<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


確か今週水曜日の朝刊だったと思う。
ドイツのF1ドライバー・セバスチャン・フェッテルの彼女が
妊娠5ヶ月というニュースが載ってました。

セバスチャンの彼女は、ほとんど公の場に出ません。

彼の希望もあって、公私をきっぱり区別したいということで、
彼女に関する情報があまりありませんが、ギムナジウム(日本の高校に匹敵)で
知り合ったそうです。

彼女ハナさんが妊娠したことで、結婚も真近?という話で持ちきりです。

私はF1ファンではありませんが、セバスチャンという人間が大好きで
彼のファンになりました。

優勝するたびにインタビューで、彼は両親への感謝の気持ちを表しています。

彼の両親は子どもが4人います。決して経済的にも余裕があったわけではなかったけれど、
セバスチャンの願いを聞いて、両親はお金の工面もし、週末といえば、
カート練習をサポート、レースであちこちに出かけ、多大な時間を割いてくれたそうです。

そんな甲斐あって、彼は今や世界一のドライバーとなりました。

セバスチャンは、常に両親を尊敬し、自分の原点を忘れることはありません。

「優勝金で両親に何かプレゼントしますか?それとも金銭的な援助を?」というような、
どうでもいいメディアの質問に対し、

彼は「お金うんぬんという話ではない。自分が今ここにいることが出来るのは両親の支援があってのこと。
そんな両親に自分のできる限りのことをしたい」と。

そしてレースが終わると両親に会いに行くそうです。

なんと心温まるお話でしょうか。毎回、彼のインタビューをニュースで聞くたびに感激してます。
私が二人の母親ということもあるのでしょうが、やはりぐっと来てしまいます。

でも、セバスチャンのおごることなく、地に足のついた人柄に感動しているのは、
私だけではないと思います。
[PR]
by foodwatcher | 2013-12-14 20:44 | 生活情報袋

先週後半から北欧を襲っていた暴風でハンブルクのエルベ川沿いでは、
洪水が高さ6メートルに達し、フィッシュマルクトが浸水しました。

ドイツ北部各地で倒れた木が線路をふさぎ、鉄道のダイヤは大幅に乱れ、
足止めを食った人達もたくさんいたとのことです。

ある観光客は、帰国できなくなったので、ハンブルクをもう少し満喫しますと楽観的な回答を。
でもビジネスでハンブルク周辺を訪れている人はそんな悠長な返事も出来なかったでしょう。

その直前までTV番組ロケで取材班とハンブルクに滞在していた私ですが、
ロケは12月にという声も挙がっていたので、ぞっとしました。

もしかしたら訪独されても、撮影が全く出来なかったかもしれない・・・危機寸前でした!

ちなみに、番組公開は年明け1月に。直前になったら、またお知らせします。

ハンブルクでは学校の多くが休校となり、クリスマス市の露店は営業を中止。
また、ベルリンの大統領府前の高さ13メートルの巨大クリスマスツリーが
倒れたという情報も入っています。

e0166187_17481187.jpg

画像はハンブルク駅構内にて。ここしばらくロケの準備に追われていて、今年はクリスマスを
考える暇がなかった。

普段は11月になったら焼きはじめるクリスマスクッキーは、まだひとつも焼いていない・・・。
恒例のシュトレンもまだです・・・・

でも食べるものはあふれるほどあるので、あせって焼く必要もないと開き直り。

毎年クッキーもたくさん作り、1月後半まで食べきれずにいるので、今年は
夫に低カロリークッキーと子ども達の好きなクッキーを1品づつ作ることにしました。

ロケから返り、疲れきっている私を思って、外に食べに行こうという夫がレストランに
テーブル予約を入れると、「一杯です」とのこと。

そうか、クリスマスの季節到来でどこも一杯のようです。まあ、直前に予約を入れて
席がとれるというのもありえないとはわかっていたものの、ちょっとがっかり。

e0166187_17495593.jpg


諦めて家にあるもので何とか用意。やはり我が家のご飯はおいしい!
豚ヒレ肉とカラフルなシュペッツレパスタ、サラダ、そして美味しいワインで幸せ!
[PR]
by foodwatcher | 2013-12-09 17:59 | 仕事