カテゴリ:仕事( 110 )

今年1月中旬に執筆した記事、公開されていること気がつきませんでした。
文豪ゲーテが、困っていたこととは・・・・。
ろうそくにまつわる面白い背景がわかりました。

キャンドルの保存は冷蔵庫で!-ドイツ          

e0166187_17503295.jpg
  
アルコール専用冷蔵庫では、いつもろうそくを冷やしています
   

ドイツは、10月最後の日曜日から3月最後の日曜日まで冬時間です。
この時期になると、日中は朝8時過ぎから夕方4時ごろまでしか明るくないこともあり、
家庭やレストラン、カフェなどでキャンドルを利用することが多くなります。

暗い時を過ごす時間が長く続く、そんな陰気な雰囲気の中でキャンドルの暖かい炎は、
人々の気持ちをホットさせてくれます。テーブルを囲んで眺めるキャンドルのほのかな明かりは、
心をほのぼのとともしてくれるようで、気持ちが落ち着いてくるから不思議です。

さて、このキャンドルですが、冷蔵庫で冷やしてから利用するのがドイツ式。
その理由は、冷蔵庫で冷やすことでキャンドルが長持ちするからです。
急ぎの時は、冷凍庫で2時間ほどキャンドルを冷やしてから使うと効果があるようです。

キャンドルを用いることには、もちろん環境にも効果をもたらします。
ドイツ人は、室内照明を日本のように明るくしません。
スポットライトやキャンドルなどで雰囲気を楽しみます。

ドイツ人がキャンドルを好み、日常生活に定着した常備品として愛用している
背景を探ると、ゲルマン民族にさかのぼります。

ドイツ人の祖先ゲルマン民族は、暗い森で生活していました。
当時は、常に敵や獣に襲われる危険から逃れるためにも、生活の中の明かりは
松明の小さな炎でした。

小さな炎を見つめながら暖をとり、暗くて長い夜を過ごすことが常だったのです。
これらゲルマン民族の生活習慣が色濃く引き継がれ、今でもドイツでは暖炉を設置したり
テーブルにキャンドルを飾ったりして、快適な生活を楽しむようになったのです。

キャンドルのはじまり

キャンドルの発明は、今から5千年前にさかのぼるといわれています。
当時のキャンドルは、わら、麻、アシなどを利用して作ったそうです。

歴史専門家によれば、BC164年ごろにユダヤ教の祭典でキャンドルが使われたり、
紀元後は、ローマ帝国皇帝コンスタンティヌス1世(AD272~337)が
イースター復活祭の礼拝でキャンドルをつかったという記録も残っているそうです。

日本でははぜの実から抽出したろうを使ったキャンドル、インドではシナモン油を使った
キャンドルがはじまりと報告されています。

西洋でキャンドルが知られるようになったのは、前出コンスタンティヌス1世の
登場した頃からのようです。それまで使用されていたかがり火は、
油煙や焼けた後のいやなにおいが強かったのが難点でした。

一方、キャンドルは、閉め切った暗い場所・部屋でも利用できるという大きな長所から、
その利用が広まっていったそうです。

特に、当時のキリスト教徒にとって、キャンドルは大変重宝な照明でした。
暗くて湿気の多いローマの教会の地下埋葬所(墳墓・カタコンベ)で過ごすことの
多かった彼らにとって、キャンドルは、手間を省く生活改善の大きな一歩となったようです。

ローマ帝国において、キリスト教は、国教として認められてなかった。そのため、
信者たちは、地下埋蔵所などで密会、そんな時、キャンドルは、松明に比べて
非常に役に立ったようです。そして、コンスタンティヌス1世が皇帝についてから、
キリスト教は国教として認められました。

19世紀に品質向上のキャンドルが登場  

しかし、当時、高価なワックス製のキャンドルを利用できたのはごくわずかの
富裕層だけでした。一般庶民は、獣脂あるいは燃え残りのキャンドルワックスを
再利用するしかなかったようです。

