ドイツの駅で支援サービス

ドイツの駅ではこんな支援サービスがあります。
電車利用者に心強い味方!ドイツの支援サービス「駅ミッション」

日本ではベビーカーをめぐり、この夏から色々意見が交わされていますが、
この支援サービスもしかり、ドイツでは困っている人を助けるのは生活習慣になっている
といってもいいくらいです。

日本は都市集中型で、大都市では人が多すぎることも背景にあるので、
ベビーカーを押しているママ達に支援をしにくい状況もあるかと思います。

困っている人がいたら助けるんですよ・・・と、子どもの頃からあえて口に出して教育しなくても、
ドイツの人たちは考える前に、自然に手を差し伸べているような気がします。

私もドイツで子育てをしてきた経験者のひとりですが、
「子どもは親や先輩たちの後姿を見て成長する」とつくづく思いました。

親が率先的に生活の中でさりげなく行動してよい見本を見せれば
子どもは必ず見ています。

口で言うのは簡単ですけど、実行するのは思ったよりも難しいかもしれませんね。。。。
[PR]
by foodwatcher | 2012-11-22 02:17 | 仕事