる運搬料金は、ISSによると1キログラムなんと14,800ユーロ(192万円ほど!!!)もするとのこと。

食事は、限られた空間で活躍する宇宙飛行士たちの大きな楽しみ。
これまでは、冷凍乾燥食品あるいは缶詰食品が主な食料だったという。

この画像は、宇宙食とは関係ないけど、書いているうちにお腹がすいてきたので付け足しました。昨日のお昼に食べた「鮭入りパスタ」です。さて今日は何をつくろうか・・・・
e0166187_18484719.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2010-02-06 18:54 | 我が家の食
今年で60回目となるベルリン国際映画祭がまもなく開催される。
今回も話題の映画や豪華ゲストが期待されている。

ベルリナーレ閉幕作品に「おとうと」

2 月11日(木)~21日(日)に開催される第60回ベルリン 国際映画祭(ベルリナーレ)の開幕・閉幕を飾る作品が先日発表された。

開幕作品に、中国の王全安(ワン・チュアンアン)監督の「Apart Together」、映画祭最終日、授賞式の後に上映される閉幕作品には、山田洋次監督の「おとうと」が選ばれた。

この映画は、山田監督が10年ぶりに手 掛けた現代劇で、吉永小百合と笑福亭鶴瓶が姉弟を演じる家族ドラマ。同監督がベルリナーレに参加するのは今回で7度目となる。

なお、今年の映画祭では昨年 少女へのわいせつ容疑で拘束され、現在スイスの別荘で軟禁状態にあるロマン・ポランスキー監督やマーティン・スコセッシ監督の最新作も上映される。レオナ ルド・ディカプリオやピアース・ブロスナンなど、豪華ゲストも出席するそうだ。

ドイツニュースダイジェストパノラマ寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2010-02-04 01:37 | 仕事

「地球滅亡の日」がやって来る?

「地 球滅亡の日」をテーマにしたハリウッド映画「2012」のプロモーションがこのほど、ベルリンで行われた。

11月12日からドイツで公開予定のこの映画、 主演は米人気俳優ジョン・キューザック、監督はシュトゥットガルト出身のローランド・エメリッヒ。

同監督は、ハリウッドで成功を収めている数少ないドイツ 人の1人で、アクションやスケールの大きい災害映画を得意としている。プライベートでは同姓愛者としても有名だ。代表作は「インデペンデンス・デ イ」(1996年、アカデミー視覚効果賞受賞)や「デイ・アフター・トゥモロー」(94年)など。

今回の映画は、2012年12月21日頃に1つの区切り を迎えるとされる古代マヤ文明の「マヤ暦」に着想を得て製作されたという。ドイツが誇る巨匠の最新作、公開が待ち遠しいですね!

ニュースダイジェストpanorama寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-10-23 15:52 | 仕事

泥って健康にいいそうです。

ユニークな泥オリンピック

シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州の湾岸都市ブルンスビュッテルで8月末、干潟を競技場とし、泥の中で行うちょっと変わったオリンピックが開催され た。今年で6回目を迎えた大会では、自転車のタイヤチューブに米を入れたものをバトンとして使う名物うなぎリレーやサッカー、ハンドボール、バレーボール などの競技が行われた。イベントの収益金は、同州のがん協会に寄付されるそう。地元や近郊の州をはじめ、デンマークやベルギーから数千人もの観光客が詰め 掛けた。恒例の泥の中でのファッションショーや、ロックバンドによるライブに約400人の競技参加者は、泥まみれになりながらもみんな笑顔。競技の後は、 消防車のホースでシャワーを浴びてさっぱりした様子だったという。来年もまたお楽しみに!

