<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ドイツで生活している日本人にとって、情報誌として人気のある「ドイツニュースダイジェスト」
ご縁があって、同誌のパノラマコーナーに寄稿をすることになりました。

以前の記事をたどってみると、なかなか面白い内容がぎっしり。
芸能関係(あまり得意では無い分野)もあり、タブロイド版という感もします。
隔週に、2本ずづ公開されます。
お楽しみに!

テディベアは、こうして生まれた
22 Mai 2009 Nr.766

ドイツの有名なぬいぐるみといえば、シュタイフ社のテディベア。その生みの親であるマルガレーテ・シュタイフが病死してから今年5月で100年が経った。

「ボタン・イン・イヤー(Knopf im Ohr)」のトレードマークを持つこのくまのぬいぐるみは、実は意外な経緯から誕生した。1歳半で小児麻痺を患ったマルガレーテは、生涯車椅子の生活を強いられることに。

しかし15歳から洋裁を習い始め、ある時クリスマスプレゼントとして作ったゾウの針刺しが親戚の子どもたちに大好評、これが動物のぬいぐるみを縫うきっかけとなった。

そしてその後、甥のリヒャルトがライプツィヒのおもちゃ見本市で展示したテディベアが大ブレイクしたのだ。ちなみにテディベアの名前の由来は、第26代米大統領テオドア・ルーズベルトの愛称「テディ」とか。


65年前のフラッシェンポストの中身は?
22 Mai 2009 Nr.766

旧ナチス・ドイツのアウシュヴィッツ強制収容所の近くでこのたび、65年前の手紙が発見された。

7人の名前、収容所の住所、6桁の収容者番号、1944年9 月20日の日付が記載された紙切れは、ポーランド南部にある同収容所跡の隣の建物の壁から作業員が工事中に見つけたもの。

第2次世界大戦中に生きた収容者としての存在を何らかの形で残そうとした彼らの思いが、今ようやく日の目をみることになった。当時10代後半であった7人の収容者のうち、現在生存しているのは4人のみ。

その中で唯一のユダヤ人女性は、「まさか発見されるとは思いもしなかった。過去の精霊が私たちの思いを呼び起こしたようなもの。これが気概と絶望の間で過ごした収容者たちの惨事を振り返るきっかけとなれば本望」と感慨の様子だったそう。
[PR]
by foodwatcher | 2009-05-25 19:17 | 仕事
ドイツ国内薬局は、薬剤師資格所有者のみが経営するべし。薬剤師のいないチェーン店経営は認めない!

ドイツの個人経営薬局の存続を脅かすドック・モリス薬局チェーン店の国内拡張に歯止めがかかった。

ドイツ薬局連盟・ザールランド州支部は、ドック・モリス社に対し、「薬局チェーン店は不法行為」の訴訟を昨年欧州連合司法裁判所に申し立てた。本件についての最終判決が昨日下されたのだ。

「1960年に制定されたドイツ薬局法に基づき、薬局は今までどおり薬剤師の資格を有したものが経営する。薬剤師経営者は、従来と同じく3支店(本店と支店で計4店)の経営を認める」と最終判決が下された。

薬事戦争の始まりは、ドック・モリスの薬局経営参入だ。同社は、2003年よりドイツ国内で医療品通販を開始し、大きな成功を収め、個人経営薬局を脅かした。

さらに、2006年にはドイツで薬局営業許可を取得した。2007年1月にザールランド州でドック・モリス薬局第1号店を開局、今後薬局チェーン店500件を展開していく意気込みだ。

これに待ったをかけたのは、ザールランド州薬局連盟。薬局の使命は、「患者に専門的な助言をし、健康回復の手助けをする」事で、利益のみを追求することは違法だというわけだ。これを受けて2008年12月、欧州連合司法裁判所・検察当局検事総長は、「薬剤師資格所有者以外の薬局経営禁止令」を発した。

今回の最終判決によって、ドック・モリス側や親会社セルシオ(07年4月ドック・モリス社90%株を買収)がどう出るか、目が離せない。

ドイツ薬事戦争の経緯はこちらでどうぞ。

ヨーロッパ最大医薬品ネット通販会社ドック・モリスが引き起こしたドイツ国内薬事戦争 

規制緩和で小が大に飲み込まれる薬局の危機---ドイツ薬事戦争パート2

その後の経過は 「 class A Field」保険薬局のためのマーケティング情報誌spring(3月)に寄稿しました。

e0166187_2345262.jpg


e0166187_2344319.jpg



FAZ5月19日の記事です
[PR]
by foodwatcher | 2009-05-21 00:07 | 仕事

先週7日(木)にオーストラリア・シドニーからのビジネスアイデアが公開されました。

日経BP・クローズアップ・世界のユニークビジネス

「熱すぎる飲料にご注意!色の変化で危険がわかる”ふた”登場」 

日常のちょっとしたことが、ビジネスのアイデアにつながる良い例だと思います。
毎回色々な分野で活躍されている方にお話が聞けるのを楽しみにしています。
[PR]
by foodwatcher | 2009-05-11 03:48 | 仕事
e0166187_23184822.jpg


アビトゥーアを無事終えて、現在歯科技工士さんのところで実習をしている息子。
ちなみにドイツでは大学入学試験が無く、このアビトゥーアの試験結果によって大学側が入学選考をする。

息子は、大学(第1学期)が始まるまで自分の行きたい学部の役にたてばと我が家の歯医者さんが推薦してくださった技工士さんのところへ通い始めた。

我が家から車で片道20分程の街に通っているが、困ったのはお昼ごはん。
周りには、レストランが無い。結局パン屋か肉屋さんで出来合いのものを買って食べるしか無いようだ。185cmと大柄な彼は、パン食だけではおなかがいっぱいにならないとの事。さらに味気ないという。