なかでも牛の腎臓脂や羊脂から作られたキャンドルは、異臭が強く、
今のアロマキャンドルとは大違いで耐え難いものだったそうです。

松明よりずっと便利とはいえ、キャンドルには、さらなる難点がありました。
当時の灯心は、紐を使っていたためでしょうか、5分から10分ごとに
芯を短くせねばならなかったのです。

この不便さについては、ドイツの文豪ゲーテも
「灯心を切る面倒な作業を何とか改善できないものか」
と頭を痛めていたそうです。

机上で仕事をする時間が長かったゲーテの悩みは、よく理解できます。

そして、このゲーテの嘆きが解決したのは19世紀初頭のことでした。
主としてステアリンとパラフィンからつくられたキャンドルが開発され
使われるようになったからです。

約55度で融解するステアリンは、ヤシ油の脂肪を使ったもので環境にも優しく、
蜂蜜ワックスや石油から産出されたパラフィンより硬いとのことです。
ステアリンは、その当時、とても高価で入手が難しかったため、
安価で手軽に入手できるパラフィンをミックスしてキャンドルを作ったそうです。

現在、ドイツで販売されているキャンドルは、パラフィンワックスを用いたもの、
はぜの木の果実から抽出したはぜろう(海外ではジャパンワックスと
呼ばれています)をワックスとミックスしたもの、蜜蝋100%を用いたものなど
数え切れないほどの種類があります。

ちなみに、ジャパンワックスは、アイライナーや口紅などの自然化粧品にも使われており、
ドイツの自然愛好家に大きな支持を得ています。
 
参考までに。
ドイツ人は、室内照明を日本のように明るくしません。これには、こんな説もあります。
ドイツ人の瞳は、ブルーや薄緑など淡色が多く、そのため黒い瞳の日本人よりも
明かり・光に対して敏感とのことで、こちらでは、日本の明るすぎる様な照明はしないようです。


Nifty Truths behindWorld News
[PR]
by foodwatcher | 2012-04-01 18:01 | 仕事
最近公開の記事、ドイツでのユニークなビジネスです。

一読ください。
[PR]
by foodwatcher | 2012-03-31 18:55 | 仕事
25日土曜日の「たけしのニッポン人白書」ご覧になりましたか?

オンエアになったので、ドイツでの撮影について記してみたいと思います。

e0166187_20445457.jpg

画像は、インタビュー直前に撮りました。左はロータリークラブウィッテンからの仲間。
真ん中、シュピールベルク氏、右が娘さんのヨハンナさん。

インタビューを受けて下さったシュピールベルク氏家族は、
昨年日本でも津波にあったドイツ人家族としてメディアで
たくさんとりあげられたと思います。

私がコンタクトをはじめてとったのは、昨年12月末。
ちょうどクリスマスシーズンで、撮影や取材依頼は非常に
難しい時期でした。

クリスマス休暇で自宅を離れていたシュピールベルク氏と
電話連絡できたのが、新年になってからです。

取材依頼は、2度断られてしまいました。

やっぱりという思いでした。というのも、

1.いまだトラウマ治療にかかっていること
(以前、タイであった津波大災害時に被害者を
ケアしていた精神医の元で、このご家族は治療していました)
ドクターのアドバイスもあリ、公共の場にでるのは遠慮します・・・・

2.ドイツ国営放送ZDFの昨年末の番組「Menschen 2011」
出演を最後にして、今回の件については一応終止符をうちたい。
私としては、この気持ち、大変よく理解できました・・・

3.日本のメディアにもたくさん対応したので、辞退したい

というのが理由でした。

それでも、何度かシュピールベルク氏と電話でお話をしているうちに
同氏がとてもお話好きということに気がつきました。

そういえば、彼はラインランド人。
ドイツでラインランドの人といえば、とてもお話好きで有名です。
もちろん心を許せばという条件つきですが・・・・
ちなみにラインライド地方とは、ライン川に沿ったドイツ西部地方を指します。
同家族の居住地デュッセルドルフも、ラインランド地方に属します。

でも、今回は、健康上のこともあり、同家族がインタビューを受けて
下さるように心を動かしていただくまでには、とても困難を極めました。

私は、出来ないことがあったら、それで諦めるのではなく、俄然やる気が出てくる
タイプなので、どうしたらシュピールベルク氏に納得していただき、賛同を得る
事ができるか、延々と考えました。

本来、ドイツ人がノーといえば、本当にノーで、それを覆すことは、いくら長く
ドイツに住んでいて、ドイツ人を良く理解している私とはいえ、超!難関です。

4ページにわたる長い手紙を書きました。
内容は秘密ですが、誠意を持って事実を伝えたことで、
シュピールベルク氏はとても心を動かされ、取材を受けて下さることになりました。

やった!

