若者の政治参画取り組み・ドイツ


選挙権が20歳から18歳に引き下げられ、来年夏の参院選から施行になる日本。
ドイツでは、1970年に18歳選挙権、74年に19歳被選挙権を全16州で導入しました。

月刊誌「連合」11月号グローバルレポート・ドイツより

持続可能な若者の政治参加への取り組み

を2ページにわたり書かせていただきました。

選挙権では2010年以降、ブレーメン州など4つの州が、州議会選挙に限り
選挙権年齢を16歳に引き下げました。

しかし、16歳から17歳の高い選挙率は一時的なもののようです。
各政党も後継者育成教育やデジタル世代のオンライン参画ツールを通して
熱心な取り組みをしています。
e0166187_0324745.jpg

[PR]
by foodwatcher | 2015-11-18 00:35 | 仕事