タグ:グルメ ( 24 ) タグの人気記事


先日新聞に載っていた面白い記事を紹介します。

「世界で一番高価なソーセージ」と、オリジナルブラートヴルストソーセージを自慢するのは
ヘッセン州でお肉やを経営する食肉マイスターデユーク・ルードヴィッヒさん。

日本では神戸牛を用いたソーセージやハンバークは改めて紹介するまでもない一品だが、
海外で神戸牛と聞くと超一流品で高価なことからその話題性も大きいです。

部位により異なりますが、1キロ300から500ユーロするといわれる神戸牛は、
一般庶民の口に入ることがめったにないエキゾチックな食材です。
神戸牛という名前を知らないドイツ人もたくさんいるのでしょう。

さて、ルードヴィッヒさんの話しに戻りましょう。

通常ブラートヴルストは仔牛肉、豚肉、牛肉が主材料ですが、
ルードヴィッヒさんのオリジナルソーセージは神戸牛を100%使って作ったもの。
価格は1本(40グラムほど)で30ユーロから35ユーロといい、
いまドイツで大きな話題を集めてます。

40グラムというと、小ぶりのニュルンベルクソーセージ1本を想像していただければいいでしょうか。

神戸牛を使ってソーセージを作って欲しいというミッションは、ある高級レストランからの依頼だったそうです。

「何度も断りました。業界仲間や家族にそんなの作れるはずがない、まずいに決まっている」などといわれて、尻ごみしていたそうだ。

それでも熱心な依頼に根負けして依頼を受けることにした。

6キロの神戸牛とチーフチェフのレシピーがルードヴィッヒさんの元に届いた。
そのうち3キロをチーフシェフのレシピーを用いて、
残りの3キロを自身のレシピーでソーセージを作ってみたそうです。

「完成品をロンドンのレストランシェフに送る前に、私と妻が試食したところ、とってもまずかった!
結局、ルードヴィッヒさんのオリジナルレシピーで作ったソーセージに軍配が上がりました」と、
ルードヴィッヒさんは笑いながら語りました。

その後、レストランからのゴーサインがでて、世界一高いソーセージの出来上がりです。
通常ブラートヴルストは仔牛肉、豚肉、牛肉が主材料だが、ルードヴィッヒさんのオリジナルソーセージは神戸牛を100%使って作ったもの。
こうして、私のレシピーを用いた神戸牛ソーセージが出来上がったのです。

ソーセージに使う香料は秘密ですが、塩、コショウ、そして依頼主から届いた甘藷糖
(サトウキビの茎部部を搾った汁から作った砂糖)が主だそう。

ただし普通のソーセージと違う点は、極力香料を少なくしたこと。
それにより、神戸牛の旨みを充分引き出し、その味を堪能してもらいたいからという事です。

そして、一般ソーセージはケチャップや洋からしと共に食しますが、
この神戸牛ソーセージは、キッチンシェフの考案したソースと共に食するそうです。

依頼主の高級レストランはチェーン店を持ち、現在神戸牛ソーセージはロンドン、ニューヨーク、
そしてラスベガスで食することができるようです。

完成した神戸牛ソーセージは冷凍にして搬送しているとのこと。

「普通は新鮮なうちにグリルやフライパンで焼いて食するのがベスト。
だが、神戸牛ソーセージは、距離的な問題もあり冷凍にしているのです。
冷凍であっても、味には全く影響なく、美味しいです」と、ルードヴィッヒさん。

「ドイツデソーセージといえば、ファーストフード的なイメージ。

カレーヴルスト(焼きソーセージにケチャップとカレー粉をまぶしたシンプルなソーセージ)、
地方色豊かなテューリンガーソーセージ、フランクフルター、ニュルンベルガー、
午前中に食するミュンヘンの白ソーセージなど立ち食い屋台やレストラン、ビアホールと
大衆が口に出来る一品です。

神戸牛ソーセージは、神戸牛を使ったメニューの前菜として提供されているとのことです。

例えばロンドンのレストランでは、神戸牛メニューは1000ポンドと聞いています。(10月13日現在1ポンド184円、18万4千円)


ルードヴィッヒさんの経営する店頭での販売はしていない。

「受託商品だからです。神戸牛はロンドンから搬送されてきたものを加工してソーセージを作ります。
そのため、店頭販売やオンラインで顧客に提供出来ないのです」

「他のソーセージと異なり、大量生産品でもありません。仮に店で提供したとしても、
高価なため売れ残りも出てしまうに違いありませんし、そうなったらせっかくの神戸牛が勿体ない。
高級レストランから発注があると、神戸牛が送られてきます。その後、ソーセージをつくり始めます」
という、ルードヴィッヒさんです。
[PR]
by foodwatcher | 2015-10-14 19:52 | 食の話
先日の鈴鹿サーキットF1レース、今回も見事にフェッテルが勝ちましたね!

