<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Excite Bit 投稿コネタ 最新お題投稿!

ついになでしこジャパンが優勝した。

ドイツのメディアでも大きくとりあげられ、日本チームのプレイの質の高さには絶賛の声が上がっている。
スペイン・バルセロナチームに匹敵するほどのパス回しの速さにも注目が集まった。

選手の体格やどこの国出身などは関係なく、とにかくチーム一丸となって諦めず、しかも冷静に
試合を進めていったなでしこの力には感服です。

日本チームのドイツでの評判では、17日のNHK地球アゴラでも紹介しました。
こちらをどうぞ

フランクフルトで開催された決勝戦には、アンゲラ・メルケル首相をはじめ政界からも幾人か観戦していた。ドイツチームのナショナルトレーナー・シルビア・ナイド女史やドイツ女子選手も観客席に見られた。

特にほほえましかったのは、日本が得点を得るたびに、ナイド女史やドイツ人選手が立ち上がって拍手をして喜んでいる光景を目にしたときだった。ドイツに住んでいる日本人の一人としてこの光景はやはりうれしかった。

とはいうものの、準準決勝で、ドイツが日本に負けたときは、それこそショックでドイツチームは打ちのめされていた。ナイド女史は、この時トレーナーを辞退したいとまで考えていたようだ。

日本チームがドイツに勝ったのは偶然だとか、運がよかっただけとドイツ人は自分たちを慰めていたようだが、スウェーデンにも勝ったときには、日本チームの本当の姿が浮き彫りにされ、偶然でも運がよかったのでもなく、勝っても思いやりのあるなでしこの絶大なる評価がドイツメディアで取り上げられた。

e0166187_18581341.jpg


我が家が購読している全国紙フランクフルターアルゲマイネ新聞でも毎日なでしこをフォーカスして報道していた。上の画像は本日19日のスポーツ欄です。

さて、前置きが長くなってしまったが、なでしこ優勝の興奮も少し収まった今、とても気になった記事に目が釘付けになりました。

なでしこ、バイト生活から卒業か W杯快進撃でボーナス増額検討

この記事の真相は不明だが、もしこのような状態だとしたら、絶対ドイツの状況をお伝えすべきと思った。
各国の事情はそれぞれに違うものの、考えさせられる点だと思う。

ちなみに、今回ワールド杯に参加したドイツ女子サッカー選手は、勝敗に関係なく一人30,000ユーロを得ている。1ユーロ115円で換算すると345万円ほどだ。

この額にプラスして準準決勝に出場したことで15,000(約518万円)ユーロのボーナス。つまり今回ドイツ女子選手は、全報酬として45,000ユーロ(約518万円)を手にしていることになる。

参考までに、さらにドイツチームが勝ち進んだ場合の報酬概算は、ボーナスを足して以下の通りです。

準決勝進出・一人当たり55,000ユーロ (633万円)
3位の場合・一人当たり60,000ユーロ (690万円)
決勝進出・一人当たり70,000ユーロ (805万円)
優勝の場合・一人当たり90,000ユーロ (1,035万円)

お金がすべてではないことはもちろんだが、
なでしこの偉業に対する報酬はどうなんだろうか。
もし、上記の記事に書いてあるのが本当だとしたら、あまりにも貧弱なのでは・・・・
日本サッカー協会では報酬額を再考するなど、なんとかできないのでしょうか。

ちなみに、以前日本の報道番組で得た知識なので本当か
どうか不明だが、日本ではオリンピック出場選手への報酬にも
問題ありとか。

確かNHKの番組だったと思うが、パラオリンピック出場者への支援が
あまりにも貧弱で、なんと出場者は自前で参加することもあるようだ。
この時、ドイツの場合を例に挙げていたと記憶する。

ドイツの場合は、障害を抱える選手でも一般選手でもオリンピックに出場する選手の
報酬は同一です。これはその時までわたしも知らなかったこと。

日本は被災地の問題や原発事故について問題が山積していて、スポーツ選手の待遇を
今すぐ改善する余裕などないかもしれない。

でも、あえて言いたい。
これだけの偉業を成し遂げたなでしこチームはもっと待遇をよくするべきです!

ちなみに、ドイツサッカー女子選手の報酬は男子選手に比べると3分の1ほどと
まだまだ格差があるようです。

こちらも改善すべき点かもしれませんね。


参考文献 7月18日WM-Rekordprämie für deutsches Team
[PR]
by foodwatcher | 2011-07-19 20:05 | トレンド袋
明日、17日の地球アゴラに出演します。

今回のテーマはわたしの町の舞台です。


ドイツでは昨年オバーアマガウで10年一度開催される市民が演ずる
「受難劇」が上演されましたことをお知らせしました。

今回取材で訪れたのはやオーバーアマガウと同じく小さな町で住民が4000人ほどの場所です。
オーバーアマガウと違うのは、ここの町民が作り上げる劇は毎年夏の間に上演されますが、とにかく
劇を見たいと毎回4000人ほどの観客が訪れることにはびっくりしました。

