<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


e0166187_4212515.jpg


ドイツ秋の人気者・新ワインとタマネギケーキ
またまたこの季節の到来です。世界最大のワイン祭りが訪れた後の楽しみはこれに限ります。

今ドイツは、秋の真っ最中。人々は、各地で催されるワイン祭りに足繁く通います。ワイン醸造元では、夏の太陽を一杯に受け、身もたわわになった秋ぶどうの収穫の時期となります。そしてワインの仕込みにかかるこの季節にだけに登場する、ワイン名産地の新ワイン(Neuer Wein)とタマネギケーキ(Zwiebelkuchen)をご紹介いたします。

ワイン祭りが盛んなドイツの秋

ドイツでは初夏から秋に向けて、ワイン街道沿いのあちこちの街で、200以上のワイン祭りが開催されます。今度の週末は、どこの街でワイン祭りがあるのかな?と人々はいつも心待ちにしています。9月第1週末に、世界最大のワイン祭りがラインランド・プファルツ州バード・デュルクハイム(Bad Dürkheim)で開催されると、ワインの祭典も最盛期です。 
 
ライン・モーゼル・プファルツそしてフランケン地方などドイツワインの名産地では、ワイン祭りに集まってきた人々が大量のワインを飲み干します。特に天候が良い日に評判がある飲み物は、のどの渇きを潤すために炭酸入りの水で割ってアルコール分を減らしたワインショーレ(Weinschorle)です。こうして今年も大量のワインが消費され、醸造元ではワイン樽を空にすることができます。ワイン祭りは「人々にワインを楽しんでもらうことで、取りたてのぶどうで作る新種ワインの収納スペースを確保する」と言う実益も兼ねているのです。

取れたてぶどうでつくるジュースと新ワイン

ドイツでは9月になるとすっかり冷え込み、秋の到来が間近です。夏時間(3月最終日曜日より10月最終の日曜日まで)で明るく長かった日も、日に日に短くなり、夜の時間が長くなります。寒くて暗い冬が訪れる前のこのシーズンに、人々は屋外での活動を存分に楽しもうと、ワイン祭りに繰り出します。太陽のさんさんと差し込む昼間は、半そででも過ごせ外出も気軽に出来ますが、朝夕は気温が10度くらいに下がり、暖房が必要となります。そして樹木の色が黄色や赤色と変わるこの季節、ワイン醸造所では秋ぶどうの収穫で忙しくなります。

この頃から10月の下旬までが、毎年ドイツ人が待ち望む人気者、スーザー(Süßer・甘い)と呼ばれるぶどうジュースと、ビッツラー(Bitzler・ちくちくする、発酵中のワインを口にした時の舌触り加減)の名でおなじみの新ワインが満喫できる季節です。フェーダーヴァイサー(Federweißer)と呼ばれる新ワインは、白ワインを醸造するプロセスの初期の段階のワインです。もちろん赤ワインへの初期プロセス過程の新ワイン・フェーダーローター(Federroter)もありますが、一番愛飲される代表格は、なんといってもフェーダーヴァイサーです。

e0166187_4222479.jpg


人気第一のフェーダーヴァイサー

フェーダーヴァイサーはドイツ語で「白い羽」のこと。これは新ワインが酵母細胞を含み、白い羽のような色をしていることから名づけられました。一方フェーダーローターは、「赤い羽」のことです。どちらの新ワインも、豊富なビタミンB1とB2 そして乳酸菌を含みます。口当たりがさわやかでどんどん飲めますが、整腸作用があるので飲みすぎには要注意です。また発酵はじめの新ワインはアルコール分が4%ほど、そして発酵が終わる頃には10%にも達するため、おいしさに誘われて大量に飲むと酔ってしまいます。日に日にワインの発酵過程が目に見えてわかり、ワインは生きていると実感できるのも楽しみの一つです。

新ワインは、ワイン製造元を始め、街のマルクトや各地のスーパーでも買えます。またワイン街道をドライブしてみると、いたるところにある「Neuer Wein」の看板が目に飛び込んできます。大きな容器に入ったぶどうジュースや新ワインは、1リットル単位で売られており、リットルあたり2ユーロほどです。購入後の保存で注意する事は、新ワインの入っている容器の栓をしないことです。発酵過程に出るガスのため、密封が出来ません。室温保存は3日ほど可能ですが、発酵が進みどんどん味が変わります。ちなみに冷蔵庫での保管は、最高10日ほどまで可能です。

