去年の今頃・国家試験合格パーティ

去年の今頃、というか1月初めに息子のいるフライブルク大学歯学部の
国家試験合格者のパーテイがあった。

e0166187_2025576.jpg


もう一年経った。でもあの時もちょっと天候が悪くとても寒かった。
そんなことを、今日ふと思い出した。


その後、息子は職を得た。
勤務先上司xx氏が言うには、(昨年)3月から勤務して欲しいとのこと。

ところが、息子は、すでにオーストラリアへ数週間行く予定を組んでいた。
それで3月後半までドイツ不在。しかも、その後、息子は引越しも控えていた。

どうなるんだろうと思っていたあの時。でも、どうにかなりました。

母親としては、運よく決まった職場だし(何人も応募したけど、息子だけが採用になった)
旅行どうするの?と聞くと、

「もうすべて手配済みだから、もちろんオーストラリアへ行ってくるよ。楽しみにしていたし」
と、いとも簡単に言う。

「その気持ちもよくわかる。けど、大学病院は大丈夫」と不安な私。

「xx氏も、ああそう、じゃ楽しんで行ってきてと言ってくれたし、4月から勤務で問題ないって」とあっけらかんの息子。

そうっか・・・。やっぱりこの辺、日本とドイツは大分違う。

日本だったら、雇われる身の方が、休暇で5週間ほど国外ですので、
勤務は1ヶ月後からにします。などと言えるのでしょうか・・・・

いや、勤務開始は1ヶ月後になりますが、よろしいでしょうか?と聞くのかもしれない。
勇気があればの話だけど。 

また、雇用側や上司もどんな反応をするのでしょうか・・・・

半年前からオーストラリア行きは決めていたので・・・ではすまないと。

日本で教育を受け、仕事もした私としては、ドイツ人との考えの違いを再認識した。
今の日本ではどうなんでしょうかね?私の考えが古いだけかもしれませんね。

その息子も、勤務先で色々な患者を診ているようだ。

ドイツサッカーの代表監督・ヨアヒム・レーヴも夜中、治療に駆けつけてきたそう。
エスプレッソがお好きな監督にわざわざ注文したとか。
医師の仲間が気を利かせてエスプレッソを調達したようで、監督も断れなかったみたいです。
(これ試合の前夜だったそう。その夜、監督は眠れたのかな?)

そういえば、息子に教えてもらった、レーヴ監督がよく行くカフェ、まだ行ってない!
監督の追っかけをしている訳ではないけど、やっぱり興味あり。

あと、一般患者はもちろんの事、障害のある方、難民もいるそうだ。
現代の社会がそこから見えてくるようだ。
[PR]
by foodwatcher | 2016-01-24 21:17 | 思い出袋