植物人間となった母親を解放したかった息子の犯行


先日、公開となりました記事

ママごめん、楽にしてあげる「植物人間となった母親を解放したかった」息子の犯行

は、信じられないほど多くの方に読んでいただきました。
有難うございました。

やはり介護のテーマは、明日はわが身と云うことでしょうか、
大変多くの方の関心を集めたようです。

この記事で参考にした本の筆者は母親を殺したJさんの服役中
何度も彼に面会に行き、その時の話しをまとめたものが、この本なのです。

e0166187_344676.jpg


Jさんは母親の安楽死を望んでいましたが、
例えば、隣国スイスでは、やはり元気なうちに自分の手で医療指示証明書を
作成しなければ、安楽死の手続きは出来ません。

また、ここが重要な点ですが、
命を絶つために服用する薬は、患者が自分の手でコップをもって
飲みこむ・・・これが出来なければ、安楽死を受け付けてくれません。

つまり、自分の手で自分の命を絶つということです。

そのため、Jさんは母親とスイスへ一緒に出向くことを
諦めたのです。

実は、筆者Rosenberg さんも母親の介護をして
大変な苦労をした方です。

その時の様子を執筆したのがこちらの本です。

ママ、一体何時になったら死んでくれるの?
e0166187_3464692.jpg


というショッキングなタイトルで、発売当時(2013年)、早速買いました。

そして、「連合」という雑誌の中で介護特集をした際に、この本のさわりを
紹介してドイツの介護事情について寄稿しました。


ドイツも日本についで少子高齢化が進んでおり、老齢社会の訪れも遠くありません。
介護は誰もが直面するといってもいいほどの難題です。

今、ドイツに住んでいて出来るのは、元気なうちに医療指示書を作成しておくことでしょうか。
周りの人と、自分のために。
[PR]
by foodwatcher | 2016-08-08 04:00 | 仕事