同氏によれば、私は日本人であっても、文面ではやはりドイツ人感覚だったことが
幸いしたようです。こちらも何があったのかは内緒です。

そして、同氏からは、日本人、日本のために、役に立つことが出来れば、
心からお手伝いしますという返答をいただき、本当に心にグッときました。

話し変わって、昨年あるTV局からの依頼で「ドイツ人は議論好き!」というテーマで
リサーチをしましたが、どうやら私は、ドイツ人の感性にかなり近づいてきたようです。

さて、取材当日。
当時は、大寒波がドイツにも到来してました。

朝早く、取材先のデュッセルドルフに向かいまいた。
最寄の駅まで夫が車で送ってくれる予定・・・・・と思いつつ、車が寒さで動かない!
車庫に入っている夫の車は、いつも問題なく運転できるのに、
その日に限ってバッテリーが空っぽになっていた!

私の車は、家の前に駐車してあるので、夜中マイナス15度以下には耐えられない。
窓ガラスは氷ついて、やはりバッテリーに問題があり、発車できない。。。。
土曜日の早朝、周辺は静かだった中で、私の叫び声「どうしよう、助けて!
ナイン!ナイン!」が響いていました。

何回も挑戦して、やっと私の車が使える状態になりました。
大慌てで、駅に向かい、発車時刻に間に合いホッとしました。
その後、電車が遅れて冷たい風が吹きぬけるプラットホームで
10分以上待つはめに・・・体中が冷え切りました。

シュピールベルク氏ご家族へのインタビューは、
2時間以上にもわたりました。

ご家族が体験したあの日の様子を再現シーンで
放映するということで、大変詳細にわたる質問だったにもかかわらず
皆さん、大変丁寧に対応して下さりました。

インタビュー中、私は涙をポロリ・・・・
ご家族が体験されたことが、メディアの報道を通して
知った内容とは全く異なる迫力で心に浸みてきました。

ディレクターの「典子さん、仕事です」という一言に
涙を必死に抑えて、質問し続けた私です。
涙声になったのは、ひとつの質問だけでしたので
ごめんなさい。

番組では、再現シーンが多く、実際のインタビューシーンは
あまり長くないと聞いていますが、今も忘れられないインタビュー
です。

インタビュー終了後、お礼の手紙をシュピールベルク氏に。
「プロなら、感情を外に出さず、仕事をするべきという声もありますが、
私は涙をこぼしてしまいました・・・・。大変失礼しました」と私。

これに対してシュピールベルク氏からの返答は以下の通りです。
「いいえ、涙をこぼしたことには、かえって人間味を感じました。
人間は、機械ではないのですから・・・・」

原稿執筆やTV番組のコーディネートとして、これまでたくさんの方々に
インタビューをしてきましたが、今回は特に心に残る思い出となりました。
[PR]
by foodwatcher | 2012-02-27 21:08 | 仕事
今週土曜日25日オンエアのたけしのニッポン人白書(21時から23時10分)を
是非ご覧ください。

ドイツのリサーチとコーディネート担当させていただきました。
あの日・・・3月11日からもう1年近くになりました。

この大災害を体験したある方にインタビューをするチャンスに恵まれましたが、
その取材中に改めて「震災、原発、日本人」などについて色々考えさせられました。

番組スタッフの方々は、ただいま最後の追い込みに奮闘中です。

撮影に至るまでのハプニングやインタビュー当日については、
放映後にお知らせします。

お楽しみに!
[PR]
by foodwatcher | 2012-02-23 18:40 | 仕事
ドイツに住んでいれば、きっと一度は手にしたことがあるだろうヤノッシュの絵本。子供のみならず、大人が読んでも心温まるストーリーばかり。