新ワインの相棒タマネギケーキ

そしてこの新ワインになくてはならない食べ物が、タマネギケーキです。ドイツ語ではツヴィーブルクーヘンですが、このクーヘンとは本来ケーキのこと。ただし甘いケーキと違って、ドイツ版キッシュといったところです。タマネキ、ベーコンに香辛料を加えていため、冷やしたあとパイ生地につめます。そして生クリームあるいはサワークリームと卵を混ぜたものを、パイ生地に流し込んで焼いたものです。

e0166187_4231767.jpg


タマネギケーキの作り方は、地方により様々なレシピーがあります。大人は新ワインのお供に、子供はおやつのかわりにと、世代を超えて満足のできる秋の味覚です。

(日経エコマム寄稿)
              
[PR]
by foodwatcher | 2009-09-28 04:25 | 仕事
ドイツの大学生が学生食堂で一番食べるお気に入り料理は・・・・・・

ベルリン学生生活課の調べによると、シュニッツエル(いわゆるとんかつ)とポメス(フライドポテト)が第1位だそうだ。ちなみに2008年度の統計では、740箇所の学食とカフェでの売り上げが3億1900万ユーロにも上るとのことだ。

なんと、1170万枚のとんかつと2700トンのフライドポテトが学生の胃袋に収まった。
これは、学生の83%、つまりおよそ200万人が週に1回食べたことになる。

学食をよく利用するのは、工科、数学、理科系、医学学部の学生だそうだ。

e0166187_5271852.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2009-09-23 05:42 | 我が家の食
オリバー・カーンが離婚した!

サッ カー・元ドイツ代表主将のオリバー・カーンが17日、突然、離婚を発表した。2003年、同氏は妊娠中の妻ジモーネさんから去り、浮気相手の恋人と生活を 始めたが、昨年ついに彼女との5年間の同棲生活に終止符を打った。その後、代表を引退して妻と2人の子どもの元に戻り、円満な家庭生活を再開したかに思わ れた。久しぶりに夫と一緒に公の場に姿を現したジモーネさんも「これ以上の幸せはありません!」と言っていただけに、意表をついた今回の離婚ニュースに周 囲はびっくり!浮気を水に流し、再び夫を受け入れたジモーネさんとカーン氏の結婚生活は10年間に及んだとのことだが、離婚理由は不明のまま。詳細を明か さないカーン氏には、新しい恋人ができたとの噂もあるようだ。

ニュースダイジェスト8月28日寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-09-22 04:00 | 仕事
金融危機世代の若者たちの将来は?

若 者に人気の月刊誌「NEON」と週刊誌「Stern」が18~35歳の男女約1000人を対象に先頃行ったオンライン調査によると、キャリアのために万全 の準備をしたにもかかわらず、大学卒業後の就職先がない、定職に就いていても将来の保障はどこにもないなど、将来に不安を抱く若者が64%に上るという。 昨年米国で始まり、ドイツにも蔓延した金融危機の余波は、それ以前は簡単に仕事を見つけることができ、順風満帆だった若者たちにも及んでいる。そんな彼ら は、「金融危機世代」と呼ばれるそうだ。アンケートは、生活、将来、職業、政治に焦点を当てたもの。老後の貧困には80%の若者達が不安を抱き、景気に関 しては45%が上向くことを期待している一方、35%は回復を悲観視している。厳しい現代を生きる若者にエールを!

ニュースダイジェスト 8月28日panorama寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-09-22 03:58 | 仕事
また、今年もバード・デュルクハイムのワイン祭りがオープンした。
593回目の今年は、9月の11日から15日、18日から21日まで。

e0166187_17193234.jpg
ワイン樽は一度も使用されなかった。現在はレストランとして使用され、多くの人が樽の内外でワインと食事に舌鼓をうっている。

2年前に書いたものなので、日にちが今年と異なるが、このワイン祭りについてお知らせします。

世界最大のワイン祭り「ヴルストマルクト」   

ドイツワイン街道の歴史ある小さな街バード・デュルクハイム(Bad Durkheim)は、ラインランド・プファルツ州の州都マインツより南に車で約一時間のところにある。2003年には街の誕生1225年を祝い、中世の景観が色濃く残るこの街で、毎年9月に世界最大のワイン祭り「ヴルストマルクト」(Wurstmarkt・ソーセージ市)が開催される。今年は9月7日から11日、14日から17日で,その期間に街を訪れる客はおよそ60万人と推定されている。