さて、以前Yahoo News 個人
F1最今日レーサー「セバスチャン・フェッテル」の故郷がドイツのボリウッドに!で紹介した、彼の生まれ故郷ヘッペンハイム(Heppenheim)を訪ねました。

もう1ヶ月ほど前のことですが、晴天に恵まれた9月のある日曜日でした。

e0166187_16242950.jpg


8月後半から、もう秋を通り越して冬突入なのではと思うくらい寒い日が続きましたが、
この日曜日は、久しぶりの晴天に恵まれました。

それでは、ちょっと気分転換も兼ねてドライブという事になり、我が家から車で30分ほど離れたヘッペンハイムに決定です。


e0166187_1626373.jpg


ここが映画のシーンに使われたマルクト広場。

Yahoo News公開記事用に提供していただいた写真を見る限りでは、
この広場は大きな印象を受けたが、実際はこじんまりとしてました。

でも、木組みの街並みは、表現できないほどロマンチックで素敵でした。
長年、ドイツに住んでいる私でさえ、感激したほどです。

e0166187_16274022.jpg


広場から眺めたワイン畑です。急な斜面にブドウ畑が見えます。

日曜日の朝はゆっくりしていたため、ヘッペンハイムに到着したのがお昼時間。
ドイツではお昼時間を逃すと、レストランは14時半頃から閉店する店も多いので、
早速、マルクト広場のあるレストランへ。
e0166187_16295461.jpg


ちょっと逆光になったみたいで、上手く撮れませんでしたが、先ずビールで乾杯!
連れ合いは水を飲んでました。帰宅時に車のドライブが待ってます。

注文した料理は秋ならではの鹿肉ジビエ。
実は、この料理は連れ合いが注文した品。私はあまりジビエが好きではないので。

e0166187_16331656.jpg


食べた感想を聞いてみると、今まで国内で食した鹿肉の中で最高の味と絶賛。
それなら私も!と一口食べてみると、臭みもなく高級牛肉のヒレ肉といわれても
わからないくらい、柔らかで癖もなくとろける味でした。

お肉のつけ合わせとしてでてきたのがシュップヌーデルです。
こちらも、もちもちして美味でした。
さらにサワークラウトも添えられてあったのですが、
なんと、クラウトの上にはとろけるチーズがのっかっていました。

サワークラウトとチーズの組み合わせは、ちょっと意外。
でも、サワークラウトのキッシュを作るときは、やっぱりチーズを
使うので、珍しくないのかも。

食後は、街中を散歩。
フェッテルファンのユニークな鉄道ミニチュアを見つけました。

e0166187_16403173.jpg


ゆっくり散歩をしていたら、天候が怪しくなったので、ヘッペンハイム近郊にある
世界遺産ロルシュの修道院とアルテンミュンスター訪問は次回の楽しみにして、帰宅。
[PR]
by foodwatcher | 2013-10-17 16:58 |
また、やってきました。
ラズベリーとイチジクの収穫が毎日続きます。

ありがたいことに、我が家の庭にはこの時期になると
たくさん自然の恵みがたわわに実ります。

採りたて新鮮なイチジクやラズベリーは食べきれないので、ジャムとして冬の間楽しみます。

イチジクはあえて大きめに切りました。パンにのせた時、ガブッといけます。
e0166187_2321111.jpg


e0166187_23204264.jpg

果物を小さく切って、鍋に砂糖と一緒に4,5時間ほど置きます。
砂糖がしみこんだら煮込みます。沸騰してから3,4分ほど煮ます。
ふきこぼれないように気をつけて下さい。

