映画「2012」


「地球滅亡の日」がやって来る?

「地 球滅亡の日」をテーマにしたハリウッド映画「2012」のプロモーションがこのほど、ベルリンで行われた。

11月12日からドイツで公開予定のこの映画、 主演は米人気俳優ジョン・キューザック、監督はシュトゥットガルト出身のローランド・エメリッヒ。

同監督は、ハリウッドで成功を収めている数少ないドイツ 人の1人で、アクションやスケールの大きい災害映画を得意としている。プライベートでは同姓愛者としても有名だ。代表作は「インデペンデンス・デ イ」(1996年、アカデミー視覚効果賞受賞)や「デイ・アフター・トゥモロー」(94年)など。

今回の映画は、2012年12月21日頃に1つの区切り を迎えるとされる古代マヤ文明の「マヤ暦」に着想を得て製作されたという。ドイツが誇る巨匠の最新作、公開が待ち遠しいですね!

ニュースダイジェストpanorama寄稿
[PR]
by foodwatcher | 2009-10-23 15:52 | 仕事