カテゴリ:仕事( 110 )



パ リ、ローマを巡る12日間の新婚旅行の締めくくりに39組の中国人カップルが7日、バイエルン州ヒュッセンの聖マング教会で結婚式を挙げた。司祭の「妻 (夫)として娶りますか(認めますか)?」という質問に、全員で口を揃えて「Yes we will!」。その後、シュヴァンガウにあるノイシュヴァンシュタイン城の麓で幸せいっぱいの新婚夫婦たちの記念撮影が行われた。白鳥の騎士の住むような 城を作ろうと思い、未完成のうちに逝った城主ルートヴィヒ2世やシシーの愛称で知られるオーストリア皇妃エリザベートの代役も、遠方からの訪問客を歓迎。 白いウェディングドレスとタキシード姿のカップルたちは、ルートヴィヒ2世やエリザベート皇妃と一緒にカメラに収まり、「夢が叶った」と大満足だったそ う。皆さんお幸せに~!

ニュースダイジェスト6月19日寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-07-25 20:21 | 仕事
いよいよ、この週末からドイツ16州のうち4州で生徒達の夏休みが始まった。
ドイツでは、旅先での混雑を防ぐためにも州によって夏休み開始期間が異なる。

夏休みに入る前の話題のトップは、やはり成績表というところか。
生徒も親も半年間の成果はいかにと気になり、不満や笑顔が飛び交うのもこの時期だ。

そして、時を同じくして教師が生徒より受ける評価にも注目が集まる。
今回は、ドイツ語女性教師が自分の受けた評価、つまり成績表が不満として、教師採点評価のサイトSpickmich(シュピック・ミッヒ)を相手取り、連邦裁判所(カールスルーエ)に訴訟を起こした。

詳細は、昨年メディア・サボールに寄稿したものをごらんいただきたい。

.......................................................

2008/02/15

生徒による教師評価サイト:Spickmich(スピックミッヒ)が訴訟沙汰で知名度急上昇

 ドイツの生徒達が担当教師を採点評価し、その内容を誰でも閲覧できるサイト、http://www.spickmich.de(ス ピックミッヒ:カンニングやのぞき見の意)が教師や生徒の間で話題になっている。賛辞だけではなく多くの批判が書き込まれており、自分の子供から聞く教師 の情報だけでなく、他の生徒達の意見もわかるとあって親達にも評判がいい。教師達は、よりよい授業内容にしていきたいと意気込む賛成派や、評価の悪さに憤 慨する反対派など反応も実に様々である。

 スピックミッヒは、2007年1月大学生3人が立ち上げたサイト。開設者の1人ケラーさんによると、スピックミッヒは、大学生が教授たちを評価するサイト、http://www.meinprof.de(私の教授)から思いついたアイデアとのこと。評価書き込みの中心は10歳から19歳までの生徒達で、サイト内の評価閲覧は登録すると誰でも可能だ。 

 教師の評価項目は、セクシー、生徒間での人気度、授業内容、人格、授業中の雰囲気、試験やテストの難易度、公平な成績評価などが上がっており、 1から6の評価を書き込む。評価された点数を加算し、項目数で割った平均値が最終評価点となる。これは生徒の成績表と同じで、1の優から始まって6は落第 点となる。また教師評価トップ10あるいはワースト10のほか、15万人以上の教師の評価が閲覧(のぞき見)できる。

 昨年11月、ドイツ北西部ノルトライン・ヴェストファーレン州の女性教師が、スピックミッヒ開設者3人を相手取って訴訟を起こした。この教師 は、サイト内での悪評価に激怒し人権侵害もはなはだしいと、法の力を借りて自身の名誉挽回を図った。世論に話題を投げかけたこの裁判、言論の自由と言う理 由で女性教師の訴えはあっけなく却下された。

 その後、スピックミッヒの知名度が急上昇したのはいうまでもない。週末や生徒に成績表が渡される時期になると、一時的に入力が出来ないほどの人気ぶりである。(ドイツでは年2回成績表が渡される。半期成績表は1月下旬から2月の上旬、年間成績表は夏休み前。)

