<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

我が家から近く、日曜日の散歩や展覧会にと頻繁に通う街シュパイヤー。

日本のメディアではあまり報道されていないようだが、ここにある大聖堂は世界文化遺産に登録されている。

私のお気に入りの街のひとつ。

e0166187_2043051.jpg


ドイツ南西部ラインランド・プファルツ州のライン川沿いにある街シュパイヤー。
ここに1981年、ユネスコ世界文化遺産に登録され、神聖ローマ帝国諸帝の墓所を有することで名高い、
世界最大ロマネスク様式のシュパイヤー大聖堂、別名カイザードーム(皇帝の大聖堂)がある。

市外の中心地マキシミリアン通りを西から東に向かって歩いていくと、まず目を引くのが大聖堂屋根上の八角形の鐘堂と、東西に聳え立つ4本の塔である。

そして聖堂前の広場には、1560リットルも入る石の大鉢がある。かって新しい司教がやってくると、幸福を祈ってこの大鉢に極上ワインを注ぎ、市民に振舞ったそうだ。

e0166187_20434245.jpg


また、犯罪者は、この鉢を境界線として治外法権の聖堂側へ逃げ込めば、罪から逃れることができたという。

正面門から道内に入り主祭壇方向に進むと、長さが133メールとに及ぶ巨大な列柱式バジリカ(長方形ホール)が印象的である。

中廊にあるかまぼこ型の天井は、大聖堂を着工させた皇帝コンラード二世の孫のハインリッヒ四世(1056~1106)によるもので、11世紀のドイツ建築史上では画期的なつくりである。

さらに側廊東側地下にある世界で一番美しいといわれるクリプタ(地下聖堂)は、四人の皇帝、三人の皇后、四人の国王、そして五人の司教が埋葬されており、季節を問わず観光客が絶えない。


日本通運欧州版ペリカンクラブ寄稿
[PR]

世界が感嘆する日本人・・・

e0166187_195980.jpg


そうです、今回の東日本大震災における日本・日本人について世界がどのような反応を示したかが掲載されています。

私もドイツから情報提供しました。

フランス在住の知人から東日本大震災におけるドイツのメディアが報じた様子を教えてほしいという
依頼がありました。欧州のまとめを彼女が担当するとの報告でした。

あまり突然のことだったし、締切りまで時間がない上、5月中は仕事が山ほど重なり、アップアップしたので迷ったのも事実です。

それでも、やはり今の自分にできることは限りなく協力したいと思いお手伝いすることにしました。


掲載本を手にすると、やはり寝る時間を削ってでも受けてよかったとつくづく思いました。
こんな形ですこしでも日本を応援することができたとすればとてもうれしいです。
[PR]
by foodwatcher | 2011-06-23 19:08 | 仕事

今年の2月末に開催されたラインガウでのグルメフェスティバルについて報告します。
話はかなりさかのぼってしまいますが、色々あって更新できなかったイベントで、今回どうしても紹介したかったのです。

ラインガウは、ドイツのワインの中でも最も華やかで偉大なワインが醸造されている場所です。
栽培されているブドウの8割近くはリースリングで、12世紀ごろにはこの周辺には12もの修道院があったそうです。現在はエーバーバッハ修道院とヨハニスベルク修道院の2つが残っています。

さて、ワインの話はこのくらいにして、このグルメフェスティバルについてです。
今年で15回目のイベントは、2月24日から3月9日まで開催されました。

1月に参加申し込みをしたのですが、ほとんどのチケットが完売で、私の都合がつくのはオープニングイベントだけだったため、早速2人分申し込んで、私も家人と一緒に出向きました。

すでにこのブログで何回もお知らせしていますが、今年は日独交流150周年ということもあり、
今回のイベントには特別な料理人ゲストを迎えました。

あの青柳の小山裕久さんです。

e0166187_177579.jpg

こちらの画像は、ちょうどオーストリア国営放送のインタビューに対応されている小山氏です。

2月24日オープニングには、なんと400人も集まり、会場となったワイナリーは超満員。
運よく、席を得ることができて、家人と交替で料理やワインを取りにいくことに・・・・

当日は、小山氏を含めて10人のスターコックが集合、それぞれのスタンドで彼らの料理を提供。
近郊でできたワインも飲み放題でしたが、とにかく人、人、人でワイングラスや料理皿を手にして会場内
を歩くのは難儀でした。

