ドイツ・薬の通販

今月18日、日経世界のユニークビジネスに英国での医師不足について書いた。
これに対応し解決策を生み出した歯科医についてである。

いまや医師不足は、どこの国でも大きな課題として対策を打ち出さねばならないようだ。
医師不足と同じく、日本でも大きな話題となっている薬の通販について触れてみたい。

日本では、今年の6月に改正薬事法施行に伴い、薬の通販規制がされ、一部を除き販売禁止となるようだ。

ドイツでは、2003年に国内医薬品ネット販売が認証されてからは、通販ブームとなっている。薬通販やドイツ医療業界については、色々と書いてみたが、またの機会に紹介してみたい。

ところが、先日のニュースによると、ドイツでも通販で偽物薬品が販売されているようだ。特にダイエット用やポテンツ・痛み止めの薬に要注意との事。中国、インド、東欧からの医薬品が怪しいようだ。これらの国で生産されたものには、本来の成分とは異なる物質が含まれている。

ドイツ語での使用説明書が入っていない商品は、すぐ疑って見るとの事。また、一部医薬品は、医師からもらった処方箋が必要であるが、それらの薬が処方箋なしでも気軽にネットで買える・・・これも要注意の薬と警告している。

実は、我が家も通販で薬を買っている。 ドイツでも偽者!と思いちょっとどきりとしたが、これらの薬を買っているわけではないのでひとまず安心だと思う。 

かの有名なオランダ・ドックモリスからではなく、ドイツ国内の通販会社から取り寄せている。
理由は簡単。常備薬としている薬が、オランダのそれよりも安かったからである。

e0166187_18371047.jpg


この通販会社は、現在25万点以上もの医薬品を提供しており、その規模も国内最大である。
1回の購入額が60ユーロ以上になると、コード番号を入力するとサービスで色々なおまけも付いてくるようだ。

ちなみに、私は、今までこのサービスに気が付かなかったので、プレゼントを一度も手にしたことはない。

e0166187_18421420.jpg


いずれにせよ、急な時にはやはり薬局へ足を運ぶことになる。
友人が薬局経営をしていることもあり、薬通販のこと、ドイツ国内で広まりつつある薬局フランチャイズチェーン店のことなど話をするのを楽しみにしているのも事実である。

転ばぬ先の杖ではないが、やはり栄養のあるものを食べて健康配慮をするのが薬いらずの賢い予防法なのかもしれない。

きょうは、レンズ豆とウインナーソーセージ煮込み。
レンズ豆は、よくスープにして食されるが、我が家では、こうしてパスタと食べるのがお気に入り。

e0166187_18561220.jpg


e0166187_18572591.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2009-03-29 19:02 | 仕事