 上記評価表の女性教師担当科目は、生物とドイツ語。教師の名前(ここでは伏せてある)、勤務学校名、総合評価点が明記されており、評価した生徒数は42名。1,8はかなりいい評価である。
 ネット評価賛成派教師は、60%を占め「生徒の評価を授業内容に反映できる。教師も成績表を貰うことで自分自身を高めていく指針になる」と向上心 も旺盛。40%の反対派教師は、「生徒の成績は個人を尊重し、他人の前では公表しない。一方教師の評価は、ネット上誰でも閲覧可能で、まったくもって不愉 快である。」と不満をぶちまける。また「評価や成績に問題があると思っている生徒は、直接教師に相談にくればいい。何も問題をおおやけにする必要はない」 と言う教師。更にネット評価は匿名で書き込むため、フィードバックができない。これが、教師にとっては許せない。

 生徒側の意見は、「教師に面と向かっていえない賛辞や批判が書き込める。教師に対して自分と同じ意見を持っている生徒がたくさんいることで安心 する。生徒間のつながりがもてるようになった」などである。また「評価が公平でない教師、ひいきの生徒には点数が甘い教師、自分を正当化し生徒の訴えに聞 く耳を持たない教師」など普段の教師の様子が反映されて評価採点となる。

 このサイトを利用する生徒達は、批判はするものの意外にざっくばらんであっけらかんとしている。評価の書き込み後は、不満のある教師に対してもこだわりを持っていない。こだわりを持つのはかえって教師の方で、評価が気になって冷静になれないようだ。

 教師も以前は生徒だったことを振り返ってほしい。その昔、教師評価サイトがあったとしたら、当時の生徒達は、教師に何を望みどんな評価を書き込んだのだろうか。

以上
メディアサボール

........................................................................

このときは地方裁判所が取り扱った訴訟だったが、今回は連邦裁判所であった。
「シュピック・ミッヒは、教師評価のサイト公開前にさらなる厳重な監視を」という忠告をうけたが、結果は、前回と同じく女性教師の訴えは却下された。

ひとつ私が気になったのは、2回とも女性教師が訴訟を起こしていること。そしてドイツ語の教師であること。

これって偶然?それとも何か、理由があるのかな?

シュピック・ミッヒによると、百万人の生徒がサイトに登録しており、約45万人の教師を採点評価、約3万3千校が評価に参加しているという。
[PR]
by foodwatcher | 2009-06-28 19:37 | 仕事

私のブログ名germanfoodwatcherをつけるにあたり、参考にしたリンク名www.foodwatch.deをご覧ください。

普段何気なく購入して口に入れている食品には、意外な事実が・・・
宣伝に惑わされること無く、日用品を買うのは一般庶民にとっては、なかなかむずかしい。
何を基準にして健康食品を買ったらいいのだろうか・・・
ビオ製品もいいけれど、一部にはあまりこだわりすぎる必要もないという報道もあるようだし。


5 Juni 2009 Nr.768

食品監視を専門とする消費者団体foodwatchが、3万5000人を対象にネット上で行ったアンケートの結果と独自調査により、国内外の多くの企業が食品偽装をしていることがわかった。例えば、某社の飲むヨーグルトは免疫システムを強化すると表示しているが、その効果はほとんどないそうだ。また、松の実とオリーブオイルをたっぷり含むと表示された瓶入りのバジルペストには、ほんの数滴のオリーブオイルとカシュウナッツしか含まれていないことも発覚。子どもに人気のヨーグルトには、表示分以上の砂糖が含まれていた。これらはほんの氷山の一角という。1日当たり1000人の消費者が500品目以上の評価に関わり、同社は偽装表示がわかった商品を順次公開していくとのこと。
ドイツニュースダイジェスト・パノラマ寄稿)
[PR]
by foodwatcher | 2009-06-13 18:25 | 仕事


5 Juni 2009 Nr.768

皮下脂肪の吸引、ボトックス注射、鼻の矯正、目のたるみ補正……美容整形手術といえば女性が受けるものと思いきや、今や国内で年間25万人もの男性が手術を受けているという。特に、企業のトップマネージャーやコンサルタントなど管理職の間で人気が高い美容整形は、健康的で生き生きとしたイメージを作り出し、キャリアアップにも有効だとか。セレブに大人気のボーデン湖整形外科のクリニック・マング医師によると、小柄でずんぐり、髪の毛が薄くビール腹の男性よりも、細身でふさふさとした毛髪、英気なカリスマ性を持つ男性のほうがポジティブな印象を与え、成功する確率も高いとか。整形手術を受ける男性の数は患者5 人に1人の割合で、20年前と比べて4倍も増えたそうだ。
ドイツニュースダイジェスト・パノラマ寄稿)
[PR]
by foodwatcher | 2009-06-13 18:10 | 仕事
ドイツで生活している日本人にとって、情報誌として人気のある「ドイツニュースダイジェスト」
ご縁があって、同誌のパノラマコーナーに寄稿をすることになりました。

