働く女性と男女平等

先日、地元の新聞を読んでいたら、女性役員について興味ある記事を見つけた。

ドイチェ・テレコムで、女性役員の割合を2015年までに30%に引き上げるということだ。
この案に、ドイツ商工会議所のドリフトマン会長が称賛しているそうだ。

ドイツの大企業の役員の中で、女性の占める割合は13%、EU内1位のスウェーデンでは、27%とのこと。ちなみにEU平均は11%だそうだ。

この記事を読んで約1週間後に、Wirtschaftswocheによるアンケート「女性役員について」のこれまた面白い記事を見つけた。

Dax, MDax、TecDax, SDaxの160社に上る企業を対象としたこの調査では、テレコムの提案に賛同しない人が多いという結果が出た。

回答者のうち84%は女性役員に反対、15%はなんともいえないとのこと。
これは、一体どう解釈したらいいのだろうか? 
ここドイツでは、男女平等はまだまだ浸透していないようだ。

建前と本音の違いが見事に出たという感じの結果だ。
[PR]
by foodwatcher | 2010-03-27 23:05 | 生活情報袋