ドイツ最高峰の料理に陶酔

ドイツ黒い森は、観光スポットとして有名だが、この周辺の山岳地帯にある街にはミシェラン1つ星から3つ星のグルメレストランが密集する場所としても是非訪れてみたい場所だ。

中でもホテル「トラウベ・トーンバッハ」にある「シュワルヴァルド・シュトーべ」はドイツ最高峰の3つ星レストランで絶大な人気を誇る。

ここを取り仕切るコック長は、ハラルド・ヴォールファート氏。
日本にもたびたび出張されるようだ。

ここのレストランの予約は、すでに6ヶ月ほど先まで一杯だとか。

ペリカンクラブ・ヨーロッパ6月号に寄稿しました。
日本人の口にも合いそうな、はるさめサラダとマグロのマリネ・とびうおキャビア添えです。

e0166187_1738245.jpg


(c)Schwalzwald Stube
[PR]
by foodwatcher | 2010-06-12 17:41 | 我が家の食