でも、10人の作品を試食できたことは最高の思い出となりました。

e0166187_17153061.jpg

ウィースバーデンのホテル「ナサウホフ」内レストラン・エンテ(ミシェラン1つ星)のシェフ・ミヒャエル・カマーマイヤー氏

e0166187_17234735.jpg

マインツのレストラン「ブッフホルツ」(ミシェラン1つ星)オーナーのフランク・ブッフホルツ氏

ブッフホルツ氏は、テレビでもおなじみのスターシェフですが、話をしてみるととても気さくな方で
すぐにファーストネームで呼び合うことに。わが息子と同じファーストネーム・フランクということもあり意気投合しました。彼の作品はアラスカサーモンを使った絶品でした。

どのスタントも並ぶ客で一杯、料理をサービスする皿も間に合わないほどで、フランクの料理も後半には
小さなお皿で提供していました。そのため写真は撮らないでくれ・・・といわれたので紹介できない
のが残念です。

彼の両手が後ろに回っているのもそのためです。両手に料理を持っていたのですが、料理とお皿が
マッチしていませんでした。料理を作ることも食べることも大好きな私は、彼と料理の話に花が咲きました。

実は、このイベントのあと、私はTV 番組のコーディネートでシュトゥットガルトで旅立ったのですが、
3月上旬帰宅してみると、なんとフランクから彼の料理本が2冊届いていたのです!
気を利かしてくださって、秘書の方が郵送してくださったようです。彼の料理本を手にしたら、1週間の出張の疲れも吹き飛ぶほどうれしくなりました。

e0166187_17343911.jpg

客はワインも程よくまわってきたのか、あちこちでライブバンドにあわせてダンス・ダンスで盛り上がっていました。

夜10時半頃から、ミュンヘンで有名な白ソーセージとお供に定番のプレッセルが提供されましたが、
私たちはおなか一杯で、ギブアップしました。

e0166187_17423462.jpg


ころあいを見て小山氏にインタビューをお願いしました。
本夕の料理は、揚げ絹こし豆腐入りの酒かすスープでした。ドイツでは見かけることのないシンプルで懐かしい味でした。

ちなみに小山氏によると、スープといえども400食を準備するのは並大抵なことではないそうです。
オープニングから2日後に始まる彼のディナーショーは数日に渡り開催されましたが、この準備もあり、大忙しだったようです。詳細は、小山氏のホームページに掲載されています。

ドイツに到着

小山氏には、記事にして公開しますということで飛び入り取材をさせていただきましたが、シュトットガルトから戻って、あの東日本大震災が発生しました。

この大惨事にはショックで1ヶ月ほど仕事に集中できず、執筆活動はしばらく休止していました。

時期を逃してしまい、小山氏の紹介やグルメフェステのことを記事にすることをできなかったことをここにお詫び申し上げます。

小山氏のインタビューの中で、とても含蓄のある言葉が心に響きました。
記事にするなら、是非入れてほしいという小山氏の要望でもありました。

「海外に出ている日本人は、とかくお互いの足を引っ張り合いしている。同じ日本人なのに、どうしていがみ合ったり競争しあったりするのだろうか・・・・日本人同士だからこそ、互いに手をとって仲良くしてもらいたい」
[PR]
by foodwatcher | 2011-06-13 18:29 | 食の話
急なお知らせですが、日本時間12日にNHKBS1地球アゴラの番組にドイツより参加します。

テーマは原発のある町からです。

時間が許せば、是非ご覧ください。

我が家からフィリップスブルク原発まで約20キロほどです。

e0166187_2254760.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2011-06-11 22:57 | 仕事

東北大震災が発生して3ヶ月がすぎました。
ドイツでは、脱原発が決定されて、色々議論が交わされています。

実は、ドイツの原発跡地は、こんな形でも利用されています!

チェルノブイリ原発事故を受けて、当時ドイツ北部に完成したばかりの高速増殖炉 型の原子力発電所が稼動することなく廃止されました。なんとこの跡地は遊園地に再建されて、地元の活性化に一役かっているのです。。。。

続きはこちらをどうぞ。
[PR]
by foodwatcher | 2011-06-11 22:44 | 仕事
今年の3月にコーディネートしましたTV 番組がやっと放映になります。
6月12日読売テレビからです。


グッと!地球便

本当は5月ごろのオンエア予定でしたが、東日本大震災があり、
この番組に登場する直子さんのお母さん(東京在住)を訪問することが難しくなったからです。

番組を見る機会がありましたら、是非ご覧ください。

シュトゥッツトガルト市内やヘレンベルク、はたまたデュッセルドルフなどの風景がご覧になれます。
[PR]
by foodwatcher | 2011-06-09 16:58 | 仕事
e0166187_19184944.jpg