今年は、ジーザスクライストスーパースターとピーターパンです。
撮影はジーザースクライススーパースターに焦点を当てて進めました。


お時間あればごらんください。
[PR]
by foodwatcher | 2011-07-16 20:22 | 仕事
ドイツはヨーロッパでも一番の肥満国。
肥満率は成人男子の4人に3人、
女子の3人に1人にも上るという統計が出ている。
肥満から生じる高血圧や心臓病なども多発している。

そんな中でカラダにも環境にもやさしい「ベジ・デー」が国内で人気を集めている。
ドイツ北部の中規模都市ブレーメンで昨年より始まった週に1回ベジタリアン料理を
提供するのが、ベジ・デーだ。

同氏の幼稚園や学校、社員食堂、レストランがこれに賛同し、木曜日の昼食に
野菜たっぶりの料理を提供している。

このベジ・デー、2009年にブリュッセル欧州連合会議で、あの元ビートルズのポール・マッカートニー氏
が「少なくとも、週に1回は肉なし料理を食べよう」と提言したことがきっかけだとか。

マガジンハウスTARZAN

e0166187_2321375.jpg


それにしても、この表紙を見る限りでは、我が家の大学生の子供(娘と息子)が
喜んで手にしそうな雑誌だなと思いました。

ドイツにもこの雑誌に似たような「MensHealth」という雑誌が若者に大人気です。
[PR]
by foodwatcher | 2011-07-15 23:07 | 仕事
この時期、咲きあふれている花を見つめるため1日に何度も足を運ぶ庭。

毎年のことながら、思わずシャッターを切ってしまう。
e0166187_20182533.jpg

こちらは、もう咲き終わっている。


家の横にあるスペースに咲き乱れているアジサイは、早起きの私がまず足を運ぶ一番好きな場所。
コーヒーカップを片手に今日もきれいに咲いてねといって挨拶をする。


e0166187_2019166.jpg


昨年の冬に枯れそうになったレモンの木は、諦めずケアしたおかげで今年も実が一杯ついた。
こちらにも愛情たっぷりをささげて、やさしい言葉をかけた甲斐があったのかもしれない。
レモンの実葉、小さいながらも30個くらいなっている。そのうち一体いくつほどが大きくなり
食べれるようになるのか、毎日観察している。

e0166187_20223418.jpg


こちらの胡蝶蘭は、自分へのプレゼントとしたかったもの。


5月から週末も休むことなく、仕事やら子供たちの引越しに追われて、ただいま燃え尽き症候群です。
こんなときは、おとなしくして自然を楽しむことに決めています。


e0166187_2026535.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2011-07-12 20:30 | 自然
Excite Bit 投稿コネタ 最新お題投稿!

1886年世界初の4サイクルガソリンエンジン車をカール・ベンツが発明して今年で125周年を迎えたことは以前お知らせしました。

カールの妻ベルタは、夫を信じ、夫の発明した車に乗り、当時では考えなれなかった険しい道のりを勇敢にも走行することで、世の中に夫の偉大さを証明したかったようだ。

夫を信じ切ってしかもそれを行動に移すということが二人の夢を実現したというストーリーは、今の時代にも十分ありえることではないだろうか。

そして、ベルタの内助の功で、発明したものの全く売れなかった車のことで落胆していたカールを勇気づけた。まさにベルタの思い入れなしでは、今のベンツの大成功はありえなかったのだと思う。

これを記念したイベント、カールの妻ベルタが夫に内緒でドライブした「ベルタ・メモリアルルート」をオールドタイマーが走る祭典を訪れてみた。

6月24日マンハイムを出発しベルタの出身地プフォルツハイムまでの道のり約104kmほど。
6月25日プフォルツハイムからゴールのマンハイム城の正面中庭に戻るという2日に及ぶイベントだ。
なぜマンハイムかというと、当時二人が住んでいた場所がマンハイム近郊のラーデンブルクという町だから。

e0166187_15254767.jpg

今、ラーデンブルクには、ベンツ博物館がある。



このベンツメモリアルルートを86台のオールドタイマーが走行。参加した車はどれも築100年ほどのアンティークばかり。

午後2時半にまず、最初の車が到着。ゴール前には人だかりが・・・

e0166187_15261346.jpg


ドライバーの方に聞いてみると、この車は1912年製とのこと。来年100歳を迎えるんですよと自慢してました。 走行時間は、3時間ほどで、道路沿線の興味津々の住民に迎えられ、ゆっくり走ったこともあり、途中休暇を含んでマンハイムまで計5時間の道中を楽しんだという。

e0166187_1527272.jpg


当日は、カールベンツのひ孫ユタ・ベンツさんも参加する予定だったが、病気のため欠場。
どんな車に乗ってくるのか楽しみにしていたので、少しがっかり。

ほんの少し見学するつもりだったが、次から次へと入場してくる車に見とれてしまい、結局2時間ほどお昼を食べるのも忘れて圧巻な雰囲気を楽しみました。

e0166187_15275799.jpg



ちなみに、ベンツ社によると、高級車部門ベンツカーの今年6月の世界販売台数が13万台ほどとなり、アジアや米国での需要が好調な模様。単月としては過去最高の売上台数という。
[PR]
by foodwatcher | 2011-07-07 16:35 | 生活情報袋