ラズベリーはいつも最初に底をついてしまうジャムです。

e0166187_23344294.jpg


毎朝、朝食の時間が楽しみです。

e0166187_23191472.jpg


ラズベリーは毎日たくさん収穫できるため、一部は冷凍にしておきます。
昨年、イチジクを冷凍してみたけど、これは解凍すると美味しくなかった・・・・
新鮮なうちにバニラアイスと一緒に食べるのが我が家の定番です。

e0166187_23182963.jpg


同じくラズベリーもバニラアイスに添えてデザートの出来上がりです。
冷凍ラズベリーをお鍋に入れて、バニラシュガーを一袋ふりかけて、火が通ったら完成です。
アイスの横にサッと添えます。毎回、ゲストにも人気のデザートです。

e0166187_2325483.jpg


出来上がったジャムは、コーヒータイムや夕食に招待された時のプレゼントとしても
大変重宝してます。
[PR]
by foodwatcher | 2013-09-11 23:46 | 我が家の食
オバマ大統領の晩餐会で供されたワインを聞きつけ、
早速取材しました。

Yahoo 個人ニュース・記事公開です。

オバマ米大統領訪独の晩餐会で注目されたプファルツ産ワイン「KAITUI」


今回は残念ながらマルクスさんに会うことはできませんでしたが、
2週間後にもう一度取材に出向く予定です。

ワイン試飲後、あれもこれもと欲張ってシュナイダーワインを買ってしまった!
美味しさにつられて、車のトランクも一杯になりました。

次回訪問した時に、果たしてこのワインKaitui2012の入手が出来るかどうかは
不明のため、1ダース買いました。

その他にも、リースリング、ロゼなどなどを購入。家で飲むのが楽しみです!

シュナイダーワイン・・・・爆発的な人気の予感がします。
[PR]
by foodwatcher | 2013-06-25 20:05 | 食の話

先日お知らせした世界最大のワイン祭りが無事終了しました。

今年は訪問客がなんと68万5千人にも上り、過去最高だったとか。
参考までに、例年は60万人ほどです。

e0166187_16285122.jpg

ちょっと触ってみたくなるような髭を生やしたおじさんグループもいました

やっぱり晴天に恵まれたことがこの数字に繋がったようです。
そういえば、この22日よりミュンヘンのオクトーバーフェストが開催されます。

ビールにちなんだ情報をまたお伝えします。
[PR]
by foodwatcher | 2012-09-20 16:31 | 生活情報袋

今ドイツは秋晴れの日が続いています。
仕事から離れて、外出したい気分の毎日です。
さて、今週末はどこにいこうかな・・・・
やはりワイン祭りです!

ドイツの9月といえば、ぶどうの収穫期。初夏から秋にかけて、
200以上開催されるワイン祭りもこの頃に最盛期となります。

中でも世界最大のワイン祭りといわれる「ヴルストマルクト」(Wurstmarkt・ソーセージ市)は、
毎年世界各国から60万人以上の客が訪れる大イベント。

e0166187_18394364.jpg


会場は、ラインランド・プファルツ州都マインツより南に車で
約1時間のワイン街道上にある小さな街バード・デュルクハイム(Bad Durkheim)。

ここは、湯治や療養のために全国から保養者が集まる、
豊かな自然に囲まれた静かな温泉の街でもあります。

ワイン祭りなのに、「ソーセージ市」とよばれる理由は、
600年ほど前に州立浴場で巡礼者のために開催されたソーセージと
ワインのマルクト「聖ミヒャエル市」を立てたのが始まりだそうです。

このマルクトでは、膨大な量のソーセージが消費された事から「ソーセージ市」と改名され、
今もその名が残されているとのことです。

e0166187_1843262.jpg


このワイン祭りは、200以上の試飲が出来る祭典というだけではなく、
醸造元のワイン樽を空にすることも重要な目的なのをご存知でしたか?

