<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

先日の鈴鹿サーキットF1レース、今回も見事にフェッテルが勝ちましたね!

さて、以前Yahoo News 個人
F1最今日レーサー「セバスチャン・フェッテル」の故郷がドイツのボリウッドに!で紹介した、彼の生まれ故郷ヘッペンハイム(Heppenheim)を訪ねました。

もう1ヶ月ほど前のことですが、晴天に恵まれた9月のある日曜日でした。

e0166187_16242950.jpg


8月後半から、もう秋を通り越して冬突入なのではと思うくらい寒い日が続きましたが、
この日曜日は、久しぶりの晴天に恵まれました。

それでは、ちょっと気分転換も兼ねてドライブという事になり、我が家から車で30分ほど離れたヘッペンハイムに決定です。


e0166187_1626373.jpg


ここが映画のシーンに使われたマルクト広場。

Yahoo News公開記事用に提供していただいた写真を見る限りでは、
この広場は大きな印象を受けたが、実際はこじんまりとしてました。

でも、木組みの街並みは、表現できないほどロマンチックで素敵でした。
長年、ドイツに住んでいる私でさえ、感激したほどです。

e0166187_16274022.jpg


広場から眺めたワイン畑です。急な斜面にブドウ畑が見えます。

日曜日の朝はゆっくりしていたため、ヘッペンハイムに到着したのがお昼時間。
ドイツではお昼時間を逃すと、レストランは14時半頃から閉店する店も多いので、
早速、マルクト広場のあるレストランへ。
e0166187_16295461.jpg


ちょっと逆光になったみたいで、上手く撮れませんでしたが、先ずビールで乾杯!
連れ合いは水を飲んでました。帰宅時に車のドライブが待ってます。

注文した料理は秋ならではの鹿肉ジビエ。
実は、この料理は連れ合いが注文した品。私はあまりジビエが好きではないので。

e0166187_16331656.jpg


食べた感想を聞いてみると、今まで国内で食した鹿肉の中で最高の味と絶賛。
それなら私も!と一口食べてみると、臭みもなく高級牛肉のヒレ肉といわれても
わからないくらい、柔らかで癖もなくとろける味でした。

お肉のつけ合わせとしてでてきたのがシュップヌーデルです。
こちらも、もちもちして美味でした。
さらにサワークラウトも添えられてあったのですが、
なんと、クラウトの上にはとろけるチーズがのっかっていました。

サワークラウトとチーズの組み合わせは、ちょっと意外。
でも、サワークラウトのキッシュを作るときは、やっぱりチーズを
使うので、珍しくないのかも。

食後は、街中を散歩。
フェッテルファンのユニークな鉄道ミニチュアを見つけました。

e0166187_16403173.jpg


ゆっくり散歩をしていたら、天候が怪しくなったので、ヘッペンハイム近郊にある
世界遺産ロルシュの修道院とアルテンミュンスター訪問は次回の楽しみにして、帰宅。
[PR]
by foodwatcher | 2013-10-17 16:58 |
先日、記事公開になりました素朴であったかい、ドイツおふくろの味
お時間あれば、是非目を通してくださいね。

この記事で、料理の画像がたくさんありすぎて公開にならなかったものや、
掲載できなかった料理についてほんの少しおすそ分けです。

e0166187_18272239.jpg

ドイツ家庭で一番人気のあるスパゲッティ。大きなお皿に盛ると、見た目もぐっとよくなり、
美味しそうに見えるから不思議。この白い大きなお皿は、ゲストに供する料理にも
よく使いますが、食卓を盛り上げるのにとても助かっています。

イタリア料理は、ピザやラザニエも人気です。陸続きの欧州では隣国との行き来も簡単。
そのため旅行先で食した美味しい料理を自宅にもどってから、再現するのも楽しみのひとつです。

かってイタリアから職を求めてドイツにやってきた外国人労働者の影響もあるのでしょう。

e0166187_18274894.jpg

ハンバークって言うと、誰でもすぐ理解できるけど、ドイツではこんな呼び方があります。
ブレッテ(ベルリンや東部ドイツ)、フリカデレ(ハンブルク、ケルンなど北西部)、
フライシュクーヒュレ(南ドイツ)、ハックステーキやハックブラーテンなどという風に。

同じ料理でも、様々な呼び名があって、自分の住んでいる州以外で、メニューをみても
理解できない料理があります。

e0166187_1828156.jpg


こちらは、シュップヌーデルで作ったデザートです。
シュップヌーデルは、市販品が簡単に入手できるので大変便利。

e0166187_18485650.jpg


一度に一袋を使いきれない場合は、残りを冷凍にしたり、デザートに活用できます。

それにしても、料理を食べるのは簡単だけど、作るのはまた別のお話。
主婦、母親として、料理に使うお皿もやっぱり色々買い込みたくなります。

でも、子ども達が自活してからは、お皿を買い足したりすることもなくなりました。

今回の記事で、出来上がった料理は、それを乗っけるお皿も大変重要な脇役と
改めてひしひしと実感しました。

素敵なお皿収集の楽しみ、再開することにしました。
[PR]
by foodwatcher | 2013-10-13 19:01