毎年初夏から200を超えるワイン祭りがあちこちの街で開催されているが、最大のイベントはなんといってもこの「ヴルストマルクト」である。今年で591回目を迎えるこのワイン祭り、ワインが主役なのになぜ「ソーセージ市」とよばれるのか。それは600年ほど前に始まった巡礼教会による、巡礼者のためのソーセージとワインの市を立てたのが始まりである。州立浴場で開催されるこのマルクト(市)は、昔「聖ミヒャエル市」という名称であったが、莫大な量のソーセージが消費されることから「ソーセージ市」と改名され、今もその名が残されている。

またこの街のシンボルでもある世界最大のワイン樽(リーゼン・ファス)は、170万リットルのワインが入るものの、今までワイン醸造用に使用されたことは全くないという。1934年に作られたこの樽は、樽作り職人の技術を示すことが目的で作られ、現在はレストランとして使用されている。

e0166187_1721810.jpg
樽の中はユニークなつくりで気分も盛り上がる

この辺一帯は年間日照時間が1800時間にも及び、ドイツのトスカーナ地方と言われている。寒いドイツというイメージからは想像ができないかもしれないが、温暖な気候に恵まれて、イチジク・キウイ・レモン・アーモンド・栗・チェリーなどの栽培が盛んに行われている。2000年前ローマ人が入植して以来ぶどう作りを始め、ワイン醸造が盛んとなった。

それが歳月を重ね、世界最大のワイン祭りへと発展した。とはいってもこのワイン祭りは200種類以上のワインが試飲できる祭典というだけではない。現在ドイツワインの約30%がこの地域で生産されているが、このワイン祭りで醸造元のワイン樽をからにすることも、重要な目的だ。今秋栽培されるぶどうで作る、新種ワインの収納スペースを確保するためという実益も兼ねている。

州代表のワイン女王や地区代表ワインプリンセスたちが初日の開会式に出席し、いよいよ9日間におよぶ「ヴルストマルクト」の始まりとなる。ワイン祭りの会場では36の歴史的なワインスタンド、志向を凝らしたワイン村、ビアホールをはじめとして多数の飲食店スタンドがある。またワインホールではライブバンド音楽が雰囲気を盛り上げる。その上大きな移動遊園地やアトラクションが設置されて、まさに大人も子供も楽しめるイベントといえる。
[PR]
by foodwatcher | 2009-09-11 17:29 | 生活情報袋
お色気たっぷりのレストランが上陸!


米 国発のフランチャイズ・レストラン「フーターズ」が先日、ベルリンに上陸した。同店のお薦めメニューはチキンウィングにハンバーガーと何の変哲もないのだ が、人気の秘訣は健康美あふれるウエートレスたち。フーターズは、1983年にフロリダ州で第1号店がオープンして以来、同店のロゴ「フクロウ」がプリン トされたタンクトップとオレンジ色のホットパンツ姿のセクシーなウエートレス、通称「フーターズ・ガール」に話題が集まり、今や米国内で約400店を抱え る巨大チェーンに発展した。グラマーな女性がグラビアを飾る雑誌やカレンダー、Tシャツなどのグッズ販売に乗り出す傍ら、ホテル業でも成功を収めている。 ドイツでは今後10年間で23店舗を展開する予定。フーターズ・ガールに見とれて、あまり食べ過ぎないように!


ニュースダイジェスト7月panorama寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-09-10 18:02 | 仕事

ママの仕事は裁判官の報酬に値する!?


掃除や洗濯、料理に看護と24時間待ったなしで家族を支えるママの仕事を給与に換算すると、一体いくらになるのだろうか? 2006年にフォアベル ク社が行った家族調査では、母親業には1カ月1580ユーロの報酬が妥当という結果が出た。また同調査によれば、年間で97億時間にも上る家事が無償でな され、母親の仕事量は1日平均12時間にも上るそうだ。さらに米国のインターネットサイトSalary.comによると、定職に就きながら15歳以下の子 ども1人を育てる女性の仕事は、マネージャーや裁判官の報酬に値するという。両親は育児手当てや両親手当ての助成金を受けているものの、一番期待している のは政府のさらなる経済援助だそう。こんなに大変な仕事をこなすママには、本当に頭が上がりませんね。

ニュースダイジェスト 7月31日panorama寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-09-10 17:56 | お袋
インフレーションって何?

