1.ドイツとポーランドを結ぶ世界遺産・バードムスカウ庭園

e0166187_19184944.jpg


本日は少し時間ができたので、がんばって更新しています。

ドイツに長く住んでおり、仕事で国内の世界遺産については執筆していますが、
これまでブログにて紹介はしてきませんでした。

これを機会に、これから自分でも訪問しながら、世界遺産を紹介していきたいと思います。

先日、公開になりました世界遺産は、ドイツとポーランドを結ぶ両国共有の場所です。

首都ベルリンより南東ほぼ100キロにある小さな街バード・ムスカウにある「ムスカウ庭園」。

ここは、ヘルマン・フォン・ピュックラー・ムスカウ侯爵が着手した英国様式の庭園で、園内のナイセ川にかかった橋がドイツとポーランド2国を結ぶ両国共有の世界遺産として知る人ぞ知る絶景の場所。

文筆家、冒険家、画家、庭園芸術家と多彩な才能を持った同侯爵は、18世紀から英国で流行し始めた風景式庭園に憧れてムスカウ地方の雄大な湿地帯を楽園に築きたいと夢見ていた。

1815年、自身の領主城のまわりに庭園を造り始め、30年かけて完成させた芸術作品がここ。庭園の広さはドイツ側とポーランド側あわせて約830ヘクタール。なんと英国ハイドパークの3倍以上の大きさだ。

第二次世界大戦で破壊された園内の城や橋も修復され、調和の取れた芸術庭園が見事に蘇った。ピュックラ―の哲学の道を散歩するのもよし、乗馬、カヌー、 魚釣りを楽しむのもよし、湿地帯の泥炭を利用した 泥風呂浴場の体験や橋を渡り隣国を探訪したりと夏の楽しみ方は無限だ。



日本通運欧州版ペリカン7月号寄稿・抜粋
画像・ツーリストセンター・ムスカウ公園提供
[PR]