本日は少し時間ができたので、がんばって更新しています。

ドイツに長く住んでおり、仕事で国内の世界遺産については執筆していますが、
これまでブログにて紹介はしてきませんでした。

これを機会に、これから自分でも訪問しながら、世界遺産を紹介していきたいと思います。

先日、公開になりました世界遺産は、ドイツとポーランドを結ぶ両国共有の場所です。

首都ベルリンより南東ほぼ100キロにある小さな街バード・ムスカウにある「ムスカウ庭園」。

ここは、ヘルマン・フォン・ピュックラー・ムスカウ侯爵が着手した英国様式の庭園で、園内のナイセ川にかかった橋がドイツとポーランド2国を結ぶ両国共有の世界遺産として知る人ぞ知る絶景の場所。

文筆家、冒険家、画家、庭園芸術家と多彩な才能を持った同侯爵は、18世紀から英国で流行し始めた風景式庭園に憧れてムスカウ地方の雄大な湿地帯を楽園に築きたいと夢見ていた。

1815年、自身の領主城のまわりに庭園を造り始め、30年かけて完成させた芸術作品がここ。庭園の広さはドイツ側とポーランド側あわせて約830ヘクタール。なんと英国ハイドパークの3倍以上の大きさだ。

第二次世界大戦で破壊された園内の城や橋も修復され、調和の取れた芸術庭園が見事に蘇った。ピュックラ―の哲学の道を散歩するのもよし、乗馬、カヌー、 魚釣りを楽しむのもよし、湿地帯の泥炭を利用した 泥風呂浴場の体験や橋を渡り隣国を探訪したりと夏の楽しみ方は無限だ。



日本通運欧州版ペリカン7月号寄稿・抜粋
画像・ツーリストセンター・ムスカウ公園提供
[PR]
今ドイツで問題になっているEHEC・腸管出血性大腸菌。

これに感染すると、下痢から始まって、最悪の場合には生命を落とすこともあるそうだ。
事実、ドイツ国内では、7日現在で22人が死亡、感染者は1600人ほど。
そのうち重症患者は630人にも上るそうだ。

感染源は、きゅうりやトマト、レタスなどの野菜からとされており、せっかく新鮮な野菜が出回っている
この時期にもかかわらず、摂取を控えるようにとドイツ政府は呼びかけている。

先日、二ーダーザクセン州政府は、州内で生産されたモヤシに感染源として疑いがあ
ると発表した。これでやっと感染源が明確になり、問題解決化と思いきや、検査用サンプル40件のうち最初に調べた23件からは菌が検出されなかった。

また感染源を探す振り出しに戻った。

これに対して風評被害も拡大したため、7日に欧州委員会では、被害を受けた農家に対して補償をする方針を明らかにした。

今年初めに発生したダイオキシン感染による鶏や卵の買い控え、この時以来、私はオーガニックの卵を購入している。そして今度は野菜も食べることに不安を抱くことになった。

一体何を食べたらいいのだろうか。
あまりメディアの情報には振り回されたくないものの、健康障害が出るとなるとやはり買い物時にも考えてしまう。

冷凍や缶詰の野菜は大丈夫とのことだが、やはり新鮮な野菜が食べたいと思うこのごろです。

昨日の食事は、魚とジャガイモ、缶詰のコーンと野菜、そしてシャンピニオンでした。

e0166187_1944224.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2011-06-08 19:08 | 食の話

3回にわたって開催したすし教室が終了しました。

どの回も、和気藹々とした雰囲気の中で楽しい時間を過ごすことができました。
参加者の手作りすしを試食しましたが、お世辞でなくどれも美味しい出来上がりとなりました。


皆さん、自分で作るのははじめてとのことで、旨く巻き上げることができなかったり、ご飯を詰め込みすぎてパンクしたりでしたが、みんな満足顔でした。


e0166187_1838671.jpg


最後にみんなでテーブルを囲んで試食。
話題の中心は、やはり福島原発事故と、ドイツが脱原発を決定したことでした。

ドイツの脱原発において、市民はどう受け止めているのか・・・・・
大変興味ある話題です。

次回このテーマについてお知らせしたいことがありますのでお楽しみに!
[PR]
by foodwatcher | 2011-06-08 18:42 | 食の話