音楽家ワーグナーがバイロイトに魅された本当の理由

バイエルン州にあるバイロイトで毎年7月から8月にかけてワーグナーの音楽祭が開催される。

このバイロイト音楽祭は、ワーグナー自身が「ニーベルングの指輪」を上演するために創設した音楽祭。そして、この音楽祭で上演されるのは、もちろんワーグナーのオペラ作品だけ。

以下、日本通運欧州版ペリカン旅行誌9月号へ寄稿した一部抜粋です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、なぜワーグナーはこれほどまでにバイロイトに魅せられたのだろう。その理由は、同市にあったバロック様式歌劇場「辺境伯オペラハウス」で演奏したことからだそうだ。

辺境伯オペラハウスは、18世紀中ごろ、プロセイン王家出身で当時の領主の妻・ウィルヘルミーネ辺境伯により建てられた歌劇場だ。欧州一美しく、最も保存状態がよいという。

舞台の奥行きが27メートルもあり、当時としては破格に大きい舞台だったことから、リヒャルト・ワーグナーをバイロイトに惹きつけたのもこの辺境伯オペラハウスがあったからという。

彼は、ここでベートーベンの第9の指揮をとり聴衆を魅了した。これがきっかけとなり、ワーグナーも自身の歌劇作品を上演するためにこの街に祝祭歌劇場を造った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食欲の秋、スポーツの秋、そして音楽の秋です。
クラシック音楽は、心に浸みます。
一日中聞いていても飽きないのはピアノ、フルート、バイオリンの演奏です。


e0166187_23324684.jpg


ピアノもフルートもしばらく忘れてました。久しぶりにフルートで演奏したくなりました。
[PR]
by foodwatcher | 2011-10-20 23:34 | 仕事