10年に一度のキリスト受難劇再現!


e0166187_23283130.jpg


ドイツ南部アルプス山麓の村オーバーアマガウで10年に一度のキリスト受難劇が5月15日から10月3日まで上演される。

上演のきっかけは、1633年ペストが大流行し多くの人の命が失われる中で、村人たちが神に救いを求めたことから始まった。

1回の上演時間はなんと5時間、午後2時半から始まり、途中3時間の休憩を挟み、夜10時半に終了となる。

上演には住民の半数2500人が参加し、演出から出演、舞台装置、伴奏のオーケストラやコーラスなどすべて村人たちの手で実施される。
e0166187_23331181.jpg


下記の記事で紹介しています。

『ペリカンクラブ』4月号掲載 「10年に一度のキリスト受難劇・第41回パッションズシュピーレ2010」(ドイツ・オーバーアマガウ)
[PR]
by foodwatcher | 2010-05-03 23:34 | 生活情報袋