Helmut Kohl(ヘルムート・コール)前連邦首相80歳


先週4月3日にコール氏が80歳の誕生日を迎え、大々的に報道されていた。
この日、氏の自宅前には多くの庶民が集まり、これに答えて午後4時頃に玄関先にお目見えした。現在、体調が思わしくないようで、お祝いのパーティは5月のはじめに行われるそうだ。

82年から98年の16年間の任務中、コール氏は国賓や重鎮を自宅近辺のダイデスハイムに招待した。このホテル・レストラン「ダイデスハイマーホフ」は、コール氏がゲストを迎えたことで一躍有名になった。

e0166187_17123282.jpg


我が家から30分ほどでもいけるこのレストランには、時々家族で食事にでかけている。
と言っても、コール氏がゲストをお迎えしたレストランは地下にある「Schwarzer Hahn・黒い鶏」のほうで、私たちの訪れるレストランは、地上のレストラン。値段が違います!

e0166187_17131975.jpg
               地下のレストラン 「Schwarzer Hahn」

地上にあるレストラン「St. Urban」 地下に比べると庶民向きと言えどもやはり気品のある店内ではマナーにも気をつけなくては・・・
 
e0166187_17402383.jpg
               

2年ほど前に、ANAの機内放送用フィルム作成のお手伝いをした際に、このレストランを推薦し、撮影班に同行した。2006年サーカーEMでドイツからの取材で訪れたことがあったため、オーナーのハーン氏は私のことを覚えていてくれた。(やっぱり日本人はあまり訪れないのかもしれない)

e0166187_1724322.jpg

ホテルとレストランのオーナー・ Artur Hahn氏「Schwarzer Hahn」にて

地下のレストラン入り口に行く階段には、今まで訪れたゲストの写真が所狭しと展示されている。

e0166187_17272465.jpg

故ハネロール・コール婦人とミハイル・ゴルバチョフ(ソビエト連邦の政治家で、同国最後の最高指導者)

e0166187_173375.jpg

ここを訪れた国賓ゲストは、ホテルに宿泊。この部屋にも国賓級のゲストが宿泊したそうだ。
内部を見せていただいたが、通訳をしていたため画像は撮ることができなかった。

では、国賓たちを迎えて何を食したかというと、別名「首相のステーキ」といわれる「Saumagen・豚の胃袋」。名前から想像すると、なんだか得体の知れないもののように思うが、これまたとても美味!

e0166187_1738988.jpg

豚肉やソーセージのミンチ肉、ジャガイモ、たまねぎ、マヨランをはじめ10種類ほどの香料を豚の胃袋に詰めてじっくり火を通す。これをそのまま食するか、少し油でいためてもおいしい。付け合せにはマッシュポテトとサワークラウトが定番。

e0166187_17503616.jpg

これまで足を踏み入れることができない場面にもであえた。当日は、地下キッチンで料理教室が開催されていた。そして、この地下には宴会場やパーティルームがいくつもあったことは、今まで知らなかった。と言うより、こういう高級な場所を利用するチャンスもなかったので・・・・
e0166187_17551166.jpg


当日は、調理していただいたものを撮影後にありつけた!
そして、一緒にいただいたワインにも大感激!その名はなんと食事と同じ「ザウマーゲン」。
ワインリストを調べてみると、1本30ユーロ。ぜひ自分でも買ってみたくなりワイナリーを教えてもらった。
ところが、このワインは幻のワインとでもいおうか、その後、1年以上手に入らなかった・・・・

続・・・
[PR]
by foodwatcher | 2010-04-08 18:04 | 我が家の食