<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2月4日の独紙によると、まもなく、ドイツが誇るミシェラン三つ星レストランコック長ハラルド・ヴォルファルト氏(Harald Wohlfahrt)の料理が国際宇宙ステーション(ISS)でお目見えするそうだ!

ことの始まりは2008年の2月。同コック長は、欧州宇宙機関(ESA)からの依頼を受け、宇宙飛行士達の食事を作ることになった。

同氏は、ドイツ・バイエルン州黒い森地方のホテルTraube TonbachにあるグルメレストランSchwalzwaldstubeのシェフで、ドイツ連邦共和国功労賞をはじめ、国内外数々の賞を受賞したドイツ一の料理の達人だ。

同氏が考案した宇宙食は、マヨランとドイツソーセージ入りジャガイモスープ、子牛肉のミニハンバーガーのバサミコソースあえとマッシュドビーンズ、デザートはプラムのコンポート。ちなみに、今までの宇宙食は、アメリカとロシアの宇宙局の開発品や、ESAのフランス料理が採用されていたそうだ。

無重量状態の中で食する宇宙食の準備には、様々な制限があり、試行錯誤も並ではないようだ。無菌室で料理をする、味付けは辛めにする、温度変化や衝撃に耐えられる、タマネギなどの強い臭気を持つ食品は極力控えるなど。

また、長期保存ができて、重量ももちろん軽いこと、そして保存に場所をとらないこと・・・・レストランのキッチンで料理するときとは勝手がちがう。また国籍の違う飛行士達のために、各国からの特別食が用意されているそうだ。

ちなみに、これらの料理はステーション内に1年間保管されるようだ。気になる運搬料金は、ISSによると1キログラムなんと14,800ユーロ(192万円ほど!!!)もするとのこと。

食事は、限られた空間で活躍する宇宙飛行士たちの大きな楽しみ。
これまでは、冷凍乾燥食品あるいは缶詰食品が主な食料だったという。

この画像は、宇宙食とは関係ないけど、書いているうちにお腹がすいてきたので付け足しました。昨日のお昼に食べた「鮭入りパスタ」です。さて今日は何をつくろうか・・・・
e0166187_18484719.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2010-02-06 18:54 | 我が家の食

e0166187_1822137.jpg


連邦統計局の報告によると、2008年度における家庭より出る一人当たりのごみの量は453kgとのことだ。

この内訳は、一般廃棄物と粗大ごみが202kg、資源ごみ143kg、生ごみなどの有機系廃棄物が107kgほどという。

08年に回収した廃棄物量は3720万トンに上り、07年は3740万トンというから、少し減少した。

紙、プラスチック、ガラスなどは、色分けしたプラスチックの袋に種わけしてごみを出すのが原則。 ところが、08年、キチンと種わけをして出されたごみは55%(2050万トン)と半分程度の量というからおどろきである。

種わけされて出されたごみの量は、07度比で30万トンほど減少している一方、種わけされていないごみは、1650万トンと近年にない上昇率だとか。

確かに、ごみを種わけするのは大変だ。場所も取るし、一枚の袋に紙とプラスチックの両方が使われているといったいどちらに捨てたらいいのか迷うことも多々あるし・・・

種わけしないのもいけないと思うが、一番ひどいと思うのは、スーパーなど公共の場のゴミ箱にびっくりするほど様々なごみが捨てられていることだ。また、ドライブをしていると道添えに粗大ごみがすてられてあったりすることも。 

スーパーでは、購入した商品の不要な箱やプラスチックをこれまた種わけして捨てるゴミ箱が備え付けられており、こちらは整然としているようだ。

環境大国のドイツといわれているが、まだまだ個人の意識改善をする必要がありそうだ。
[PR]
by foodwatcher | 2010-02-05 18:31 | 生活情報袋
今年で60回目となるベルリン国際映画祭がまもなく開催される。
今回も話題の映画や豪華ゲストが期待されている。

ベルリナーレ閉幕作品に「おとうと」

2 月11日(木)~21日(日)に開催される第60回ベルリン 国際映画祭(ベルリナーレ)の開幕・閉幕を飾る作品が先日発表された。

開幕作品に、中国の王全安(ワン・チュアンアン)監督の「Apart Together」、映画祭最終日、授賞式の後に上映される閉幕作品には、山田洋次監督の「おとうと」が選ばれた。

この映画は、山田監督が10年ぶりに手 掛けた現代劇で、吉永小百合と笑福亭鶴瓶が姉弟を演じる家族ドラマ。同監督がベルリナーレに参加するのは今回で7度目となる。

なお、今年の映画祭では昨年 少女へのわいせつ容疑で拘束され、現在スイスの別荘で軟禁状態にあるロマン・ポランスキー監督やマーティン・スコセッシ監督の最新作も上映される。レオナ ルド・ディカプリオやピアース・ブロスナンなど、豪華ゲストも出席するそうだ。

ドイツニュースダイジェストパノラマ寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2010-02-04 01:37 | 仕事
ドイツ統計局には貧困格差というカテゴリーの統計はないようだ。
そこでといっては何だが、ベルテルスマン財団による調べが発表された。

東西の貧困格差は相変わらず激しいようで、国内では南に行くほど貧困で困っている人が少ないとのことだ。・・言い換えれば高収入でなければ住めないということか・・・

拡がる東西の貧困格差

ベ ルテルスマン財団(Bertelsmann Stiftung) がこ のほど発表した貧困率の州別比較に関する報告によると、貧困リスクが一番高い街は首都ベルリンで、住民の20%、つまり5人に1人が公的扶助を受けている そうだ。

次いで、ザクセン=アンハルト州、ブレーメン、メクレンブルク=フォアポンメルン州の17%。一方、バーデン=ヴュルテンベルク州やバイエルン州 など西側では貧困率は低く、東西の貧困格差が依然激しい事実が浮き彫りとなった。

また、今回の調査結果で注目すべき点は、1人親世帯における貧困が深刻化 していること。たとえば西側の州では、貧困層の中で1人親世帯の占める割合は20%前後であるのに対し、東では20歳以下の1人親だけを見ても、全貧困層 の35%に上るという。

貧困化に拍車をかけている不況の一刻も早い克服が望まれますね。

ドイツニュースダイジェストパノラマ寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2010-02-04 01:32 | 仕事