そのヤノッシュが80歳になったのを記念して、記念展覧会が開催されています。
こちらをどうぞ。

彼の作品にでてくる主要キャラクター、優しく手料理好きなクマ君、ちょっとわがままでいつも話題を引き起こすトラ君、ドイツ人を代表するかのように議論好きなカエルのギュンター、タイガー・エンテでお馴染みのトラ君の木のおもちゃトラアヒルなどがこの展示場で満喫できます。

我が家の子供たちが大好きだったヤノッシュの絵本の数々は、2人が大学生になった今でも大切に保管してあります。彼らの部屋を整理していて、たくさんの本やパズルなどを図書館に寄付したり、友人にプレゼントしたりしたが、ヤノッシュの本はやはり手離すことが出来ませんでした。

1980年、彼は、病気療養のためにカナリヤ諸島テネリファ島で過ごしたことをきっかけに、それ以来気候温暖なこの島に在住しているそうです。

80歳を迎えたヤノッシュは、仕事をしないでハンモックに横たわりながら、悠々自適の生活を楽しんでいるという。まさに、彼の作品を地で行く思いのままの時間を謳歌しているとか。
[PR]
by foodwatcher | 2012-01-08 21:46 | 仕事
レーゲンスブルクは、ドナウ川沿いにある古都。日本で言えば京都に当たるだろうか。

ここの歴史は古くてローマ時代から重要な役割を果たしてきた街だ。
世界遺産に登録された旧市街、大聖堂、ドイツ最古のソーセージ屋さん、
ドイツ最古のコーヒー店、ドイツ最古の帽子屋さんなどなど、とにかく歴史が長い街だ。

ここでのハイライトは、13世紀から14世紀に建てられたゴシック建築の大聖堂内でのレーゲンスブルク少年合唱団コーラスの様子を撮影できたことだ。日本のTV撮影クルー訪問は合唱団マネージャーによれば、今までなかったとか。

e0166187_6563218.jpg


日曜日10時から始まるミサで歌う合唱団の歌声を聴きながら、特等席で撮影をした。あわただしい取材の合間に少し座ることが出来たこと、そして歌声に酔いながら心を休めることが出来た貴重な時間だった。

参考までに、レーゲンスブルク少年合唱団の歴史は、ウィーン少年合唱団よりも古いということでした。

e0166187_73885.jpg


コーディネーターとしては、最難関だった大聖堂内で、しかもミサの間に、そして合唱団を撮影という多岐にわたる撮影許可すべてを手にした瞬間は、苦労が報われたようでとてもうれしかった。

ちょうどクリスマスシーズンで、個人経営のお店は、超多忙。
そんな中でも、皆さんとても協力してくださいました。

ドイツ最古の帽子屋さん。HutKönig
右側のアンドレア・ヌスラン氏は、ドイツでただ一人と言う男性用と女性用の両方のマイスターである。

左側は、弟さん。すべて手作業でひとつの帽子を制作するのに、80工程もあるそうだ。

ちなみに日本TVチームの取材は、私たちがはじめてとのこと。とても歓迎して下さいました。

e0166187_7195843.jpg


お二人がかぶっている帽子は、通称プレイボーイハット・95年にドイツプレイボーイ雑誌の取材をうけ、それ以来、大ブレイクした帽子のため、こう呼んでいるそうだ。

ちなみに、レーゲンスブルク出身のローマ法王ベネディクト16世の帽子もアンドレアさんが考案し、制作したものという。その帽子と同じモデルは、1500ユーロで手に入れることが出来るそうだ。

ディズニーの、「アリスインワンダーランド」映画DVD用にジョニー・デップがかぶっている帽子もこのお店の製作品とのことです。

日曜日にもかかわらず、私たちのためにお店を開けてくださりとても感激しました。いつか個人的に是非訪問します!と別れを告げました。

また、ドイツ最古のコーヒー店Cafe Prinzess でも撮影させていただきました。
撮影許可は得ていたものの、店内の様子を見ながらにしてくださいと言うオーナーの言葉の意味が訪問してみてよくわかりました。

