ドイツ男性ベストドレッサーは?


09年の男性ベストドレッサーは?

男性ファッション誌「GQ」(11月号)が発表した今年の男性ベストドレッサーに、カール・テオドール・ツー・グッテンベルク経済・科学技術相(CSU)が 選ばれた。

貴族出身の同氏は今年2月、連邦共和国史上最年少の37歳で入閣。ルックスの良い政治家として、国民からはスター並みの人気を得ている。

審査員 を務めたデザイナー、ヴォルフガング・ヨープらによれば、選定理由は「愛馬にまたがる騎士のごとくバランスの取れた着こなしと絶え間ない笑顔」とのこと。 2位はアーティスト、マーク・ブランデンベルクで、3位はヘルムート・シュミット元連邦首相(SPD)だった。

一方、ワーストドレッサーにはペール・シュ タインブリュック元財務相(SPD)らが選ばれた。あなたが審査員なら誰を選ぶ?

ニュースダイジェストpanprama寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-10-23 15:56 | 仕事