ニュースダイジェスト・パノラマ寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-10-03 21:14 | 仕事
また、今年もバード・デュルクハイムのワイン祭りがオープンした。
593回目の今年は、9月の11日から15日、18日から21日まで。

e0166187_17193234.jpg
ワイン樽は一度も使用されなかった。現在はレストランとして使用され、多くの人が樽の内外でワインと食事に舌鼓をうっている。

2年前に書いたものなので、日にちが今年と異なるが、このワイン祭りについてお知らせします。

世界最大のワイン祭り「ヴルストマルクト」   

ドイツワイン街道の歴史ある小さな街バード・デュルクハイム(Bad Durkheim)は、ラインランド・プファルツ州の州都マインツより南に車で約一時間のところにある。2003年には街の誕生1225年を祝い、中世の景観が色濃く残るこの街で、毎年9月に世界最大のワイン祭り「ヴルストマルクト」(Wurstmarkt・ソーセージ市)が開催される。今年は9月7日から11日、14日から17日で,その期間に街を訪れる客はおよそ60万人と推定されている。

毎年初夏から200を超えるワイン祭りがあちこちの街で開催されているが、最大のイベントはなんといってもこの「ヴルストマルクト」である。今年で591回目を迎えるこのワイン祭り、ワインが主役なのになぜ「ソーセージ市」とよばれるのか。それは600年ほど前に始まった巡礼教会による、巡礼者のためのソーセージとワインの市を立てたのが始まりである。州立浴場で開催されるこのマルクト(市)は、昔「聖ミヒャエル市」という名称であったが、莫大な量のソーセージが消費されることから「ソーセージ市」と改名され、今もその名が残されている。

またこの街のシンボルでもある世界最大のワイン樽(リーゼン・ファス)は、170万リットルのワインが入るものの、今までワイン醸造用に使用されたことは全くないという。1934年に作られたこの樽は、樽作り職人の技術を示すことが目的で作られ、現在はレストランとして使用されている。

e0166187_1721810.jpg
樽の中はユニークなつくりで気分も盛り上がる

この辺一帯は年間日照時間が1800時間にも及び、ドイツのトスカーナ地方と言われている。寒いドイツというイメージからは想像ができないかもしれないが、温暖な気候に恵まれて、イチジク・キウイ・レモン・アーモンド・栗・チェリーなどの栽培が盛んに行われている。2000年前ローマ人が入植して以来ぶどう作りを始め、ワイン醸造が盛んとなった。

それが歳月を重ね、世界最大のワイン祭りへと発展した。とはいってもこのワイン祭りは200種類以上のワインが試飲できる祭典というだけではない。現在ドイツワインの約30%がこの地域で生産されているが、このワイン祭りで醸造元のワイン樽をからにすることも、重要な目的だ。今秋栽培されるぶどうで作る、新種ワインの収納スペースを確保するためという実益も兼ねている。

州代表のワイン女王や地区代表ワインプリンセスたちが初日の開会式に出席し、いよいよ9日間におよぶ「ヴルストマルクト」の始まりとなる。ワイン祭りの会場では36の歴史的なワインスタンド、志向を凝らしたワイン村、ビアホールをはじめとして多数の飲食店スタンドがある。またワインホールではライブバンド音楽が雰囲気を盛り上げる。その上大きな移動遊園地やアトラクションが設置されて、まさに大人も子供も楽しめるイベントといえる。
[PR]
by foodwatcher | 2009-09-11 17:29 | 生活情報袋
お色気たっぷりのレストランが上陸!


米 国発のフランチャイズ・レストラン「フーターズ」が先日、ベルリンに上陸した。同店のお薦めメニューはチキンウィングにハンバーガーと何の変哲もないのだ が、人気の秘訣は健康美あふれるウエートレスたち。フーターズは、1983年にフロリダ州で第1号店がオープンして以来、同店のロゴ「フクロウ」がプリン トされたタンクトップとオレンジ色のホットパンツ姿のセクシーなウエートレス、通称「フーターズ・ガール」に話題が集まり、今や米国内で約400店を抱え る巨大チェーンに発展した。グラマーな女性がグラビアを飾る雑誌やカレンダー、Tシャツなどのグッズ販売に乗り出す傍ら、ホテル業でも成功を収めている。 ドイツでは今後10年間で23店舗を展開する予定。フーターズ・ガールに見とれて、あまり食べ過ぎないように!