とにかくびっくりするほど客が多く、店内は身動きが出来なほどで、まるで東京のラッシュアワーの電車内にいるようだった。それだけ人気があるということで、それでも客に迷惑がかからない様にバッチリ撮影させていただきました。そしてオーナーも長時間のインタビューに対応して下さいました。

ドイツといえば、ソーセージ。ここレーゲンスブルクにあるHistorische Wurstkücheでも、ソーセージを焼いているシーンや店長へのインタビューなど無事撮影できました。

このソーセージ屋さんはドナウ川沿線にあり、旧市街と新市街を結ぶのがドイツ最古の石橋。この石橋は、なんとチェコ・プラハにあるカレル橋の見本となったそうです。

そういえば、我が家が4年間すんでいたプラハに似ている雰囲気を持つレーゲンスブルクでした。

その他の撮影は、帝国議会博物館やレーゲンスブルクから車で40分ほどの場所にあるドナウ川沿いのヴェルテンブルク修道院付属のビール醸造所にも足を運びました。ここでの撮影模様は、またの機会にお知らせしたいと思います。
[PR]
by foodwatcher | 2011-12-30 07:50 | 仕事

福島原発事故を受けて脱原発を表明
自然エネルギー人気は加速!

e0166187_6385963.jpg


ドイツ脱原発後の充分な電力供給の鍵は?

最新の世論調査では、回答者の94%が自然エネルギー利用拡大を「重要」と考え、電力料金への割り当てキロワット時3.5セントの上乗せ負担額に約80%が賛同している。

独政府は、2050年には電力消費量の80%を自然エネルギーで供給することを目指し、送電網の拡大や火力発電の増設に力を入れている。

一方、エネルギーシフトには、自然エネルギーへの段階的移行と同時に、エネルギー効果の改善、つまり大幅なエネルギーの効率化を図ることが鍵という。

ドイツ全体のエネルギーの約40%は建物の暖房需要であり、これによるエネルギー損失は高い。そのため、政府は、家の断熱を強化することで既存建物の全エネルギー消費量を20%までに抑制する計画だ。

さらに、50年までには建物のエネルギー需要を再生可能エネルギー100%でまかなう予定である。

Alcom world 2012年1月号寄稿一部抜粋です。
[PR]
by foodwatcher | 2011-12-30 06:40 | 仕事

バイエルン州で最も人気のある温泉保養地バード・ライヒェンハルについて寄稿しました。
日本通運ペリカン欧州版11月号、一部抜粋です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この保養地の最大の魅力は、近郊の山岳地帯から産出される豊富な塩を活用した塩療法泉だ。

市内55箇所の源泉から湧き出すアルプス塩泉は、テルメや製塩装置、吸引療法などに用いられ、自然がもたらす健康法として療養に効果を発揮している。

古来「塩」は、金のように貴重な商品だったことから、別名「白い黄金」とも言われ、この街の繁栄を築いたという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今ドイツでは、雪が降ったり雨が降ったりの毎日です。空は相変わらず灰色。
こんな時には、ウェルネスホテルが恋しいですね。
[PR]
by foodwatcher | 2011-12-22 17:56 | 仕事
e0166187_0513694.jpg


先日お知らせした、毎日放送番組の撮影後記です。
今回の撮影は、大変スケジュールがきつく、しばらくダウンしていました。

シュトッツトガルトは、バーデン・ヴュルテムベルク州の州都です。
ここには、メルセデス・ベンツ社、ポルシェ社、ボッシュなどドイツを代表する
大企業の本拠地があります。

撮影班が訪れた12月始めは、ちょうど、この街の鉄道中央駅「シュトッツトガルト21」の改築をめぐる州レベルの住民投票が行われた後だったため、デモの心配もなく撮影ができました。

この住民投票の結果は、意外なことに賛成者が多くこのプロジェクトが進められることになった。

現在、駅の地上にある頭端式ホームを通過型の地下ホームにするもので、空港駅の新設や高速鉄道線の拡張なども含まれる。今年2月に着工したが、反対派が激しいデモを展開。数カ月前から工事が中断していた。住民投票の結果を受け、工事は来年1月から再開される予定という。


