<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


Japan Business Press から久しぶりの公開記事です。

医師不足が起こした悲劇?
ドクターフランケンシュタインの医療ミスで震撼するドイツ

この原稿を書き終わった時点では情報が錯綜していて、
いったいこの先どうなるんだろうと思っていました。
色々あるのだけれど、それはまたの機会に。

話変わって、昨年末から平衡感覚の失調でふらふらが
続いてました。

ホームドクターから平衡感覚うんぬんという診断を受けたのですが、
やはり気になったので、耳鼻科で徹底的にあらゆるテストを
してもらいました。

そして、先週末に出てきた結論は、

「平衡感覚には全く問題ありませんよ!」ということでした。

その報告に喜んだものの、なんだかホームドクターが信用できなくなった・・・・
彼は私の説明した話から、平衡感覚を持ち出したのだろうけど、
どう解釈したらいいのだろうか。

もう20年以上もお付き合いしているホームドクター。
彼の家族とは子供の年齢も似たようなもので、子供を通しての付き合いや
病気の時も本当にお世話になっている。

でも、フランケンシュタインの記事ではないけど、別の専門家の意見を聞くのは
本当に大切とつくづく思った。

ホームドクターの出した処方箋で買い込んだ薬は、
女の直感で2錠服用しただけでした。ふらふらがなおるまで
服用するように言われたけど、やめておいて本当よかった・・・。

実は、その薬を買う時に、いつも行く薬局の経営者である友人
薬剤師の様子が、いつもと違ってた。

おかしいな・・という空気を察した私は、その場で色々質問するのをやめた。

薬剤師の彼女も、その薬の名を聞くのははじめて、販売するのもはじめてと
私は理解したが、医師が出した処方箋に薬剤師はやはり口は出せない!

薬を手に入れてから説明書を読むと、さらにいやな予感が・・・・

でも、苦しい時の神頼みではないけど、病気で体が弱っているときは、
医師の言葉は以外と簡単に信じてしまうのも事実だろう。

最終的に私が悩んでいたふらふらの原因は、背中の痛みや
頚椎症と関係があるようだ。

ふらふらは、脊椎骨からきている・・・・これは、耳鼻科ドクターも言った言葉だった。

後日、友人の薬剤師と話す機会があって、
私は、「前回の薬、2錠服用したら、胃が痛くなったので服用やめた」と報告。

胃が痛くなったのは気のせいかもしれなかったけど、話をどう切り出したらいいか
迷っていた時のとっさの返答だった。

そして彼女曰く、「そうね、服用やめといてよかったね。気分の持ちようでも
ずいぶん症状は変わるし、適度に体を動かすことで回復することもあるし・・・」

ふらふらの原因が判明してから、私は、しばらく休んでいたアエロビックス上級クラスでまた汗かいてます!
[PR]
by foodwatcher | 2013-01-30 21:04 | 仕事

少し前のお話ですが、
朝日新聞出版のAERA誌 にて、シュピールベルク氏インタビュー記事が
公開となりました。

日本の底力と題した中では、外国人の声が世界各国から
予定していた以上にたくさん集まったため、本当に小さな記事となりました。

e0166187_2015573.jpg


いつ取材のお願いをしても、心よく受けてくださるシュピールベルク氏に
感謝です!

シュピールベルク氏をご存知ない方に少しお伝えしますと、
2011年3月11日に日本旅行中に津波に飲まれたドイツ人家族として
一躍脚光を浴びることになった方々です。

そういえば、昨年の今頃は、あるテレビ番組のコーディネーターとして奔走してました。
同氏へのインタビュー取材が手紙を書いてお願いしたことからやっと可能となり、
デュッセルドルフへ出向き取材する準備で追われてました。

この番組をきっかけとして、ドイツ側TV局の方々とも知り合いになることができました。
この出会いを大切にしたいと思ってます。

3.11からまもなく2年が過ぎようとしている。
[PR]
by foodwatcher | 2013-01-30 20:24 | 仕事

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年も2週間過ぎてしまいました。

クリスマスから今まで、しばらく自宅で休養していました。
なぜかというと、昨年末からちょっと体調を崩してしまったからです。

ことのはじまりは、週末以外、毎日通っているスポーツジムで起きたあることから。
一番お気に入りのコース、ステップアエロビックス上級クラスで、
私は、思いもよらず倒れてしまったのです。

ちなみに、このコースは1時間あり、振り付けも毎週違ううえ、ステップの周りを
ぐるぐる入ったり来たりと集中力と体力が必要なかなり激しいスポーツです。

まあ、それが面白くて気分転換になり、毎週火曜日を楽しみにしているのですが。。。

私がふらふらして倒れそうになった場所に、運よく男性の参加者がいて
私を受け止めてくれたので、怪我もなく大事に至りませんでした。

余談ですけど、彼は私の日本語コースの生徒さん。
生徒さんといっても、40代の男性で、
一緒におすしを食べに行ったりしている仲間です。

このふらふらは、またいつもの低血圧からだろうと思っていたのが
その後、何日たってもめまいが回復しないので、医師のもとへ。
PCで仕事をしていると、非常に気分が悪くなるので、困った困った・・・

結果は、平衡感覚の不調ということです。
原因はストレスからくるという、耳鼻科の病気のようです。
2週間安静してくださいということで、
ゆっくりゆっくり過ごすことを命じられたのです。

クリスマスには、大学生の子供たちも自宅に戻りました。
なんと息子もストレスから耳鳴りがして、調子が悪いというのです。

しばらく様子をみたところ、彼の耳鳴りも一向によくならず、
そのうち炎症を起こしてしまった・・・
クリスマス休暇中に大学病院へ行くことになりました。

彼によると、大学では昼食時間が15分という日が何日もあったり、
患者を診察したり、夜からのセミナーがあったりで、
大変なスケジュールの毎日だったとのこと。
もちろん、試験もちょくちょくあるので、勉強もせねばならずで
いやはや、お疲れ様です。

まあ、それが今の彼のやるべきことなので、がんばってくださいね。
親としては、内心かなり心配ですが、冷静に見守ることにしています。

息子も私も耳が原因で、苦しんだ年末年始でした。
いずれにしても、健康第一ということを改めて思い知らされました。

私はようやく、少しづつ何事にも対してやる気がまた出てきたという
ところです。
[PR]