ロマンチック街道スタート地点はどこ?ロマンチック街道60周年その2

前回に引き続きロマンチック街道の旅をお伝えします。

さて、ロマンチック街道の起点はヴュルツブルックという事は、皆さんご存知だと思います。では、この街のどこが出発点かご存知ですか? 以下をどうぞ。

ユネスコ世界文化遺産のレジデンツ宮殿 

 ところで、ヴュルツブルクはロマンチック街道の起点といわれるが、街のどこにその起点があるかご存知だろうか。

 1981年世界遺産に登録されたレジデンツ宮殿である。  

e0166187_0301494.jpg

 ここは、18世紀バロック建築の傑作とされる三翼式の宮殿で、当時のヨーロッパ建築の主流であったフランスの宮殿建築、ウィーンの皇帝バロック様式、北イタリアの宮殿建築など宗教関係の建築技術が凝縮された芸術作品だ。

 宮殿正面の広場〈レジデンツプラッツ〉にたたずんでこの建物を目の前にすると、司教座として、宗教の権威を壮大かつ華麗に誇示した当時の様子が伝わってくるようだ。ちなみに宮殿の建物面積は、約15,000平方メートルというから、日本の国会議事堂(13,358平方メートル)より少し大きめのサイズだ。

 バロック建築の最高峰といわれるこの宮殿で重要な人物は、3人といわれる。

 天才的建築家バルタザール・ノイマン、フレスコ画家ジョヴァンニ・バディスタ・ティエポロ、ヴュルツブルク領主大司教フィリップ・フランツ・ショーンボルンである。

 この街出身の教会と宮殿の建築家ノイマンは、領主大司教ショーンボルンの居城であったこの宮殿をドイツやフランス、イタリアやウィーンより、から多くの建築家や画家の協力を得て完成させた。1720年に定礎し1744年に建物を完成させた。だが、その2年後には領主大司教ショーンボルンは没してしまった。内装にはそれから40年ほどの歳月が費やされたそうだ。 

 ガイドに従って宮殿中に入っていくと、まず目をうばわれるのは2階まで続く「トレッペンハウス・階段の間」。ここは、柱のない広大な吹き抜けで、天井には、べネチアの画家ティエポロの優雅で壮観な一枚画が描かれている。

 およそ600平方メートルにも及ぶこのフレスコ画は、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカの4大陸が描かれており、世界最大級の天井画を目にすると、訪問客から歓声が一斉に上がった。オーストラリアが描かれていないのは、この時代にはまだ発見されていなかったからという。 

 階段を上っていくと、まず「白の間」に到着。ここは、白漆喰細工の装飾されている広間。ロココ様式「鏡の間」は、100枚の鏡で飾られている広間で、金箔、銀箔、擬似大理石を使った室内装飾芸術の至宝である。「皇帝の間」にある皇帝フリードリッヒ1世の結婚式の絵は前出ティエポロによって描かれたとのこと。この皇帝の間と宮廷庭園では、毎夏モーツアルト音楽祭が開催されるそうだ。

 ちなみに、前項で第二次世界大戦でヴュルツブルクの街は破壊されたと記したが、この爆撃で破壊されなかったのがこの宮殿内の「階段の間、白の間、皇帝の間、庭園の間」であった。

 南翼にある「宮廷教会」は、豪華なバロック様式の内装で見ごたえがある。市民の結婚式場としてこの街で最も人気のある場所で、特に週末には多くのカップルがここで式をあげるそうだ。私が見学した日は水曜日だったが、宮殿広場で運よく一組のカップルに出会えて、幸せのおすそ分けをしてもらったような気分になった。

e0166187_0235891.jpg

 宮殿内は、ガイドの案内で本翼中央館のメイン入り口から始まり、40の部屋を閲覧できるが、宮殿全体で340ほどの部屋があるそうだ。南棟の建物の一部は、現在ヴュルツブルク大学の博物館「マーティン・フォン・ワーグナー」として彫像とアンティーク収集品が展示されており、無料で入場できる。

 殿内の見学が終わると、建物の南側と東側にある庭園へ向かった。バロック宮廷庭園は、宮殿建物面積の3倍ほどの大きさだ。庭園造形物や華麗なロココ式の錬鉄の飾り扉などが楽しめて、市民の憩いの場としても人気がある。
[PR]
by foodwatcher | 2010-11-18 00:31 | 生活情報袋