ニュースダイジェスト7月panorama寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-09-10 18:02 | 仕事


パ リ、ローマを巡る12日間の新婚旅行の締めくくりに39組の中国人カップルが7日、バイエルン州ヒュッセンの聖マング教会で結婚式を挙げた。司祭の「妻 (夫)として娶りますか(認めますか)?」という質問に、全員で口を揃えて「Yes we will!」。その後、シュヴァンガウにあるノイシュヴァンシュタイン城の麓で幸せいっぱいの新婚夫婦たちの記念撮影が行われた。白鳥の騎士の住むような 城を作ろうと思い、未完成のうちに逝った城主ルートヴィヒ2世やシシーの愛称で知られるオーストリア皇妃エリザベートの代役も、遠方からの訪問客を歓迎。 白いウェディングドレスとタキシード姿のカップルたちは、ルートヴィヒ2世やエリザベート皇妃と一緒にカメラに収まり、「夢が叶った」と大満足だったそ う。皆さんお幸せに~!

ニュースダイジェスト6月19日寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-07-25 20:21 | 仕事
いよいよ、この週末からドイツ16州のうち4州で生徒達の夏休みが始まった。
ドイツでは、旅先での混雑を防ぐためにも州によって夏休み開始期間が異なる。

夏休みに入る前の話題のトップは、やはり成績表というところか。
生徒も親も半年間の成果はいかにと気になり、不満や笑顔が飛び交うのもこの時期だ。

そして、時を同じくして教師が生徒より受ける評価にも注目が集まる。
今回は、ドイツ語女性教師が自分の受けた評価、つまり成績表が不満として、教師採点評価のサイトSpickmich(シュピック・ミッヒ)を相手取り、連邦裁判所(カールスルーエ)に訴訟を起こした。

詳細は、昨年メディア・サボールに寄稿したものをごらんいただきたい。

.......................................................

2008/02/15

生徒による教師評価サイト:Spickmich(スピックミッヒ)が訴訟沙汰で知名度急上昇

 ドイツの生徒達が担当教師を採点評価し、その内容を誰でも閲覧できるサイト、http://www.spickmich.de(ス ピックミッヒ:カンニングやのぞき見の意)が教師や生徒の間で話題になっている。賛辞だけではなく多くの批判が書き込まれており、自分の子供から聞く教師 の情報だけでなく、他の生徒達の意見もわかるとあって親達にも評判がいい。教師達は、よりよい授業内容にしていきたいと意気込む賛成派や、評価の悪さに憤 慨する反対派など反応も実に様々である。

 スピックミッヒは、2007年1月大学生3人が立ち上げたサイト。開設者の1人ケラーさんによると、スピックミッヒは、大学生が教授たちを評価するサイト、http://www.meinprof.de(私の教授)から思いついたアイデアとのこと。評価書き込みの中心は10歳から19歳までの生徒達で、サイト内の評価閲覧は登録すると誰でも可能だ。 

 教師の評価項目は、セクシー、生徒間での人気度、授業内容、人格、授業中の雰囲気、試験やテストの難易度、公平な成績評価などが上がっており、 1から6の評価を書き込む。評価された点数を加算し、項目数で割った平均値が最終評価点となる。これは生徒の成績表と同じで、1の優から始まって6は落第 点となる。また教師評価トップ10あるいはワースト10のほか、15万人以上の教師の評価が閲覧(のぞき見)できる。

 昨年11月、ドイツ北西部ノルトライン・ヴェストファーレン州の女性教師が、スピックミッヒ開設者3人を相手取って訴訟を起こした。この教師 は、サイト内での悪評価に激怒し人権侵害もはなはだしいと、法の力を借りて自身の名誉挽回を図った。世論に話題を投げかけたこの裁判、言論の自由と言う理 由で女性教師の訴えはあっけなく却下された。

 その後、スピックミッヒの知名度が急上昇したのはいうまでもない。週末や生徒に成績表が渡される時期になると、一時的に入力が出来ないほどの人気ぶりである。(ドイツでは年2回成績表が渡される。半期成績表は1月下旬から2月の上旬、年間成績表は夏休み前。)

 上記評価表の女性教師担当科目は、生物とドイツ語。教師の名前(ここでは伏せてある)、勤務学校名、総合評価点が明記されており、評価した生徒数は42名。1,8はかなりいい評価である。
 ネット評価賛成派教師は、60%を占め「生徒の評価を授業内容に反映できる。教師も成績表を貰うことで自分自身を高めていく指針になる」と向上心 も旺盛。40%の反対派教師は、「生徒の成績は個人を尊重し、他人の前では公表しない。一方教師の評価は、ネット上誰でも閲覧可能で、まったくもって不愉 快である。」と不満をぶちまける。また「評価や成績に問題があると思っている生徒は、直接教師に相談にくればいい。何も問題をおおやけにする必要はない」 と言う教師。更にネット評価は匿名で書き込むため、フィードバックができない。これが、教師にとっては許せない。