さて、経済インタビューをしました、市役所経済部のR氏によれば、同州の失業率はなんと3,9%。ちなみに、ドイツの11月失業率が6,4%ですので、同州の失業率はかなり低いことになります。

この6,4%でさえ、東西ドイツ統一後、20年来最低の記録を更新したと報道されていましたが、それを下回る失業率!つまり、この州の雇用市場が安定していることを示している。

そして、ギリシャに始まった経済不安は、ドイツにまだ及んでいないという。

これは、街頭インタビューをしても、全く同じ返答であった。まるで、みんな口をそろえたかのようだった。州職員や学生、会社員などなど、様々な職業についている方たちに質問したが、みんな好調で満足しているという。

高級デパート・Breuningerでも支店長さんや店内のお客さんにインタビューしたが、やはり景気は上々と言う。財布の紐は緩くなることはあるけれど、硬くなっているということは全くないそうだ。

そういえば、ポルシェの今年1月から9月期は、25%営業利益が増加したと報告がある。そして、独自動車各社の米国販売実績も、すべて2桁増という好調ぶりだ。

ちなみに、ドイツ内で失業率が少ない州は、バーデン・ヴュルテムベルク州とバイエルン州だそうだ。

さて、撮影は、現代アート美術館や街の胃袋とも言われるマルクトハレやもちろんクリスマスマーケットでも行いました。

ここのクリスマスマーケットの特徴は、各スタンドの屋根の飾りがとても大掛かりなこと。毎年、どの屋根のデコレーションが美しいかコンテストもあるとか。3位までの入賞者には賞金もあるそうです。冒頭の画像がスタンドの一例です。

手作り品あり、クリスマスのオーナメントやキャンドルなど、所狭しと見るだけでも楽しいクリスマスマーケットでしたが、極めつけは、さばの炭焼きでした。1匹11ユーロ。串焼きです。

何で魚の炭焼きが販売されているのかは不明ですが、ドイツの魚の食し方と言えば、オーブンで焼いたり、フライパンで蒸したりがほとんどなので大変珍しい品です。ちなみにこの魚はノルウェー産とのことでした。

e0166187_052621.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2011-12-16 01:04 | 仕事
あっという間に12月も半ば近くになりました。

ここしばらくは、TV番組撮影のリサーチとコーディネートに明け暮れていました。毎日放送・ちんちんプイプイからお仕事をいただきました。この番組の中で、リアル世界というコーナーがあり、ドイツの紹介をお手伝いしました。

各取材先の撮影許可入手は11月中旬から始めましたが、ドイツのクリスマス商戦準備はすでに11月初旬から始まっています。そのため、撮影許可依頼、入手は困難を極めて、この間かなり電話対応や手紙での依頼などに追われまくり、体重ががくっと減りました・・・・・。

撮影場所は、シュトッツトガルトとレーゲンスブルクの2都市。

撮影中のハイライトは色々ありましたが、中でも日本のTV撮影班が足を踏み入れたのは私たちがはじめてという場所にもお邪魔することができ、撮影許可を得た時の喜びが再びよみがえってきました。本当、コーディネーターとしては、うれしい限りです。これから撮影時の様子を少しづつ紹介していきたいと思います。

ドイツのクリスマスマーケットといえば、ドレスデン、ニュルンベルク、そしてシュトッツガルトが有名です。なかでもシュトッツトガルトは、世界で一番大きなクリスマスマーケットなのです。

ちなみに、この街を撮影班と訪れるのは、今年2度目でした。

シュトッツトガルトでは、クリスマスマーケットも重要な撮影目的でしたが、実は、ギリシャに始まった欧州経済危機についてのインタビューも今回訪問の大きな目的でした。

同市市庁舎の経済部部長代理へのインタビューは、かなり緊張しましたが、意義のある取材となりました。そして、街頭インタビューも色々な職業の方々に数え切れないくらいしましたが、同じような返答が戻ってきたのには驚きました。

詳細は、また明日に。

画像は、シュトッツトガルト市庁舎の屋上から撮影をさせていただきました。市庁舎広場のクリスマスマーケットが一望です。
e0166187_4352784.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2011-12-12 05:01 | 仕事