自宅に戻ってお昼ご飯を食べると言う方法もあるが、1時間のお昼休みがアッというまに終わってしまう。それに、ガソリン代がかかって大変だし、環境にもよくない。

ということで、私のお弁当つくりが始まった。

毎朝5時半頃おきだして、作るのは大変!何よりも、日本と違って出来合いのものが無い。また、夕食がパン食のドイツでは、前日の夕飯の残りをお弁当のおかずにということもできない。

画像のお弁当は、金曜日に作ったもの。お弁当のおかずも5日目になるとアイデアもなかなか浮かんでこない。最初の日は、がんばって10種類ほど作ったら、さすがの息子も「ママ、無理しなくてもいいよ」と言う。餃子もアンを作って、自分で仕上げたもの。魚のみそ焼きは、前の晩味噌に付けて、朝火を通す。にんじんの味噌漬けはちょっとしょっぱかったようだ。(この日は味噌を使ったものが多く重なってしまった)

日本式のお弁当を作るのは、久しぶりのことだ。
夫の仕事の関係でチェコのプラハに住んでいたとき子供達が日本人学校にいった時以来かな。あの時は、ドイツ学校の休みの時間を利用して子供達は楽しみに日本人学校に通学していた。

全生徒が20人もいない、アットホームな学校だった。人数が少ないため生徒はみんなお弁当を持参していた。ドイツ人学校では、休憩時間の好きな時にパンや飲み物を口にすることができる。これに慣れていた我が家の子供達は、お昼まで何も食べることができなくておなかがすいて仕方が無かったようだ。お弁当のおいしさも一段と増したに違いない。

朝から食事を作っていると、自分が食べるお昼ご飯は作る気もなくなってしまう。お弁当を作り始めて1週間が過ぎた。あと2週間なんとかがんばらねば・・・

夕方、家に戻ってきて「お弁当、とってもおいしかったよ!」という息子の言葉に疲れもとんでしまう。

1日中座って、歯型を取ったり、モデル型で練習したりしているようだがとても面白いという彼。自分の息子とはいえ、彼の知らない一面を発見したようで、物思いにふけてしまう私だ。
[PR]
by foodwatcher | 2009-05-10 23:22 | 我が家の食
毎日食する料理を題材に、気長に細々書いていこうと一念発起して始めたこのブログ。
食べること大好き人間にとっては簡単と思っていた。
ところが毎回食事をする前に「ちょっと、待って!写真取るから」とパチリが意外とつかれるのだ。

条件反射とは、まさにこのこと。私が写真を撮るのを忘れていると、「今日は、写真取らなくてもいいの?すぐ食べていいの?」と家族は気を使ってくれるのでありがたい。 

確かに湯気の上がっている出来上がったばかりの温かい料理を前にして「待って!」というのも、なんだか酷なときもある。

と言うわけで、これからは毎回料理とは結びつかない内容もあると思います。

部屋の模様替えが大好きな私。その度に、家族は「また~」とあきれている。
最近は、重いものを持つと背中に負担がかかるのでやめていますが・・・
せめてブログの模様替えで満足することにしました。
[PR]
2008年度発売の郵便切手で一番美しいと評価を受けたのは、あのクヌートをモチーフにした自然環境保護記念切手だそうだ。

40万人の切手コレクターにアンケートを行った結果が4月30日ドイツポストより発表された。

e0166187_3384698.jpg


ちょうど1年ほど前に、このクヌートの記念切手について記載したことを思い出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カイラス・世界ブログより 2008年5月9日公開

ベルリン生まれの北極グマ・クヌート。2006年末、生後まもなく母グマのトスカが育児を放棄したため、飼育係りが24時間体制で人口哺育を行った。双子の兄弟が生後4日で死亡した事もあり、クヌートの育児や成長の様子は、当時世界中から注目を集めた。現在は、体重も100kg以上で人気も収束しつつあるが、4月10日、このクヌートをモチーフにした記念切手が登場した。

この記念切手は、Nature weltweit bewahren(世界中の自然を守る)シリーズの「自然環境保護のため」のひとつであり、生物種や生息地への気候変動の影響を表すシンボル・特別大使として「クヌート」が起用された。

「自然環境保護」シリーズ切手は、ドイツで1992年から導入されており、国内のみならず、世界の環境保全を援助しようという意図で始まった。ドイツ郵政局では、切手の歴代モチーフとして、生存中の人物が採用されたのは今までに例外が2つだけ。それは、連邦大統領とベネディクト16世、今回3つ目の例外としてクヌートが採用されたというから、その人気の大きさにもうなずける。

値段は、1枚につき、切手価格55セントと寄付金25セントの80セント(130円ほど)。この記念切手の発行は、2年ごとに行われ、ドイツ全国の郵便局で購入が可能。寄付金からの収益は、NGOが国内外で実施する生物多様性保全事業や団体の支援に充てられるそうだ。

環境保全に役立ち、郵便を送る方も受け取る方もきっと楽しくなるこの切手、クヌートが世界のどの国を旅行するのか気になるところだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドイツでもようやく国産品のイチゴが出回ってきた。
今のところ、500g3ユーロからとちょっと高め。でも輸入品とは一味違っておいしいこと!
これまではスペイン産のものが販売されており、こちらは、値段がドイツのものに比べて半額ほど。
ケーキを作る時間が無かったので、今日は市販の生地を買ってきてその上にイチゴをのせて出来上がり。


e0166187_3311731.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2009-05-03 03:59 | 仕事