今秋収穫されたぶどうで作る新種ワインの収納スペースを確保すると言う実益も兼ねているのです。

e0166187_1843465.jpg


これは、170万リットルのワインが入っていたワイン樽です。
現在はレストランとして使われていて、内部はこんな感じです。

e0166187_18444275.jpg


9日間に及ぶこの祭りの会場には、36の歴史的なワインスタンドを始め、多数の飲食店がお目見えする。
移動遊園地やアトラクションも設置され、大人も子供も楽しめる秋の祭典のひとつです。

画像は、以前撮ったものですが、毎年同じ位置に同じスタンドやイベントテントが設置されます。
今年は、新アトラクションが3つも追加されたとか。

あまりにも多くの人が来るのでそれだけでも疲れてしまうのを懸念している私ですが、
久しぶりに出向いてみたい気もしてます。
[PR]
by foodwatcher | 2012-09-07 18:51 | 生活情報袋

本日26日午後17時30分頃より、NHK地球ラジオで
クッキング(ドイツ風牛肉まき)を紹介します。

e0166187_1764276.jpg


お時間ある方、興味のある方、どうぞラジオの
スイッチをオンしてみてくださいね。
[PR]
by foodwatcher | 2012-05-26 17:07 | 仕事
またまたお知らせです。
明日5月5日NHK 地球ラジオのワールドクッキング
ドイツよりローゼンクーヘンを紹介します。
日本時間の17時30分からオンエアです。

e0166187_1827566.jpg


ケーキつくりは、子供たちが大学生になり家を出てからは
あまり焼く機会も少なくなりましたが、やはり手作りは美味しい!
の一言に尽きます。

イースト菌を使ったケーキ類は、一般のケーキより
カロリーも少なめのため、減量中の方にもお勧めです。
というわけで、我が家でも、ケーキ好きの夫のために
イースト菌を使ったケーキをよく焼きます。
この意味、お分かりですよね!!!

食べきれないケーキは、地下にある大型冷凍庫で保存します。
そして、忘れていた頃に発見したケーキをまた食するというこのごろです。
[PR]
by foodwatcher | 2012-05-04 18:30 | 食の話

日本通運ペリカン欧州版2月号(2012年)の一部抜粋です。

隣国フランスほど種類が多くありませんが、
ドイツでもチーズはたくさん生産されています。

ニュルンベルクのチーズ店を紹介しました。


e0166187_1715825.jpg

©Feinkost Langer
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この店の特徴は、18世紀に造られた砂岩地下室でチーズやワインを
熟成させてから販売するというこだわり。

店主ランガーさんはこの地下室でチーズ表皮に果物から出来た蒸留酒を
何度も刷りこみ熟成度を高めたり、空気中の雑菌繁殖を防ぐために表皮に
ブラシをかけたりと、チーズの熟成工程に手間をかけて深い風味のある
チーズ管理に努めている。

そしてチーズを通して客と対話するのがなによりも楽しみという。
ここでは、国内屈指のチーズ生産地アルゴイ地方のエメンタールや
ティルシッターなど地元生産品を主に提供。

空気の澄み切ったアルプスの牧草地で夏を過ごした牛から採れる生乳を
用いたチーズは、複雑な味わいがあって旨みがたっぷりという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チーズは、脂肪が多いので肥満の原因になるのでは?と
思いがちですよね。でも、ほどほどに食べれば、チーズは、
ケーキより脂肪摂取は少ないとか。

また、女性は、カルシウム不足になりやすいので、
オードブルやスナックとしてチーズを食してほしいと
店主の言葉でした。
[PR]
by foodwatcher | 2012-04-26 17:22 | 食の話
大学生の息子の誕生日プレゼントにこんな品を買いました!
これなんだかわかりますか????

e0166187_1852035.jpg


そうです。チョコで出来た女性と、なんと!ムチと手錠なんです。
ジョークが好きなドイツでは、こんなユニークなものを売っているんですよ。
店員さんに聞くと、誕生日やちょっとしたプレゼントに大人気とか。

そうですよね、ドイツ人へのプレゼントといったら本や花が定番だけど、こんな品も喜ばれているみたいです。

見てうれしい、食べてうれしい一品ですものね。

ちなみに娘には、男性のボディとイチゴ、生クリームの入っているチョコを以前プレゼントしました。

品物より、何より、このチョコの包装を開けたときの、子供たちのびっくり、大笑いの顔が見たくて買ったのです。

クリスマスプレゼント用にも色々ありましたが、夫に買おうかどうしようか・・・迷っているところです。

まだ気が早いけど、こんなチョコレートをバレンタインにプレゼントするのもいいかもしれませんね。
[PR]
by foodwatcher | 2011-11-10 19:01 | 生活情報袋