以前の記事をたどってみると、なかなか面白い内容がぎっしり。
芸能関係(あまり得意では無い分野)もあり、タブロイド版という感もします。
隔週に、2本ずづ公開されます。
お楽しみに!

テディベアは、こうして生まれた
22 Mai 2009 Nr.766

ドイツの有名なぬいぐるみといえば、シュタイフ社のテディベア。その生みの親であるマルガレーテ・シュタイフが病死してから今年5月で100年が経った。

「ボタン・イン・イヤー(Knopf im Ohr)」のトレードマークを持つこのくまのぬいぐるみは、実は意外な経緯から誕生した。1歳半で小児麻痺を患ったマルガレーテは、生涯車椅子の生活を強いられることに。

しかし15歳から洋裁を習い始め、ある時クリスマスプレゼントとして作ったゾウの針刺しが親戚の子どもたちに大好評、これが動物のぬいぐるみを縫うきっかけとなった。

そしてその後、甥のリヒャルトがライプツィヒのおもちゃ見本市で展示したテディベアが大ブレイクしたのだ。ちなみにテディベアの名前の由来は、第26代米大統領テオドア・ルーズベルトの愛称「テディ」とか。


65年前のフラッシェンポストの中身は?
22 Mai 2009 Nr.766

旧ナチス・ドイツのアウシュヴィッツ強制収容所の近くでこのたび、65年前の手紙が発見された。

7人の名前、収容所の住所、6桁の収容者番号、1944年9 月20日の日付が記載された紙切れは、ポーランド南部にある同収容所跡の隣の建物の壁から作業員が工事中に見つけたもの。

第2次世界大戦中に生きた収容者としての存在を何らかの形で残そうとした彼らの思いが、今ようやく日の目をみることになった。当時10代後半であった7人の収容者のうち、現在生存しているのは4人のみ。

その中で唯一のユダヤ人女性は、「まさか発見されるとは思いもしなかった。過去の精霊が私たちの思いを呼び起こしたようなもの。これが気概と絶望の間で過ごした収容者たちの惨事を振り返るきっかけとなれば本望」と感慨の様子だったそう。
[PR]
by foodwatcher | 2009-05-25 19:17 | 仕事
ドイツ国内薬局は、薬剤師資格所有者のみが経営するべし。薬剤師のいないチェーン店経営は認めない!

ドイツの個人経営薬局の存続を脅かすドック・モリス薬局チェーン店の国内拡張に歯止めがかかった。

ドイツ薬局連盟・ザールランド州支部は、ドック・モリス社に対し、「薬局チェーン店は不法行為」の訴訟を昨年欧州連合司法裁判所に申し立てた。本件についての最終判決が昨日下されたのだ。

「1960年に制定されたドイツ薬局法に基づき、薬局は今までどおり薬剤師の資格を有したものが経営する。薬剤師経営者は、従来と同じく3支店(本店と支店で計4店)の経営を認める」と最終判決が下された。

薬事戦争の始まりは、ドック・モリスの薬局経営参入だ。同社は、2003年よりドイツ国内で医療品通販を開始し、大きな成功を収め、個人経営薬局を脅かした。

さらに、2006年にはドイツで薬局営業許可を取得した。2007年1月にザールランド州でドック・モリス薬局第1号店を開局、今後薬局チェーン店500件を展開していく意気込みだ。

これに待ったをかけたのは、ザールランド州薬局連盟。薬局の使命は、「患者に専門的な助言をし、健康回復の手助けをする」事で、利益のみを追求することは違法だというわけだ。これを受けて2008年12月、欧州連合司法裁判所・検察当局検事総長は、「薬剤師資格所有者以外の薬局経営禁止令」を発した。