 生徒側の意見は、「教師に面と向かっていえない賛辞や批判が書き込める。教師に対して自分と同じ意見を持っている生徒がたくさんいることで安心 する。生徒間のつながりがもてるようになった」などである。また「評価が公平でない教師、ひいきの生徒には点数が甘い教師、自分を正当化し生徒の訴えに聞 く耳を持たない教師」など普段の教師の様子が反映されて評価採点となる。

 このサイトを利用する生徒達は、批判はするものの意外にざっくばらんであっけらかんとしている。評価の書き込み後は、不満のある教師に対してもこだわりを持っていない。こだわりを持つのはかえって教師の方で、評価が気になって冷静になれないようだ。

 教師も以前は生徒だったことを振り返ってほしい。その昔、教師評価サイトがあったとしたら、当時の生徒達は、教師に何を望みどんな評価を書き込んだのだろうか。

以上
メディアサボール

........................................................................

このときは地方裁判所が取り扱った訴訟だったが、今回は連邦裁判所であった。
「シュピック・ミッヒは、教師評価のサイト公開前にさらなる厳重な監視を」という忠告をうけたが、結果は、前回と同じく女性教師の訴えは却下された。

ひとつ私が気になったのは、2回とも女性教師が訴訟を起こしていること。そしてドイツ語の教師であること。

これって偶然?それとも何か、理由があるのかな?

シュピック・ミッヒによると、百万人の生徒がサイトに登録しており、約45万人の教師を採点評価、約3万3千校が評価に参加しているという。
[PR]
by foodwatcher | 2009-06-28 19:37 | 仕事
ドイツで生活している日本人にとって、情報誌として人気のある「ドイツニュースダイジェスト」
ご縁があって、同誌のパノラマコーナーに寄稿をすることになりました。

以前の記事をたどってみると、なかなか面白い内容がぎっしり。
芸能関係(あまり得意では無い分野)もあり、タブロイド版という感もします。
隔週に、2本ずづ公開されます。
お楽しみに!

テディベアは、こうして生まれた
22 Mai 2009 Nr.766

ドイツの有名なぬいぐるみといえば、シュタイフ社のテディベア。その生みの親であるマルガレーテ・シュタイフが病死してから今年5月で100年が経った。

「ボタン・イン・イヤー(Knopf im Ohr)」のトレードマークを持つこのくまのぬいぐるみは、実は意外な経緯から誕生した。1歳半で小児麻痺を患ったマルガレーテは、生涯車椅子の生活を強いられることに。

しかし15歳から洋裁を習い始め、ある時クリスマスプレゼントとして作ったゾウの針刺しが親戚の子どもたちに大好評、これが動物のぬいぐるみを縫うきっかけとなった。

そしてその後、甥のリヒャルトがライプツィヒのおもちゃ見本市で展示したテディベアが大ブレイクしたのだ。ちなみにテディベアの名前の由来は、第26代米大統領テオドア・ルーズベルトの愛称「テディ」とか。


65年前のフラッシェンポストの中身は?
22 Mai 2009 Nr.766

旧ナチス・ドイツのアウシュヴィッツ強制収容所の近くでこのたび、65年前の手紙が発見された。

7人の名前、収容所の住所、6桁の収容者番号、1944年9 月20日の日付が記載された紙切れは、ポーランド南部にある同収容所跡の隣の建物の壁から作業員が工事中に見つけたもの。

第2次世界大戦中に生きた収容者としての存在を何らかの形で残そうとした彼らの思いが、今ようやく日の目をみることになった。当時10代後半であった7人の収容者のうち、現在生存しているのは4人のみ。

その中で唯一のユダヤ人女性は、「まさか発見されるとは思いもしなかった。過去の精霊が私たちの思いを呼び起こしたようなもの。これが気概と絶望の間で過ごした収容者たちの惨事を振り返るきっかけとなれば本望」と感慨の様子だったそう。
[PR]
by foodwatcher | 2009-05-25 19:17 | 仕事