ドイツ・フランクフルト書籍見本市とアルゼンチンとサッカー


もう1週間が過ぎてしまったが、6月28日の月曜日にフランクフルトに出かけた。
目的は、今年のフランクフルト書籍見本市のプレス会議に参加するためだった。

とても暑い中〈30度は越していたと思う〉、この会議はなんとも中途半端な12時から始まった。おそらく主催者側の都合もあったのであろうが、お昼ごはんどうしよう!と思いながら会場に入った。

e0166187_511069.jpg


今年のゲスト国はアルゼンチン。
ご存知のように、アルゼンチンは、アフリカで開催中のワールドカップサッカーの準準決勝ドイツの対戦国だった。

プレス会議開催にあたり、フランクフルト書籍見本市CEOユルゲンボス氏とアルゼンチン大使女史両氏とも「サッカーの結果はどうなっても、両国の関係は悪くならない!」と冗談めいた開口一番で今年の見本市の説明をはじめた。

e0166187_5101998.jpg


2時間近くの会議は、かなり疲れたが最後には簡単なスナックと飲み物が提供されて、ほっと一息を付くことができた。

さて、土曜日に行われたサッカーの結果は、アルゼンチンが勝つのでは?という予想を裏切り、4-0でドイツの圧勝だった。

試合終了近くには、我が家のあちこちで花火があがる、車のクラクションがあちこちで大きな音を発する、歓声があちこちから上がるわで大変な騒ぎであった。

その後、7月7日の準決勝対戦相手はスペインと決定した。

普段はほとんどサッカーなど興味もない私も、やはりワールドカップとなると血が騒ぐのです!

でも90分の間、ず~と試合を見ているのは疲れるので、我が家の周辺から大歓声が上がったり、花火の音が聞こえてきたら、「ドイツが得点!」とわかるため、あわててテレビの前に座り、ゴールの再放送を楽しむ私です。

明日5日からドレスデン近郊に取材に出かけるため、準決勝は、テレビ観戦ができそうもない。

試合日の水曜日はアウトバーンを走行中なので、歓声も聞こえてこないし、花火の音も聞こえない、どうしようか?ラジオに耳を傾けて運転!ということになりそうです。
[PR]
by foodwatcher | 2010-07-05 05:43 | 仕事