今回の最終判決によって、ドック・モリス側や親会社セルシオ(07年4月ドック・モリス社90%株を買収)がどう出るか、目が離せない。

ドイツ薬事戦争の経緯はこちらでどうぞ。

ヨーロッパ最大医薬品ネット通販会社ドック・モリスが引き起こしたドイツ国内薬事戦争 

規制緩和で小が大に飲み込まれる薬局の危機---ドイツ薬事戦争パート2

その後の経過は 「 class A Field」保険薬局のためのマーケティング情報誌spring(3月)に寄稿しました。

e0166187_2345262.jpg


e0166187_2344319.jpg



FAZ5月19日の記事です
[PR]
by foodwatcher | 2009-05-21 00:07 | 仕事

先週7日(木)にオーストラリア・シドニーからのビジネスアイデアが公開されました。

日経BP・クローズアップ・世界のユニークビジネス

「熱すぎる飲料にご注意!色の変化で危険がわかる”ふた”登場」 

日常のちょっとしたことが、ビジネスのアイデアにつながる良い例だと思います。
毎回色々な分野で活躍されている方にお話が聞けるのを楽しみにしています。
[PR]
by foodwatcher | 2009-05-11 03:48 | 仕事
2008年度発売の郵便切手で一番美しいと評価を受けたのは、あのクヌートをモチーフにした自然環境保護記念切手だそうだ。

40万人の切手コレクターにアンケートを行った結果が4月30日ドイツポストより発表された。

e0166187_3384698.jpg


ちょうど1年ほど前に、このクヌートの記念切手について記載したことを思い出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カイラス・世界ブログより 2008年5月9日公開

ベルリン生まれの北極グマ・クヌート。2006年末、生後まもなく母グマのトスカが育児を放棄したため、飼育係りが24時間体制で人口哺育を行った。双子の兄弟が生後4日で死亡した事もあり、クヌートの育児や成長の様子は、当時世界中から注目を集めた。現在は、体重も100kg以上で人気も収束しつつあるが、4月10日、このクヌートをモチーフにした記念切手が登場した。

この記念切手は、Nature weltweit bewahren(世界中の自然を守る)シリーズの「自然環境保護のため」のひとつであり、生物種や生息地への気候変動の影響を表すシンボル・特別大使として「クヌート」が起用された。

「自然環境保護」シリーズ切手は、ドイツで1992年から導入されており、国内のみならず、世界の環境保全を援助しようという意図で始まった。ドイツ郵政局では、切手の歴代モチーフとして、生存中の人物が採用されたのは今までに例外が2つだけ。それは、連邦大統領とベネディクト16世、今回3つ目の例外としてクヌートが採用されたというから、その人気の大きさにもうなずける。

値段は、1枚につき、切手価格55セントと寄付金25セントの80セント(130円ほど)。この記念切手の発行は、2年ごとに行われ、ドイツ全国の郵便局で購入が可能。寄付金からの収益は、NGOが国内外で実施する生物多様性保全事業や団体の支援に充てられるそうだ。

環境保全に役立ち、郵便を送る方も受け取る方もきっと楽しくなるこの切手、クヌートが世界のどの国を旅行するのか気になるところだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドイツでもようやく国産品のイチゴが出回ってきた。
今のところ、500g3ユーロからとちょっと高め。でも輸入品とは一味違っておいしいこと!
これまではスペイン産のものが販売されており、こちらは、値段がドイツのものに比べて半額ほど。
ケーキを作る時間が無かったので、今日は市販の生地を買ってきてその上にイチゴをのせて出来上がり。


e0166187_3311731.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2009-05-03 03:59 | 仕事
今月18日、日経世界のユニークビジネスに英国での医師不足について書いた。
これに対応し解決策を生み出した歯科医についてである。

いまや医師不足は、どこの国でも大きな課題として対策を打ち出さねばならないようだ。
医師不足と同じく、日本でも大きな話題となっている薬の通販について触れてみたい。

日本では、今年の6月に改正薬事法施行に伴い、薬の通販規制がされ、一部を除き販売禁止となるようだ。

ドイツでは、2003年に国内医薬品ネット販売が認証されてからは、通販ブームとなっている。薬通販やドイツ医療業界については、色々と書いてみたが、またの機会に紹介してみたい。