イ ンフレーション: 54%、インフレ率: 94%、社会的市場経済: 40%――

これらは、ドイツ銀行協会委託の「経済」をテーマにした電話による世論調査で、言葉の意味を問う質問に対して回答や説明ができなかった回答者の 割合である。

今回の調査対象者は、14~24歳の若者750人。つまり、若者の2人に1人がインフレの意味を理解していないことになる。

回答者の86%は 景気見通しについて楽観的で、就活や職場については88%が順調で満足と答えている。

ちなみに、彼らの3分の2は学校や職場で金融危機についてよく語り合 うが、危機感はないようだ。

また彼らは銀行のサービスに満足していて、経済に興味があり、貯金や節約もしているというが、肝心の経済に関する基礎知識は不 足しているようですね。

(用語解説)
インフレーション ・ 物価が上昇し続けること。インフレによって貨幣価値は下がる

インフレ率 ・ インフレによってどのくらい物価が上がったかを示す物価上昇率

社会的市場経済 ・ 市場の競争原理と国家的措置を統合させたドイツの経済理念

ニュースダイジェスト7月17日panorama寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-09-07 05:47 | 仕事
モラルか金かに揺れる薬局

通 販やドラッグストアの医薬品販売への参入により存続を揺るがされている個人経営薬局の不審な販売方法が話題になっている。

公共放送ARDの報道番組「レ ポート・ミュンヘン」が今回メスを入れたのは、処方箋が必要な胃薬の販売方法。

それによると、多くの薬局が、医師が処方箋に指定した60錠入りの大箱の代 わりに1錠当たりの単価が安い15錠入り4箱を患者に提供し、疾病保険会社への決算時には「60錠入りを販売」と報告しているという。

大箱の方が薬局の懐 に入るマージンが多くなるからだ。ドイツ薬局連盟は、「在庫がなかったための代品」と説明しているが、薬局の販売ソフトウェアには大箱と小箱を販売した際 の利潤差も表示されるとか。

同薬の小箱代品販売で疾病保険会社が被った損害は、年間2000万ユーロにも上るそうだ。

ニュースダイジェスト・7月17日panorama寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-09-07 05:41 | 仕事
ハプニングで始まった撮影も2日目を迎えた。
この日は、ウィーンといえばウィーナーカフェ。ということでまずサッハーカフェへ。

カフェからの撮影依頼に対する返答はあまり乗り気でないようなものだった。
最初のメールでは、「お問い合わせ有難うございました。担当のものに相談します。」というありきたりの返事。

が、ここでおとなしくしてはいられない。
「ウィーン撮影で、ウィーンを代表するサッハーカフェとサッハートルテなしなどとは非常に残念なことです。是非ポジティブな返事をお待ちしております。」とメールをいれた。

すると、きたきた!「撮影許可が下りました。当日はooo取締り役がインタビューをお受けします」と言うメールをもらった。

撮影カメラマンによると、前回ウィーンに来たときにはここの撮影許可をもらえなかったというから、「サッハートルテなしではウィーン撮影は考えられない」旨のメールが効いたのだろう。何でも言ってみるものだとつくづく思った!

e0166187_1729118.jpg


朝9時からの撮影したサッハーカフェのトルテ。何度きてもここの雰囲気は最高だ。撮影後はもちろんサービスでおいしくいただいたが、やはり日本人の口には甘すぎるかも。それとかなりの大きさのトルテを食べきるのは大変だった。

ウィーンといえば、ここステファン寺院も忘れてはならない。
依頼のメールを入れて電話連絡をした。、正式な撮影許可を書式でもらっていなかったのでとりあえず事務所へ約束の時間に出向いた。

責任者は休みとのこと。おかしいな。責任者の方が指定してくださった日時に本人がいないとは一体どうなっているのかな?困る!
事情を話しわざわざ日本からきたのだ!と説得すると、しぶしぶ秘書の方が責任者の自宅へ電話を入れてくれた。
何とか許可をもらうことができホットする。ちょっとやそっとではひきさがりません!

ただし、撮影料の高さにはびっくり!
上空よりウィーンの街並をとるため塔に登って撮影。400ユーロお願いします。
寺院内の撮影もしたいのです。では、400ユーロお願いします。
計800ユーロなり!

e0166187_17263660.jpg


寺院内に入ると早速係りの人が寄ってきた。
TVカメラを目にしたからであろう。
あわてず、撮影許可書を提出。「高い撮影料も払いましたよ」と一言付け加えた!

今回の撮影では、ウィーンインフォにコンタクトを取りメールでやり取りをした。
それが効をなして、ステファン寺院の撮影料は、50%割引となり、わずか?400ユーロとなった。
確かに50%割引とはありがたいのだが、それでも高い。

ウィーンの撮影では、どこに行っても巨額の撮影料を要求され、その後もあれこれ難航した。
[PR]
by foodwatcher | 2009-09-02 05:45 | 仕事