<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

10月16日付け WELTONLINEによると、ドイツ国民の4人に3人が老後における要介護時の金銭状況を心配、不安を抱いていることが市場調査会社アレンスバッハ社の調査でわかった。

30歳以下では、およそ2人に1人、30歳から60歳が60%以上、60歳以上はなんと82%が将来の介護問題に不安を抱いているようだ。

そんな折、きのう国営第1放送ARD「Welt Spiegel」番組で、タイの介護ホームについての報道番組を目にした。

なんと、私が2年前に 日経bpの世界のユニークビジネス「ヨーロッパからタイに介護移住」で取り上げた内容で、番組を見ていた夫が声をかけてくれて、最後の2分ほどを見た。

大家族制がまだ残っているタイだからこそ出来るビジネスなのか。ここでは、月額2000ユーロほどで、24時間体制で患者の世話をしている。今も番組で取り上げられるということは、介護問題がなかなか解決されていないということだろう。

一方、介護料が非常に高く、患者に対し事務的なヨーロッパから離れ、温暖な気候のこの地で生活をしている患者たちは、まだまだ恵まれている方ばかりだろう。この2000ユーロが払えない人たちも数え切れないのではないのか。。。。

ヨーロッパでの高額な介護料や患者の受け入れ先がない(空ベット待ち)などで、現実は、患者を抱えた家族が1日中世話をしていることも多々耳にする。

少子高齢化、介護問題はドイツでも大きな課題。
健康な時は、考えもよらない課題だが、平々凡々と過ごす日々の生活に感謝すべきなのだろう。
[PR]
by foodwatcher | 2009-10-26 18:57 | 生活情報袋

ディスカウントスーパーの熾烈な価格競争

ディ スカウントスーパーの国内最大手アルディがこのたび、今年に入って10回目の値下げに踏み切った。今回対象となったのは食料品30品目。

昨年10月時点と 比較した価格下落率は、ミルク23.7%、チーズ20%、フルーツヨーグルト13.8%など。さらにアルディの追い風を受けてほかのスーパーでも便乗値下 げが続き、業界では顧客獲得のための価格競争が激化している。

アルディはディスカウントスーパーの旗艦店として業界一を誇るが、近年はリドルやプルス、 ネットー、そしてオリジナル・ブランドで差別化を図るレーヴェ、エデカなど他店の参入により売り上げが伸び悩み、四苦八苦している。

消費者にとっては、価 格競争による値下げは嬉しい恩恵で、不景気のご時世に節約をするには大助かりなのですが……。

ニュースダイジェストpanorama寄稿

日経bpサイトで安売り競争の果てについての有益な情報を読みました。是非こちらを読んでみてください。

「安易な安売りは麻薬みたいなもの 長期化すれば会社をだめにする
[PR]
by foodwatcher | 2009-10-23 16:12 | 仕事

09年の男性ベストドレッサーは?

男性ファッション誌「GQ」(11月号)が発表した今年の男性ベストドレッサーに、カール・テオドール・ツー・グッテンベルク経済・科学技術相(CSU)が 選ばれた。

貴族出身の同氏は今年2月、連邦共和国史上最年少の37歳で入閣。ルックスの良い政治家として、国民からはスター並みの人気を得ている。

審査員 を務めたデザイナー、ヴォルフガング・ヨープらによれば、選定理由は「愛馬にまたがる騎士のごとくバランスの取れた着こなしと絶え間ない笑顔」とのこと。 2位はアーティスト、マーク・ブランデンベルクで、3位はヘルムート・シュミット元連邦首相(SPD)だった。

一方、ワーストドレッサーにはペール・シュ タインブリュック元財務相(SPD)らが選ばれた。あなたが審査員なら誰を選ぶ?

ニュースダイジェストpanprama寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-10-23 15:56 | 仕事

「地球滅亡の日」がやって来る?

「地 球滅亡の日」をテーマにしたハリウッド映画「2012」のプロモーションがこのほど、ベルリンで行われた。

11月12日からドイツで公開予定のこの映画、 主演は米人気俳優ジョン・キューザック、監督はシュトゥットガルト出身のローランド・エメリッヒ。

同監督は、ハリウッドで成功を収めている数少ないドイツ 人の1人で、アクションやスケールの大きい災害映画を得意としている。プライベートでは同姓愛者としても有名だ。代表作は「インデペンデンス・デ イ」(1996年、アカデミー視覚効果賞受賞)や「デイ・アフター・トゥモロー」(94年)など。

今回の映画は、2012年12月21日頃に1つの区切り を迎えるとされる古代マヤ文明の「マヤ暦」に着想を得て製作されたという。ドイツが誇る巨匠の最新作、公開が待ち遠しいですね!

ニュースダイジェストpanorama寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-10-23 15:52 | 仕事

連 邦統計局が9月25日発表した調査によると、2008年度の国内1世帯当たりの平均金融資産額は4万7700ユーロに上った。この調査は、個人所得と消費 に焦点を当てて無作為抽出法で行われたもの。

州別にみると、1位バイエルン州6万1600ユーロ、2位バーデン=ヴュルテンベルク州6万1400ユーロ、 3位ヘッセン5万7100ユーロと、西側地域が上位を占めた一方、東側ではザクセン州3万600ユーロ、ブランデンブルク州3万400ユーロなど、バイエ ルン州の半分以下の州が目立った。

主な投資先としては有価証券が総額の約3分の1と最も多く、そのほか生命保険や預金に充てられるという。また、実物資産 に関しては、自家用車や家財、電化製品、時計や宝石、スポーツ用品などに投資されるケースが多いようだ。あなたのご家庭は、どんな資産を持っていますか?

ニュースダイジェストpanorama寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-10-23 15:48 | 仕事

泥って健康にいいそうです。

ユニークな泥オリンピック

シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州の湾岸都市ブルンスビュッテルで8月末、干潟を競技場とし、泥の中で行うちょっと変わったオリンピックが開催され た。今年で6回目を迎えた大会では、自転車のタイヤチューブに米を入れたものをバトンとして使う名物うなぎリレーやサッカー、ハンドボール、バレーボール などの競技が行われた。イベントの収益金は、同州のがん協会に寄付されるそう。地元や近郊の州をはじめ、デンマークやベルギーから数千人もの観光客が詰め 掛けた。恒例の泥の中でのファッションショーや、ロックバンドによるライブに約400人の競技参加者は、泥まみれになりながらもみんな笑顔。競技の後は、 消防車のホースでシャワーを浴びてさっぱりした様子だったという。来年もまたお楽しみに!

ニュースダイジェスト・パノラマ寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-10-03 21:14 | 仕事
少し古い題材だが、興味深いテーマだと思います。

博士号の仕掛け人

8月31日付のシュピーゲル誌によると、ケルン検察庁は医学博士号を仲介した疑いで、ベルギッシュ・グラッドバッハにある学術コンサルティング機関の捜査 を開始した。同機関は昨年も、ハノーファー大学の法律学部教授と共謀し、仲介手数料と引換えに法律学の博士号を授与した容疑で告発されていた。この教授は 同機関から15万ユーロを受け取って博士号を授与、さらに女学生に成績を操作する見返りに体の関係を強要したという。今回、同機関は1件につき1万 2000~3万6000ユーロで医学博士号を提供、博士号授与に協力した大学教授には、1件につき4000ユーロを支払うなど、これまでに315件の疑惑 が浮上。博士号取得の便宜を図った関係者は、今後さらに増える見込みだ。名声と高収入を得たいばかりの学士たちよ、良心はどこへ?

ニュースダイジェスト・パノラマ寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-10-03 21:10 | 仕事