安売りで集客・売り上げ増は可能か?


ディスカウントスーパーの熾烈な価格競争

ディ スカウントスーパーの国内最大手アルディがこのたび、今年に入って10回目の値下げに踏み切った。今回対象となったのは食料品30品目。

昨年10月時点と 比較した価格下落率は、ミルク23.7%、チーズ20%、フルーツヨーグルト13.8%など。さらにアルディの追い風を受けてほかのスーパーでも便乗値下 げが続き、業界では顧客獲得のための価格競争が激化している。

アルディはディスカウントスーパーの旗艦店として業界一を誇るが、近年はリドルやプルス、 ネットー、そしてオリジナル・ブランドで差別化を図るレーヴェ、エデカなど他店の参入により売り上げが伸び悩み、四苦八苦している。

消費者にとっては、価 格競争による値下げは嬉しい恩恵で、不景気のご時世に節約をするには大助かりなのですが……。

ニュースダイジェストpanorama寄稿

日経bpサイトで安売り競争の果てについての有益な情報を読みました。是非こちらを読んでみてください。

「安易な安売りは麻薬みたいなもの 長期化すれば会社をだめにする
[PR]
by foodwatcher | 2009-10-23 16:12 | 仕事