ドイツで子供に大人気のテレビアニメ


Sandmännchenの放映50周年 

ド イツにいる子どもなら誰でも知っているテレビアニメ「Sandmännchen」が放映されるようになって、今年で50年を迎えた。

白ひげがトレードマー クのこのキャラクターは、デンマークを代表する童話作家アンデルセンの作品「眠りの精オーレ・ルゲイエ」に登場するSandmannにインスピレーション を得てアニメ化されたもの。

1959年11月22日に東ドイツのテレビ番組に初登場した。当時、毎晩18時55分から始まったこの番組では、物語の終わり にSandmännchenが疲れて眠りに着いたことから、彼は子どもたちに「おやすみなさい。寝る時間ですよ」というメッセージを伝えるキャラクターと して人気を集め、ドイツを越えて北欧へも広まった。

ちなみにこのキャラクターの発明者、テーマソングの作曲者、番組内で登場する乗り物の製造者の3人が、 Sandmännchenの生みの親と言われているそうだ。

ニュースダイジェストpanorama寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-12-18 19:24 | 仕事