ところが、先日のニュースによると、ドイツでも通販で偽物薬品が販売されているようだ。特にダイエット用やポテンツ・痛み止めの薬に要注意との事。中国、インド、東欧からの医薬品が怪しいようだ。これらの国で生産されたものには、本来の成分とは異なる物質が含まれている。

ドイツ語での使用説明書が入っていない商品は、すぐ疑って見るとの事。また、一部医薬品は、医師からもらった処方箋が必要であるが、それらの薬が処方箋なしでも気軽にネットで買える・・・これも要注意の薬と警告している。

実は、我が家も通販で薬を買っている。 ドイツでも偽者!と思いちょっとどきりとしたが、これらの薬を買っているわけではないのでひとまず安心だと思う。 

かの有名なオランダ・ドックモリスからではなく、ドイツ国内の通販会社から取り寄せている。
理由は簡単。常備薬としている薬が、オランダのそれよりも安かったからである。

e0166187_18371047.jpg


この通販会社は、現在25万点以上もの医薬品を提供しており、その規模も国内最大である。
1回の購入額が60ユーロ以上になると、コード番号を入力するとサービスで色々なおまけも付いてくるようだ。

ちなみに、私は、今までこのサービスに気が付かなかったので、プレゼントを一度も手にしたことはない。

e0166187_18421420.jpg


いずれにせよ、急な時にはやはり薬局へ足を運ぶことになる。
友人が薬局経営をしていることもあり、薬通販のこと、ドイツ国内で広まりつつある薬局フランチャイズチェーン店のことなど話をするのを楽しみにしているのも事実である。

転ばぬ先の杖ではないが、やはり栄養のあるものを食べて健康配慮をするのが薬いらずの賢い予防法なのかもしれない。

きょうは、レンズ豆とウインナーソーセージ煮込み。
レンズ豆は、よくスープにして食されるが、我が家では、こうしてパスタと食べるのがお気に入り。

e0166187_18561220.jpg


e0166187_18572591.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2009-03-29 19:02 | 仕事
主な仕事実績を掲載しました。

2015
連合
小学館Precious
週刊東洋経済
日本通運ハートライナー倶楽部欧州版会報誌
Yahoo News 個人
ANA AZURA ウェブマガジン・ フランクフルトより

2014
日本通運ハートライナー倶楽部欧州版会報誌
Japan Business Press
Yahoo News 個人
経済産業省・ドイツ市場調査におけるリサーチ、コーディネート、通訳
フランクフルト見本市通訳
連合7月号・ドイツ20年目を迎えた介護保険制度
朝日放送Asahi Broadcasting Corporation TV 「魔女の秘密展」 展示会におけるスペシャル番組
Starwood Hotels

2013
日本通運ハートライナー倶楽部欧州版会報誌
Japan Business Press
Yahoo News 個人
フジTV 超潜入!「リアルスコープHYPER」2時間スペシャル番組・世界列車ドイツICE
ANA AZURA フランクフルト
クーヨン
フィールド・薬局経営者情報誌
朝日新聞出版AERA
朝日新聞デジタル
アルコムワールド


2012
日本通運ハートライナー倶楽部欧州版会報誌
Japan Business Press
フジテレビ「たけしのニッポン人白書」ドイツ・津波にのまれたドイツ人家族・独占インタビュー
フジテレビ『リアルスコープハイパー』
日本テレビ「世界一受けたい授業」
OCNartgene
クーヨン
フィールド・薬局経営者情報誌
アルコムワールド
Solar Journal
朝日WEBRONZA

2011
オルタナ
Japan Business Press
社団法人日本ショッピングセンター協会
読売テレビ・ちちんぶいぶい
アルコムワールド
朝日WEBRONZA
OCNartgene
NHK 地球アゴラ・原発のある町から
NHK地球アゴラ・わたしの町の舞台

2010
週刊東洋経済
Japan Business Press
マガジンアルク
アルク留学事典
朝日WEBRONZA
OCNartgene
イマジカTV

2009
週刊東洋経済
フィールド・薬局経営者情報誌
日経BP [世界のユニークビジネス]
イマジカTV 食と世界遺産の旅 

2008より日経BPにて『世界のユニークビジネス』英語圏、ドイツ語圏より発信
[PR]
by foodwatcher | 2001-01-01 00:00 | 仕事